服薬管理と薬剤師連携

著者: 萩田均司 有限会社メディフェニックスコーポレーション、薬局つばめファーマシー

監修: 和田忠志 いらはら診療所 在宅医療部

著者校正/監修レビュー済:2019/01/29

概要・推奨  

  1. 薬剤師の訪問薬剤管理指導の目的と意義:
  1. 残薬と看護師業務: >詳細情報 
  1. 残薬と医療費、サポート薬局制度: >詳細情報 
  1. 医療材料・衛生材料の供給: >詳細情報 
  1. 薬剤師による訪問薬剤管理指導の目的・意義: >詳細情報 
  1. 薬剤師の立ち位置とその業務: >詳細情報 
  1. 先発完投型の医療を目指して: >詳細情報 
訪問看護に求めること
 
在宅医療・介護への薬剤師の関与とその意義
 
薬局を介した在宅医療に必要な衛生材料の提供
 
在宅医療における薬剤師の立ち位置
 
個々の患者の能力に応じた薬の管理方法(例)
 
薬剤師が一包化して整理した症例
 
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)


ページ上部に戻る

疫学、診断、治療、予後、それらのエビデンス等をご覧になりたい場合には、
トライアル登録またはご契約へ