非持続性心室頻拍 :トップ    
監修: 山下武志 心臓血管研究所付属病院
池田隆徳 東邦大学大学院医学研究科循環器内科学

概要

疾患のポイント:
  1. 非持続性心室頻拍とは、心室頻拍のなかで持続しないタイプのものである。
  1. 一般に、健常者あるいは自覚症状のない患者で認められた場合は、危険な不整脈ではない。一方で、基礎心疾患を有する患者やめまいなどの自覚症状を有する患者で認められた場合は、リスク評価をしっかり行わなければならない。
  1. 診断においては、心室内変行伝導を伴った上室性不整脈との鑑別が重要である。
  1. 治療においては、原因疾患、心機能を考慮して、使用する薬物が決定される。
 
診断: >詳細情報 
  1. 非持続性心室頻拍は、心電図上で幅広いQRS波形が3連発以上続き30秒以内に停止する頻拍と定義されている。<図表>
  1. ただし、心室内変行伝導を来した場合、上室性不整脈でも幅広いQRS波形を示すことがある(<図表>)。非持続性心室頻拍ではP波とQRS波が解離するが、上室性不整脈で心室内変行伝導を来す場合はP波とQRS波が1:1対応するので鑑別できる。
  1. 非持続性心室頻拍の重症度は、QRS波形、連結期、持続時間、出現様式によって異なる。QRS波形が多形性で、連結期が短く、持続時間が長く、頻回に出現するものほど重症度が高い。
 
緊急対応:
  1. 非持続性心室頻拍自体は致死性ではないので、緊急で対応するようなことはほとんどない。以前は、リドカイン(キシロカイン)などの静注用Ⅰb群抗不整脈薬が投与されることも多かったが、現在では使用されなくなっている。使用してもその後の患者の予後は改善しないことが示されたことによる。
  1. 非持続性心室頻拍が持続性心室頻拍あるいは心室細動へと進展した場合は、電気ショックによる停止を基本とする。循環動態が安定していれば、アミオダロン(アンカロン)などの静注用Ⅲ群抗不整脈薬の投与を考慮してもよい。
 
診断のための検査:
  1. 診断のために行われる検査には、12誘導心電図、(24時間)ホルター心電図、運動負荷心電図、モニター心電図、イベント心電図がある。
  1. 検出の精度はホルター心電図が最も高い…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

薬物治療例(専門医)
  1. まず生活環境を改善し誘発因子を除去する。
  1. 薬物治療を行う場合は、抗不整脈薬またはβ遮断薬を考慮する。
  1. 治療は、メカニズム、心機能を考慮しながら治療方法を選択する。
  1. メカニズムを考える
  1. 非持続性心室頻拍の主なメカニズムは異常自動能である。異常自動能は交感神経活動亢進で発現することが多い。このような場合はβ遮断薬が選択される。他のメカニズムまたは交感神経活動が関与しない場合は他の種類の抗不整脈薬が選択される。抗不整脈薬ならⅠb群薬(メキシチール、アスペノン)をまず使い、抑制できない場合はⅢ群薬(ソタコール、アンカロン)を用いる。
  1. 心機能を考慮する
  1. 抗不整脈薬を選択する場合、心機能が良好ならⅠ群薬を考慮してもよいが、心機能が低下していれば、使用できるのはⅢ群薬のアミオダロンのみである。
○ 交感神経活動亢進の関与が認められる場合は3)4)より1つ選択する。関与が認められない場合で、心機能が良好ならば1)2)より1つ選んで用い、治療抵抗性の場合は5)6)より1つ選んで用いる。心機能が低下していれば6)を用いることを考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

基礎心疾患を有する心室期外収縮・単形性非持続性心室頻拍(心筋梗塞亜急性期を含む)
非持続性心室頻拍
心室内変行伝導を伴った心房頻拍
著者校正/監修レビュー済
2018/04/02

改訂のポイント:
  1. 以下のガイドラインに基づき確認を行い、変更点なしと判断した。
  1. 2017 AHA/ACC/HRS Guideline for Management of Patients With Ventricular Arrhythmias and the Prevention of Sudden Cardiac Death: Executive Summary: A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Clinical Practice Guidelines and the Heart Rhythm Society.
  1. 2015 ESC Guidelines for the management of patients with ventricular arrhythmias and the prevention of sudden cardiac death: The Task Force for the Management of Patients with Ventricular Arrhythmias and the Prevention of Sudden Cardiac Death of the European Society of Cardiology (ESC). Endorsed by: Association for European Paediatric and Congenital Cardiology (AEPC)


詳細ナビ