令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第10部 手術第1節 手術料第9款 腹部(胆嚢、胆道) > K678 体外衝撃波胆石破砕術(一連につき)

K678 体外衝撃波胆石破砕術(一連につき)

  1. K678 体外衝撃波胆石破砕術(一連につき)
    16,300点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

通知

(1) 当該技術の適応となる胆石は、次の要件を満たすもののうち、胆石破砕術の適応となる ものである。

ア 胆嚢結石症の既往があるもの

イ 胆囊に炎症がなく、胆囊機能が良好な胆囊結石症又は肝内・総胆管内結石症

(2) 「一連」とは、治療の対象となる疾患に対して所期の目的を達するまでに行う一連の治 療過程をいう。数日の間隔をおいて一連の治療過程にある数回の体外衝撃波胆石破砕を 行う場合は、所定点数を1回に限り算定するものであり、その後に行われた同一目的の 手術の費用は、所定点数に含まれ別に算定できない。

(3) 体外衝撃波胆石破砕によっては所期の目的が達成できず、他の手術手技を行った場合の 費用は、所定点数に含まれ別に算定できない。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!