色素細胞母斑 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
宇原 久 信州大学 皮膚科学教室

概要

疾患のポイント:
  1. 色素細胞母斑は「ほくろ」と呼ばれており、出現時期(先天性、後天性)、臨床像、病理組織学的所見ごとに分類がある。臨床的には、通常のタイプのほかに、小児期からあった母斑が隆起して表面が乳頭状で軟らかい病変となるウンナ母斑(<図表>)、顔面にドーム状に隆起するミーシャ型(<図表>)、体幹などに外側が薄い色で内側が濃い色を呈するクラーク母斑(<図表>)、小児や若い女性に認められ組織学的に悪性黒色腫との鑑別が問題になるスピッツ母斑(<図表>)、真皮内の腫瘍細胞すべてがメラニン色素を持つため青色を呈する青色母斑(<図表>)、爪に黒い線として認められる爪甲色素線条(<図表>)などがある。
 
診断: >詳細情報  アルゴリズム
  1. 生下時あるいは幼児期までに気づかれる病変は大型で形や色が多彩な場合がある。
  1. 後天性の母斑は中年期まで新生するが中年以後は減少していく。
  1. 爪に縦方向に走る黒い線は、爪甲色素線条といい、爪の基部(爪母)とその周辺にできた色素細胞母斑である。単指(趾)に色素線条を認め、徐々に幅が広がってくる場合や爪周囲の皮膚にも色のしみ出しがあれば皮膚科専門医を受診させる。
  1. 美容的な問題を除けば、診療上最も大切な点は悪性黒色腫との鑑別である。鑑別上最も有用なポイントは出現時期(生下時から幼児期まで、思春期まで、成人以後)と水平方向のサイズである。成人以後に発症し、サイズが7mmを超えるようであれば皮膚科専門医を受診させる。鑑別にダーモスコピーも有効である。 <図…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

ダーモスコピー
  1. 偏光下で観察することにより色素の分布や血管のパターンなどが観察でき、裸眼で見るよりも正確な診断が可能となる。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

色素性母斑の診療アルゴリズム
足底の色素細胞母斑
側胸部の色素細胞母斑
爪甲色素線条
先天性色素細胞母斑
鉛筆を用いた手掌足底の色素斑のスクリーニング法
右頬の悪性黒子
基底細胞癌
脂漏性角化症
日光角化症
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01