令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第10部 手術第3節 手術医療機器等加算 > K932 創外固定器加算

K932 創外固定器加算

  1. K932 創外固定器加算
    10,000点

注 区分番号K046、K056-2、K058、K073、K076、K078、 K124-2、K125、K180の3、K443、K444及びK444-2に掲げる手術に当たって、創外固定器を使用した場合に算定する。

通知

区分番号「K046」骨折観血的手術及び「K073」関節内骨折観血的手術については、開放骨折、関節内骨折又は粉砕骨折に対して創外固定器を用いた場合、区分番号「K058」 骨長調整手術については、軟骨無形成症及び軟骨低形成症等の骨異形成症、四肢形成不全又 は四肢変形の患者に対して脚延長術を行う際に創外固定器を用いた場合、区分番号「K07 6」観血的関節授動術については、外傷又は変性疾患等により拘縮となった関節に対して創 外固定器を用いた場合、区分番号「K125」骨盤骨折観血的手術(腸骨翼骨折を除く。) については骨盤骨折( 腸骨翼骨折を除く。) について創外固定器を用いた場合、 区分番号

「K180の3」頭蓋骨形成手術(骨移動を伴うもの)については頭蓋縫合早期癒合症等の 頭蓋骨変形の患者に対して骨延長術を行う際に創外固定器を用いた場合、区分番号「K44 3」上顎骨形成術については外傷後の上顎骨後位癒着、上顎骨発育不全症又は症候群性頭蓋 縫合早期癒合症等の先天異常に対し Le Fort I、II 又は III 型骨切離による移動を創外固定 器により行う場合、区分番号「K444」下顎骨形成術及び「K444-2」下顎骨延長術 については先天性の第1第2鰓弓症候群、トリーチャー・コリンズ症候群等にみられる小顎 症の患者に対して骨形成術又は骨延長術を行う際に創外固定器を用いた場合に算定する。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。