第1部 医学管理等
  1. B000 特定疾患療養管理料
  1. B001 特定疾患治療管理料
  1. B001-2 小児科外来診療料(1日につき)
  1. B001-2-2 地域連携小児夜間・休日診療料
  1. B001-2-3 乳幼児育児栄養指導料
  1. B001-2-4 地域連携夜間・休日診療料
  1. B001-2-5 院内トリアージ実施料
  1. B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料
  1. B001-2-7 外来リハビリテーション診療料
  1. B001-2-8 外来放射線照射診療料
  1. B001-2-9 地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-10 認知症地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-11 小児かかりつけ診療料(1日につき)
  1. B001-3 生活習慣病管理料
  1. B001-3-2 ニコチン依存症管理料
  1. B001-4 手術前医学管理料
  1. B001-5 手術後医学管理料(1日につき)
  1. B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料
  1. B001-7 リンパ浮腫指導管理料
  1. B001-8 臍ヘルニア圧迫指導管理料
  1. B001-9 療養・就労両立支援指導料
  1. B002 開放型病院共同指導料(Ⅰ)
  1. B003 開放型病院共同指導料(Ⅱ)
  1. B004 退院時共同指導料1
  1. B005 退院時共同指導料2
  1. B005-1-2 介護支援等連携指導料
  1. B005-1-3 介護保険リハビリテーション移行支援料
  1. B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)
  1. B005-5 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅱ)
  1. B005-6 がん治療連携計画策定料
  1. B005-6-2 がん治療連携指導料
  1. B005-6-3 がん治療連携管理料
  1. B005-6-4 外来がん患者在宅連携指導料
  1. B005-7 認知症専門診断管理料
  1. B005-7-2 認知症療養指導料
  1. B005-7-3 認知症サポート指導料
  1. B005-8 肝炎インターフェロン治療計画料
  1. B005-9 外来排尿自立指導料
  1. B005-10 ハイリスク妊産婦連携指導料1
  1. B005-10-2 ハイリスク妊産婦連携指導料2
  1. B005-11 遠隔連携診療料
  1. B006 救急救命管理料
  1. B006-2 削除
  1. B006-3 退院時リハビリテーション指導料
  1. B007 退院前訪問指導料
  1. B007-2 退院後訪問指導料
  1. B008 薬剤管理指導料
  1. B008-2 薬剤総合評価調整管理料
  1. B009 診療情報提供料(Ⅰ)
  1. B009-2 電子的診療情報評価料
  1. B010 診療情報提供料(Ⅱ)
  1. B010-2 診療情報連携共有料
  1. B011 診療情報提供料(Ⅲ)
  1. B011-2 削除
  1. B011-3 薬剤情報提供料
  1. B011-4 医療機器安全管理料
  1. B012 傷病手当金意見書交付料
  1. B013 療養費同意書交付料
  1. B014 退院時薬剤情報管理指導料
  1. B015 精神科退院時共同指導料
  1. B016 精神科退院時共同指導料
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B005-11 遠隔連携診療料

B005-11 遠隔連携診療料

  1. B005-11 遠隔連携診療料
    500点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関において、対面診療を 行っている入院中の患者以外の患者であって、別に厚生労働大臣が定めるものに対 して、診断を目的として、当該施設基準を満たす難病又はてんかんに関する専門的 な診療を行っている保険医療機関の医師と情報通信機器を用いて連携して診療を行 った場合に、当該診断の確定までの間に3月に1回に限り算定する。

通知

(1) 遠隔連携診療料は難病又はてんかんの診断を行うことを目的として、患者の同意を得て、 難病又はてんかんに関する専門的な診療を行っている他の保険医療機関の医師に事前に診 療情報提供を行った上で、当該患者の来院時に、ビデオ通話が可能な情報通信機器を用い て、当該他の保険医療機関の医師と連携して診療を行った場合に、患者の診断の確定まで の間に3月に1回に限り算定する。

(2) 遠隔連携診療料の算定に当たっては、患者に対面診療を行っている保険医療機関の医師 が、他の保険医療機関の医師に診療情報の提供を行い、当該医師と連携して診療を行うこ とについて、あらかじめ患者に説明し同意を得ること。

(3) 遠隔連携診療料が算定可能な患者は、難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第 1項に規定する指定難病又はてんかん(外傷性のてんかんを含む。)の疑いがある患者に 限ること。

(4) 他の保険医療機関の医師と連携して診療を行った際には、患者に対面診療を行っている 保険医療機関の医師は、当該診療の内容、診療を行った日、診療時間等の要点を診療録に 記載すること。

(5) 当該他の保険医療機関は、「都道府県における地域の実情に応じた難病の医療提供体制

の構築について」(平成 29 年4月 14 日健難発 0414 第3号厚生労働省健康局難病対策課 長通知)に規定する難病診療連携拠点病院又は「てんかん地域診療連携体制整備事業の実 施について」(平成 27 年5月 28 日障発 0528 第 1 号)に定めるてんかん診療拠点機関で あること。

(6) 連携して診療を行う他の保険医療機関の医師は、厚生労働省の定める情報通信機器を用 いた診療に係る指針に沿って診療を行うこと。また、当該他の保険医療機関内において診

療を行うこと。

(7) 事前の診療情報提供については、区分番号「B009」診療情報提供料(Ⅰ)は別に算 定できない。

(8) 当該診療報酬の請求については、対面による診療を行っている保険医療機関が行うもの とし、当該診療報酬の分配は相互の合議に委ねる。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!