がん薬物療法中の患者の口腔ケア :トップ    
監修: 近津大地 東京医科大学
上野尚雄 国立がん研究センター中央病院

概要

ポイント:
  1. がん薬物療法、頭頸部放射療法中は、治療の影響により口腔内に様々な有害事象(骨髄抑制期の歯性感染症、口腔粘膜炎、骨吸収抑制剤関連顎骨壊死、口腔乾燥、味覚異常などの口腔合併症)が高頻度で発症する。
  1. 口腔合併症は、経口摂取の問題に直結し、患者のQOLの悪化を招くだけでなく、ときにがん治療の円滑な遂行の妨げとなる。
  1. がん治療開始前からの効果的な歯科の支持療法(いわゆる口腔ケア)は、がん患者の口腔合併症のリスク軽減、重症度の抑制に寄与し、円滑ながん治療を行うための重要な支援となる。
  1. がん患者への口腔ケアの目的は、口腔合併症をゼロにしようとすることではなく、感染リスクを管理し、経口摂取を支援し、疼痛を緩和して、がん患者の療養生活を苦痛少ないものになるよう援助することである。
 
口腔乾燥: >詳細情報 
  1. がん治療中は、様々な理由で唾液の分泌が低下し、口腔内が乾燥する。
  1. 唾液分泌量低下は口内の疼痛・味覚障害・嚥下障害・義歯の使用困難・口腔細菌叢の変化に伴うう蝕や歯周炎などの歯性感染症の悪化・急性化など、多くの二次的有害事象を増加させる。
  1. 対応は、対症療法が中心となる。含嗽の励行、各種保湿剤の使用などで口腔内の保湿に努める。
  1. 放射線治療後など、口腔乾燥が遷延する場合は定期的な歯科チェックやフッ素塗布などのケアを継続し、口腔乾燥に付随する様々な晩期障害の予防、軽減に努める。
 
口腔粘膜障害: >詳細情報 
  1. 化学療法に伴う口腔粘膜炎は、非血液毒性の中でも発生頻度の高い副作用である。また口腔周辺が照射野に含まれる放射線治療では、ほぼ100%口腔粘膜障害が現れ、その障害は化学療法の場合と比べ、重篤で遷延する傾向がある。
  1. 粘膜炎は疼痛により患者のQOLを下げ患者の闘病意欲を減退させるだけでなく、経口摂取を妨げ低栄養や脱水を惹起し、二次感染から全身感染症へ波及させる門戸となるなど、全身的な合併症の強いリスク因子である。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

追加情報ページへのリンク

  • がん薬物療法中の患者の口腔ケアに関する詳細情報
  • がん薬物療法中の患者の口腔ケアに関する評価・治療例(詳細) (1件)
  • がん薬物療法中の患者の口腔ケアに関するエビデンス・解説 (4件)
  • がん薬物療法中の患者の口腔ケアに関する画像 (11件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

症例:化学療法・放射線治療中のフローチャート
著者校正/監修レビュー済
2017/09/29