第2節 入院基本料等加算
  1. A200 総合入院体制加算(1日につき)
  1. A201 総合入院体制加算(1日につき)
  1. A204 地域医療支援病院入院診療加算(入院初日)
  1. A204-2 臨床研修病院入院診療加算(入院初日)
  1. A205 救急医療管理加算(1日につき)
  1. A205-2 超急性期脳卒中加算(入院初日)
  1. A205-3 妊産婦緊急搬送入院加算(入院初日)
  1. A206 在宅患者緊急入院診療加算(入院初日)
  1. A207 診療録管理体制加算(入院初日)
  1. A207-2 医師事務作業補助体制加算(入院初日)
  1. A207-3 急性期看護補助体制加算(1日につき)
  1. A207-4 看護職員夜間配置加算(1日につき)
  1. A208 乳幼児加算・幼児加算(1日につき)
  1. A209 削除
  1. A210 難病等特別入院診療加算(1日につき)
  1. A211 特殊疾患入院施設管理加算(1日につき)
  1. A212 超重症児(者)入院診療加算・準超重症児(者)入院診療加算(1日につき)
  1. A213 看護配置加算(1日につき)
  1. A214 看護補助加算(1日につき)
  1. A215 看護補助加算(1日につき)
  1. A218 地域加算(1日につき)
  1. A218-2 離島加算(1日につき)
  1. A219 療養環境加算(1日につき)
  1. A220 HIV感染者療養環境特別加算(1日につき)
  1. A220-2 二類感染症患者療養環境特別加算(1日につき)
  1. A221 重症者等療養環境特別加算(1日につき)
  1. A221-2 小児療養環境特別加算(1日につき)
  1. A222 療養病棟療養環境加算(1日につき)
  1. A222-2 療養病棟療養環境改善加算(1日につき)
  1. A223 診療所療養病床療養環境加算(1日につき)
  1. A223-2 診療所療養病床療養環境改善加算(1日につき)
  1. A224 無菌治療室管理加算(1日につき)
  1. A225 放射線治療病室管理加算(1日につき)
  1. A226 重症皮膚潰瘍管理加算(1日につき)
  1. A226-2 緩和ケア診療加算(1日につき)
  1. A226-3 有床診療所緩和ケア診療加算(1日につき)
  1. A227 精神科措置入院診療加算(入院初日)
  1. A227-2 精神科措置入院退院支援加算(退院時1回)
  1. A228 精神科応急入院施設管理加算(入院初日)
  1. A229 精神科隔離室管理加算(1日につき)
  1. A230 精神病棟入院時医学管理加算(1日につき)
  1. A230-2 精神科地域移行実施加算(1日につき)
  1. A230-3 精神科身体合併症管理加算(1日につき)
  1. A230-4 精神科リエゾンチーム加算(週1回)
  1. A231 削除
  1. A231-2 強度行動障害入院医療管理加算(1日につき)
  1. A231-3 重度アルコール依存症入院医療管理加算(1日につき)
  1. A231-4 摂食障害入院医療管理加算(1日につき)
  1. A232 がん拠点病院加算(入院初日)
  1. A233 削除
  1. A233-2 栄養サポートチーム加算(週1回)
  1. A234 医療安全対策加算(入院初日)
  1. A234-2 感染防止対策加算(入院初日)
  1. A234-3 患者サポート体制充実加算(入院初日)
  1. A235 削除
  1. A236 褥 瘡ハイリスク患者ケア加算(入院中1回)
  1. A236-2 ハイリスク妊娠管理加算(1日につき)
  1. A237 ハイリスク分娩管理加算(1日につき)
  1. A238 ハイリスク分娩管理加算(1日につき)
  1. A238-6 精神科救急搬送患者地域連携紹介加算(退院時1回)
  1. A238-7 精神科救急搬送患者地域連携受入加算(入院初日)
  1. A238-8 精神科救急搬送患者地域連携受入加算(入院初日)
  1. A242 呼吸ケアチーム加算(週1回)
  1. A243 後発医薬品使用体制加算(入院初日)
  1. A244 病棟薬剤業務実施加算
  1. A245 データ提出加算
  1. A246 入退院支援加算(退院時1回)
  1. A247 認知症ケア加算(1日につき)
  1. A247-2 せん妄ハイリスク患者ケア加算(入院中1回)
  1. A248 精神疾患診療体制加算
  1. A249 精神科急性期医師配置加算(1日につき)
  1. A250 薬剤総合評価調整加算(退院時1回)
  1. A251 排尿自立支援加算(週1回)
  1. A252 地域医療体制確保加算(入院初日)
令和2年度 診療報酬点数 医科第1章 基本診療料第2部 入院料等第2節 入院基本料等加算 > A245 データ提出加算

A245 データ提出加算

  1.   1 データ提出加算1(入院初日)
  2.   イ 許可病床数が200床以上の病院の場合
    140点
  3.   ロ 許可病床数が200床未満の病院の場合
    210点
  4.   2 データ提出加算2(入院初日)
  5.   イ 許可病床数が200床以上の病院の場合
    150点
  6.   ロ 許可病床数が200床未満の病院の場合
    220点
  7.   3 データ提出加算3(入院期間が90日を超えるごとに1回)
  8.   イ 許可病床数が200床以上の病院の場合
    140点
  9.   ロ 許可病床数が200床未満の病院の場合
    210点
  10.   4 データ提出加算4(入院期間が90日を超えるごとに1回)
  11.   イ 許可病床数が200床以上の病院の場合
    150点
  12.   ロ 許可病床数が200床未満の病院の場合
    220点

1 1及び2については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているもの として地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、当該保険医療機関にお ける診療報酬の請求状況、手術の実施状況等の診療の内容に関するデータを継続 して厚生労働省に提出している場合に、当該保険医療機関に入院している患者( 第1節の入院基本料(特別入院基本料等を除く。)又は第3節の特定入院料のうち、データ提出加算を算定できるものを現に算定している患者に限る。)につい て、当該基準に係る区分に従い、入院初日に限り所定点数に加算する。

2 3及び4については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているもの として地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、当該保険医療機関にお ける診療報酬の請求状況、手術の実施状況等の診療の内容に関するデータを継続 して厚生労働省に提出している場合に、当該保険医療機関に入院している患者( 第1節の入院基本料(特別入院基本料等を除く。)又は第3節の特定入院料のう ち、データ提出加算を算定できるものを現に算定している患者に限る。)であっ て、療養病棟入院基本料、結核病棟入院基本料、精神病棟入院基本料、障害者施 設等入院基本料、特殊疾患入院医療管理料、回復期リハビリテーション病棟入院 料、特殊疾患病棟入院料、緩和ケア病棟入院料、児童・思春期精神科入院医療管 理料、精神療養病棟入院料、認知症治療病棟入院料又は地域移行機能強化病棟入 院料を届け出た病棟又は病室に入院しているものについて、当該基準に係る区分 に従い、入院期間が90日を超えるごとに1回、所定点数に加算する。

3 別に厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関に入院している患者 については、提出データ評価加算として、40点を更に所定点数に加算する。

通知

(1) 厚生労働省が毎年実施する「DPC導入の影響評価に係る調査(特別調査を含む。)」

(以下この区分番号において「DPC調査」という)に準拠したデータを正確に作成し、 継続して提出されることを評価したものである。

提出されたデータについては、特定の患者個人を特定できないように集計し、医療機 関毎に公開されるものである。

また、提出されたデータは、入院医療等を担う保険医療機関の機能や役割の分析・評 価等や「DPCデータの提供に関するガイドライン」に従い厚生労働省保険局において 行うDPCデータの第三者提供のために適宜活用されるものである。

(2) 当該加算は、データ提出の実績が認められた保険医療機関において、データ作成対象 病棟(以下「対象病棟」という。)に入院している患者について算定する。データ提出 加算1及び2は入院初日、データ提出加算3及び4は入院期間が 90 日を超えるごとに 1 回算定する。90 日を越えるごと、の計算は、入院日から起算して 91 日目、181 日目等と 計算する。なお、ここでいう入院とは第2部通則5に規定する入院期間中の入院のこと をいい、データ提出加1及び2については入院期間が通算される再入院の場合には算定 できず、データ提出加算3及び4については通算した入院期間から算出し算定する。

(3) データの提出(データの再照会に係る提出も含む。)に遅延等が認められた場合、当 該月の翌々月について、当該加算は算定できない。なお、遅延等とは、厚生労働省がD PC調査の一部事務を委託するDPC調査事務局宛てに、DPC導入の影響評価に係る 調査実施説明資料(以下「調査実施説明資料」という。)に定められた期限までに、当 該医療機関のデータが提出されていない場合(提出時刻が確認できない手段等、調査実 施説明資料にて定められた提出方法以外の方法で提出された場合を含む。)、提出され たデータが調査実施説明資料に定められたデータと異なる内容であった場合(データが 格納されていない空の媒体が提出された場合を含む。)をいう。

(4) データの作成は月単位で行うものとし、作成されたデータには月の初日から末日まで の診療に係るデータが全て含まれていなければならない。

(5) (2)の対象病棟とは、第1節の入院基本料(区分番号「A108」有床診療所入院基 本料及び区分番号「A109」有床診療所療養病床入院基本料を除く。)、第3節の特 定入院料及び第4節の短期滞在手術等基本料(区分番号「A400」の1短期滞在手術 等基本料1を除く。)を算定する病棟をいう。

(6) (2)の「データ提出の実績が認められた保険医療機関」とは、データの提出が厚生労

働省保険局医療課において確認され、その旨を通知された保険医療機関をいう。

(7) データ提出加算1及び3は、入院患者に係るデータを提出した場合に算定し、データ 提出加算2及び4は、入院患者に係るデータに加え、外来患者に係るデータを提出した 場合に算定することができる。

(8) 「注3」に規定する提出データ評価加算を算定する場合は、当該加算を算定する月の 前々月において、調査実施説明資料に定められた様式1において入力されるレセプト電 算処理用の傷病名コードの総数に対する未コード化傷病名のコード(レセプト電算処理 用の傷病名コード:0000999)の割合、外来EFファイルに入力される傷病名コードの総 数に対する未コード化傷病名の割合がそれぞれ2%未満、かつ、医科の全ての診療報酬 明細書に記載された傷病名コードの総数に対する未コード化傷病名の割合が 10%未満で あって、当該保険医療機関において、その結果を記録し保存している場合に、データ提 出加算2のロ又は4のロを算定する医療機関において算定できる。

(9) 「注3」に規定する提出データ評価加算は、(3)による遅延等が認められ、データ提 出加算を算定できない月がある場合、データ提出加算を算定できない月から6か月間、当 該加算を算定できない。例えば、4月 22 日に提出すべきデータが遅延等と認められ、6

月にデータ提出加算を算定できない場合、当該加算は6月から 11 月までの6か月間算定 できない。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!