• 循環器 の他のコンテンツを見る
非持続性心室頻拍

著者: 池田隆徳 東邦大学大学院医学研究科循環器内科学

監修: 山下武志 心臓血管研究所付属病院

著者校正済:2020/05/14
現在監修レビュー中

参考ガイドライン:
  1. 米国心臓協会(AHA)/米国心臓病学会(ACC)/心臓調律学会 :AHA/ACC/HRS Guideline for Management of Patients With Ventricular Arrhythmias and the Prevention of Sudden Cardiac Death(2017)
  1. 日本循環器学会/[ https://www.j-circ.or.jp/ 日本不整脈心電学会]:不整脈薬物治療ガイドライン(2020年改訂版)

概要・推奨  

  1. 非持続性心室頻拍は、基礎心疾患の種類、心機能の程度、QRS波形の形態、連結期(頻拍レート)などで重症度が大きく異なる。重症度に合わせて治療戦略を考えることが強く推奨される(推奨度1)
  1. 非持続性心室頻拍は基礎心疾患の種類(特に心筋梗塞と心不全)、心機能の低下(左室駆出率<35%)、QRS波形の形態(多形性、単形性)、連結期(短い、長い)などを吟味して治療を行うことが重要である(推奨度1)
  1. 低心機能の心筋梗塞後患者において、心臓突然死予防目的で植込み型除細動器の適応を決定する際は、電気生理学的検査による不整脈誘発試験の実施が強く推奨される(推奨度1)
  1. 低心機能の心筋梗塞後患者で非侵襲的指標を用いてリスク評価を行う場合、ホルター心電図で検出された非持続性心室頻拍の有用度は現在では決して高くない。そのため、他の非侵襲的指標を参考にすることが推奨される(推奨度1)。
  1. 心筋梗塞後患者では、低心機能の患者ほど非持続性心室頻拍の出現が心臓突然死のリスクを高めるため、十分な経過観察が必要である(推奨度2)
  1. うっ血性心不全患者では、ホルター心電図における非持続性心室頻拍の出現は心臓突然死のリスクを高めるため、十分な経過観察を行うことが推奨される(推奨度2)
  1. 心室性不整脈を有する心筋梗塞後患者では、群抗不整脈薬使用で、経過中の致死性不整脈イベントを減少させるため、の使用が推奨される(推奨度1)。
  1. 心筋梗塞後の心室性不整脈の抑制には、抗不整脈薬(ⅠC群薬とⅠA群薬)の使用で予後の悪化が危惧されるためその使用を控えることが推奨される(推奨度4)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント:
  1. 最新のガイドラインに基づき、主に治療法について改訂を行った。


ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。