急性心不全 :トップ    
監修: 伊藤浩 岡山大学循環器内科
猪又孝元 北里大学病院 循環器内科

概要

  1. 急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)
の発表に伴い、現在アップデート中
 
疾患のポイント:
  1. 急性心不全とは、心臓に器質的・機能的異常が生じて急速に心ポンプ機能の代償機転が破綻し、心室充満圧の上昇や主要臓器への灌流不全を来すことにより各種症状や徴候が急性に出現した状態である。
  1. 原因や重症度、病態を見極め、主症状の改善や緩和を目的とした初期対応を開始する。

診断: >詳細情報 
  1. Framingham診断基準:大症状2つまたは大症状1つ+小症状2つにて診断とする。
  1. Framingham診断基準:<図表>

病態・原因疾患: >詳細情報 
  1. 病態把握に用いられるNohria-Stevenson分類は、うっ血と低灌流という臨床所見のみから4つのプロファイルに分類したもので、治療方針の決定に優れる。
  1. Nohria-Stevenson分類:<図表>
  1. より詳細な病態把握が可能にするSwan-Ganzカテーテルは、以下の場合に用いる。結果を参照に、心機能の重症度分類(Forrester分類)を行い、予後の予測や治療方針を決定する。
  1. 心不全急性期のショック例
  1. 慢性心不全のうっ血解除過程で低心拍出が露呈もしくは疑われる難治例
  1. Forrester分類:<図表>
  1. 原因疾患として、徐脈、頻脈、急性心筋梗塞、急性大動脈解離、心タンポナーデ、急性肺血栓塞栓症、腎不全などが上げられる。これらの原因を評価し加療する。 >詳細情報 

治療: >詳細情報 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の検査例
  1. 急性心筋梗塞の除外、不整脈リスクの評価、右心不全、低灌流障害の有無を確認する。
  1. 特にBNP、心エコーの検査は診断に重要である。
○ 急性心不全を疑う場合、通常ルーチンとして以下の検査を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

急性心不全の治療フローチャート
急性心不全の各病態の血行動態的特徴
Framingham診断基準
急性心不全の自覚症状と他覚所見
急性心不全の診断手順
NYHA (New York Heart Association)分類
Killip分類
Forrester分類
Nohria-Stevenson分類
救急処置室などでの初期対応の適応基準クラス分類やエビデンスのレベル表示
著者校正/監修レビュー済
2017/12/25


詳細ナビ