ストーカー行為等の規制等に関する法律 :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
前田重信 福井県立病院救命救急センター

概要

ポイント:
  1. ストーカー行為等の規制等に関する法律は平成12年に制定された。平成25年7月3日に最終改定されている。
  1. この法律の目的はストーカー行為等が、相手方に不安を覚えさせ、生活の安全と平穏を害する行為であるとともに、次第に行為が悪質化して凶悪犯罪にまで発展しかねないものであることを捉え、犯罪等の被害の発生を防止する観点からストーカー等の規制を行うことを明らかにしたものである。
  1. この法律によればストーカー行為(つきまとい等)とは「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し」、つきまといや、待ち伏せ行為などをすることである。
  1. 法律により禁止命令や援助、また命令に従わなかった場合の罰則規定などを定めている。
  1. ストーカー行為等の規制等に関する法律の全文: >詳細情報 

追加情報ページへのリンク

  • ストーカー行為等の規制等に関する法律に関する詳細情報
  • ストーカー行為等の規制等に関する法律に関するエビデンス・解説 (8件)
  • ストーカー行為等の規制等に関する法律に関する画像 (1件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

ストーカー行為等の規制等に関する法律(平成12 年5月24日法律第81号)
著者校正/監修レビュー済
2016/04/22