(空腸、回腸、盲腸、虫垂、結腸)
  1. K712 破裂腸管縫合術
  1. K713 腸切開術
  1. K714 腸管癒着症手術
  1. K714-2 腹腔鏡下腸管癒着剥離術
  1. K715 腸重積症整復術
  1. K715-2 腹腔鏡下腸重積症整復術
  1. K716 小腸切除術
  1. K716-2 腹腔鏡下小腸切除術
  1. K716-3 移植用部分小腸採取術(生体)
  1. K716-4 生体部分小腸移植術
  1. K716-5 移植用小腸採取術(死体)
  1. K716-6 同種死体小腸移植術
  1. K717 小腸腫瘍、小腸憩室摘出術(メッケル憩室炎手術を含む。)
  1. K718 虫垂切除術
  1. K718-2 腹腔鏡下虫垂切除術
  1. K719 結腸切除術
  1. K719-2 腹腔鏡下結腸切除術
  1. K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術
  1. K719-4 ピックレル氏手術
  1. K719-5 全結腸・直腸切除嚢肛門吻合術
  1. K719-6 腹腔鏡下全結腸・直腸切除嚢肛門吻合術
  1. K720 結腸腫瘍(回盲部腫瘍摘出術を含む。)、結腸憩室摘出術、結腸ポリープ切除術(開腹 によるもの)
  1. K721 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
  1. K721-2 削除
  1. K721-3 内視鏡的結腸異物摘出術
  1. K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
  1. K722 小腸結腸内視鏡的止血術
  1. K723 小腸結腸内視鏡的止血術
  1. K725 腸瘻、虫垂瘻造設術
  1. K725-2 腹腔鏡下腸瘻、虫垂瘻造設術
  1. K726 人工肛門造設術
  1. K726-2 腹腔鏡下人工肛門造設術
  1. K727 腹壁外腸管前置術
  1. K728 腸狭窄部切開縫合術
  1. K729 腸閉鎖症手術
  1. K729-2 多発性小腸閉鎖症手術
  1. K729-3 腹腔鏡下腸閉鎖症手術
  1. K730 小腸瘻閉鎖術
  1. K731 結腸瘻閉鎖術
  1. K732 人工肛門閉鎖術
  1. K732-2 腹腔鏡下人工肛門閉鎖術(悪性腫瘍に対する直腸切除術後のものに限る。)
  1. K733 盲腸縫縮術
  1. K734 腸回転異常症手術
  1. K734-2 腹腔鏡下腸回転異常症手術
  1. K735 先天性巨大結腸症手術
  1. K735-2 小腸・結腸狭窄部拡張術(内視鏡によるもの)
  1. K735-3 腹腔鏡下先天性巨大結腸症手術
  1. K735-4 下部消化管ステント留置術
  1. K735-5 腸管延長術
  1. K736 人工肛門形成術
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第10部 手術第1節 手術料第9款 腹部(空腸、回腸、盲腸、虫垂、結腸) > K716-5 移植用小腸採取術(死体)

K716-5 移植用小腸採取術(死体)

  1. K716-5 移植用小腸採取術(死体)
    65,140点

注 小腸提供者に係る組織適合性試験の費用は、所定点数に含まれる。

通知

(1) 移植用小腸採取術(死体)の所定点数は、臓器の移植に関する法律第6条第2項に規定 する脳死した者の身体から小腸の移植が行われた場合に、移植を行った保険医療機関にお いて算定する。

(2) 移植用小腸採取術(死体)の所定点数には、脳死した者の身体から移植のための小腸採 取を行う際の採取前の採取対象小腸の灌流、小腸採取、採取小腸の灌流及び保存並びにリ ンパ節の保存に要する人件費、薬品・容器等の材料費等の費用が全て含まれる。ただし、 小腸採取を行う医師を派遣した場合における医師の派遣に要した費用及び採取小腸を搬送 した場合における搬送に要した費用については療養費として支給し、それらの額は移送費 の算定方法により算定する。

(3) 小腸移植を行った保険医療機関と小腸移植に用いる健小腸を採取した保険医療機関とが 異なる場合の診療報酬の請求は、小腸移植を行った保険医療機関で行い、診療報酬の分配 は相互の合議に委ねる。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。