(四肢関節、靱帯)
  1. K060 関節切開術
  1. K060-2 肩甲関節周囲沈着石灰摘出術
  1. K060-3 化膿性又は結核性関節炎掻爬術
  1. K061 関節脱臼非観血的整復術
  1. K062 先天性股関節脱臼非観血的整復術(両側)
  1. K063 関節脱臼観血的整復術
  1. K064 先天性股関節脱臼観血的整復術
  1. K065 関節内異物(挿入物を含む。)除去術
  1. K065-2 関節鏡下関節内異物(挿入物を含む。)除去術
  1. K066 関節滑膜切除術
  1. K066-2 関節鏡下関節滑膜切除術
  1. K066-3 滑液膜摘出術
  1. K066-4 関節鏡下滑液膜摘出術
  1. K066-5 膝蓋骨滑液嚢切除術
  1. K066-6 関節鏡下膝蓋骨滑液嚢切除術
  1. K066-7 掌指関節滑膜切除術
  1. K066-8 関節鏡下掌指関節滑膜切除術
  1. K067 関節 鼠 摘出手術
  1. K067-2 関節鏡下関節 鼠 摘出手術
  1. K068 半月板切除術
  1. K068-2 関節鏡下半月板切除術
  1. K069 半月板縫合術
  1. K069-2 関節鏡下三角線維軟骨複合体切除・縫合術
  1. K069-3 関節鏡下半月板縫合術
  1. K070 ガングリオン摘出術
  1. K071 削除
  1. K072 関節切除術
  1. K073 関節内骨折観血的手術
  1. K073-2 関節鏡下関節内骨折観血的手術
  1. K074 靱帯断裂縫合術
  1. K074-2 関節鏡下靱帯断裂縫合術
  1. K075 非観血的関節授動術
  1. K076 観血的関節授動術
  1. K076-2 関節鏡下関節授動術
  1. K077 観血的関節制動術
  1. K078 観血的関節固定術
  1. K079 靱帯断裂形成手術
  1. K079-2 関節鏡下靱帯断裂形成手術
  1. K080 関節形成手術
  1. K080-2 内反足手術
  1. K080-3 肩腱板断裂手術
  1. K080-4 関節鏡下肩腱板断裂手術
  1. K080-5 関節鏡下肩関節唇形成術
  1. K080-6 関節鏡下股関節唇形成術
  1. K081 人工骨頭挿入術
  1. K082 人工関節置換術
  1. K082-2 人工関節抜去術
  1. K082-3 人工関節再置換術
  1. K082-4 自家肋骨肋軟骨関節全置換術
  1. K082-5 人工距骨全置換術
  1. K082-6 人工股関節 摺 動面交換術
  1. K083 鋼線等による直達牽引(初日。観血的に行った場合の手技料を含む。)(1局所につき
  1. K083-2 内反足足板挺子固定
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第10部 手術第1節 手術料第2款 筋骨格系・四肢・体幹(四肢関節、靱帯) > K079-2 関節鏡下靱帯断裂形成手術

K079-2 関節鏡下靱帯断裂形成手術

  1.   1 十字靱帯
    34,980点
  2.   2 膝側副靱帯
    17,280点
  3.   3 指(手、足)その他の靱帯
    18,250点
  4.   4 内側膝蓋大腿靱帯
    24,210点

注 1について、前十字靱帯及び後十字靱帯に対して一期的に形成術を実施した場合は、一期的両靱帯形成加算として、5,000点を所定点数に加算する。

通知

「注」に規定する加算は、膝前十字靱帯断裂及び膝後十字靱帯断裂を同時に有する患者に 対して、医学的な必要性から一期的に両靱帯の形成術を行った場合に算定する。なお、両靱帯 損傷と診断する根拠となった検査所見等及び一期的な両靱帯形成術の医学的必要性について、 診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!