令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第10部 手術第1節 手術料第9款 腹部(腹膜、後腹膜、腸間膜、網膜) > K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

  1. K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術
    12,000点

通知

連続携行式腹膜灌流を開始するに当たり、当該カテーテルを留置した場合に算定できる。また、当該療法開始後一定期間を経て、カテーテル閉塞等の理由により再度装着した場合に おいても算定できる。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。