第2節 入院基本料等加算
  1. A200 総合入院体制加算(1日につき)
  1. A201 総合入院体制加算(1日につき)
  1. A204 地域医療支援病院入院診療加算(入院初日)
  1. A204-2 臨床研修病院入院診療加算(入院初日)
  1. A205 救急医療管理加算(1日につき)
  1. A205-2 超急性期脳卒中加算(入院初日)
  1. A205-3 妊産婦緊急搬送入院加算(入院初日)
  1. A206 在宅患者緊急入院診療加算(入院初日)
  1. A207 診療録管理体制加算(入院初日)
  1. A207-2 医師事務作業補助体制加算(入院初日)
  1. A207-3 急性期看護補助体制加算(1日につき)
  1. A207-4 看護職員夜間配置加算(1日につき)
  1. A208 乳幼児加算・幼児加算(1日につき)
  1. A209 削除
  1. A210 難病等特別入院診療加算(1日につき)
  1. A211 特殊疾患入院施設管理加算(1日につき)
  1. A212 超重症児(者)入院診療加算・準超重症児(者)入院診療加算(1日につき)
  1. A213 看護配置加算(1日につき)
  1. A214 看護補助加算(1日につき)
  1. A215 看護補助加算(1日につき)
  1. A218 地域加算(1日につき)
  1. A218-2 離島加算(1日につき)
  1. A219 療養環境加算(1日につき)
  1. A220 HIV感染者療養環境特別加算(1日につき)
  1. A220-2 二類感染症患者療養環境特別加算(1日につき)
  1. A221 重症者等療養環境特別加算(1日につき)
  1. A221-2 小児療養環境特別加算(1日につき)
  1. A222 療養病棟療養環境加算(1日につき)
  1. A222-2 療養病棟療養環境改善加算(1日につき)
  1. A223 診療所療養病床療養環境加算(1日につき)
  1. A223-2 診療所療養病床療養環境改善加算(1日につき)
  1. A224 無菌治療室管理加算(1日につき)
  1. A225 放射線治療病室管理加算(1日につき)
  1. A226 重症皮膚潰瘍管理加算(1日につき)
  1. A226-2 緩和ケア診療加算(1日につき)
  1. A226-3 有床診療所緩和ケア診療加算(1日につき)
  1. A227 精神科措置入院診療加算(入院初日)
  1. A227-2 精神科措置入院退院支援加算(退院時1回)
  1. A228 精神科応急入院施設管理加算(入院初日)
  1. A229 精神科隔離室管理加算(1日につき)
  1. A230 精神病棟入院時医学管理加算(1日につき)
  1. A230-2 精神科地域移行実施加算(1日につき)
  1. A230-3 精神科身体合併症管理加算(1日につき)
  1. A230-4 精神科リエゾンチーム加算(週1回)
  1. A231 削除
  1. A231-2 強度行動障害入院医療管理加算(1日につき)
  1. A231-3 重度アルコール依存症入院医療管理加算(1日につき)
  1. A231-4 摂食障害入院医療管理加算(1日につき)
  1. A232 がん拠点病院加算(入院初日)
  1. A233 削除
  1. A233-2 栄養サポートチーム加算(週1回)
  1. A234 医療安全対策加算(入院初日)
  1. A234-2 感染防止対策加算(入院初日)
  1. A234-3 患者サポート体制充実加算(入院初日)
  1. A235 削除
  1. A236 褥 瘡ハイリスク患者ケア加算(入院中1回)
  1. A236-2 ハイリスク妊娠管理加算(1日につき)
  1. A237 ハイリスク分娩管理加算(1日につき)
  1. A238 ハイリスク分娩管理加算(1日につき)
  1. A238-6 精神科救急搬送患者地域連携紹介加算(退院時1回)
  1. A238-7 精神科救急搬送患者地域連携受入加算(入院初日)
  1. A238-8 精神科救急搬送患者地域連携受入加算(入院初日)
  1. A242 呼吸ケアチーム加算(週1回)
  1. A243 後発医薬品使用体制加算(入院初日)
  1. A244 病棟薬剤業務実施加算
  1. A245 データ提出加算
  1. A246 入退院支援加算(退院時1回)
  1. A247 認知症ケア加算(1日につき)
  1. A247-2 せん妄ハイリスク患者ケア加算(入院中1回)
  1. A248 精神疾患診療体制加算
  1. A249 精神科急性期医師配置加算(1日につき)
  1. A250 薬剤総合評価調整加算(退院時1回)
  1. A251 排尿自立支援加算(週1回)
  1. A252 地域医療体制確保加算(入院初日)
令和2年度 診療報酬点数 医科第1章 基本診療料第2部 入院料等第2節 入院基本料等加算 > A244 病棟薬剤業務実施加算

A244 病棟薬剤業務実施加算

  1.   1 病棟薬剤業務実施加算1(週1回)
    120点
  2.   2 病棟薬剤業務実施加算2(1日につき)
    100点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に 届け出た保険医療機関に入院している患者について、薬剤師が病棟等において病院 勤務医等の負担軽減及び薬物療法の有効性、安全性の向上に資する薬剤関連業務を 実施している場合に、当該患者(第1節の入院基本料(特別入院基本料等を除く。)及び第3節の特定入院料のうち、病棟薬剤業務実施加算1又は病棟薬剤業務実施 加算2を算定できるものを現に算定している患者に限る。)について、病棟薬剤業 務実施加算1にあっては週1回に限り、病棟薬剤業務実施加算2にあっては1日に つき所定点数に加算する。この場合において、療養病棟入院基本料、精神病棟入院 基本料又は特定機能病院入院基本料(精神病棟に限る。)を算定している患者につ いては、入院した日から起算して8週間を限度とする。

通知

(1) 病棟薬剤業務実施加算は、当該保険医療機関の病棟等において、薬剤師が医療従事者 の負担軽減及び薬物療法の有効性、安全性の向上に資する業務(以下「病棟薬剤業務」 という。)を実施していることを評価したものであり、病棟専任の薬剤師が病棟薬剤業 務を1病棟又は治療室1週間につき 20 時間相当以上(複数の薬剤師が一の病棟又は治療 室において実施する場合には、当該薬剤師が実施に要した時間を全て合算して得た時間 が 20 時間相当以上)実施している場合に、病棟薬剤業務実施加算1にあっては週1回に 限り、病棟薬剤業務実施加算2にあっては1日につき所定点数に加算する。ただし、療 養病棟入院基本料、 精神病棟入院基本料又は特定機能病院入院基本料( 精神病棟に限 る。)を算定している患者については、入院した日から起算して8週を限度として加算 できる。なお、ここでいう入院した日とは、第2部通則5に規定する起算日のことをい い、入院期間が通算される入院の初日のことをいう。

(2) 病棟薬剤業務実施加算の「1」については、区分番号「A100」一般病棟入院基本 料、区分番号「A101」療養病棟入院基本料、区分番号「A102」結核病棟入院基 本料、区分番号「A103」精神病棟入院基本料、区分番号「A104」特定機能病院

入院基本料又は区分番号「A105」専門病院入院基本料のいずれかを算定している患 者に対して、病棟薬剤業務実施加算の「2」については、区分番号「A300」救命救 急入院料、区分番号「A301」特定集中治療室管理料、区分番号「A301-2」ハ イケアユニット入院医療管理料、区分番号「A301-3」脳卒中ケアユニット入院医 療管理料、区分番号「A301-4」小児特定集中治療室管理料、区分番号「A302」 新生児特定集中治療室管理料又は区分番号「A303」総合周産期特定集中治療室管理 料のいずれかを算定している患者に対して、薬剤師が病棟において病院勤務医等の負担 軽減及び薬物療法の有効性、安全性の向上に資する薬剤関連業務を実施している場合に 算定する。

(3) 病棟薬剤業務とは、次に掲げるものであること。

ア 過去の投薬・注射及び副作用発現状況等を患者又はその家族等から聴取し、当該保 険医療機関及び可能な限り他の保険医療機関における投薬及び注射に関する基礎的事 項を把握すること。

イ 医薬品医療機器情報配信サービス(PMDAメディナビ)によるなど、インターネ ットを通じて常に最新の医薬品緊急安全性情報、医薬品・医療機器等安全性情報、製 造販売業者が作成する医薬品リスク管理計画(RMP:Risk Management Plan)に関 する情報、医薬品・医療機器等の回収等の医薬品情報の収集を行うとともに、重要な 医薬品情報については、医療従事者へ周知していること。

ウ 当該保険医療機関において投薬される医薬品について、以下の情報を知ったときは、 速やかに当該患者の診療を担当する医師に対し、当該情報を文書により提供すること。 ⅰ 緊急安全性情報、安全性速報

ⅱ 医薬品・医療機器等安全性情報 ⅲ 医薬品・医療機器等の回収等

エ 入院時に、持参薬の有無、薬剤名、規格、剤形等を確認し、服薬計画を書面で医師 等に提案するとともに、その書面の写しを診療録等に添付すること。

オ 当該病棟に入院している患者に対し 2 種以上( 注射薬及び内用薬を各 1 種以上含 む。)の薬剤が同時に投与される場合には、治療上必要な応急の措置として薬剤を投 与する場合等を除き、投与前に、注射薬と内用薬との間の相互作用の有無等の確認を 行うこと。

カ 患者又はその家族に対し、治療方針に係る説明を行う中で、特に安全管理が必要な 医薬品等の説明を投与前に行う必要がある場合には、病棟専任の薬剤師がこれを行う こと。なお、ここでいう特に安全管理が必要な医薬品とは、薬剤管理指導料の対象患 者に規定する医薬品のことをいう。

キ 特に安全管理が必要な医薬品等のうち、投与の際に流量又は投与量の計算等が必要 な場合は、治療上必要な応急の措置として薬剤を投与する場合等を除き、投与前に病 棟専任の薬剤師が当該計算等を実施すること。

ク アからキまでに掲げる業務のほか、「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療 の推進について」(平成 22 年4月 30 日医政発 0430 第1号)の記の2の(1)(③、

⑥及び⑧を除く。)に掲げる業務についても、可能な限り実施するよう努めること。

ケ 退院時の薬学的管理指導について、可能な限り実施すること。

(4) 病棟薬剤業務の実施に当たっては、次の点に留意すること。

ア 医薬品情報の収集、抗がん剤の無菌調製など、病棟薬剤業務の内容によっては、必 ずしも病棟において実施されるものではないものであること。

イ 病棟専任の薬剤師は、別紙様式 30 又はこれに準じた当該病棟に係る病棟薬剤業務日 誌を作成・管理し、記入の日から5年間保存しておくこと。また、患者の薬物療法に 直接的に関わる業務については、可能な限り、その実施内容を診療録等にも記録する こと。

ウ 病棟薬剤業務実施加算を算定できない病棟又は治療室においても病棟薬剤業務を実 施するよう努めること。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!