令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第2部 在宅医療第1節 在宅患者診療・指導料 > C009 在宅患者訪問栄養食事指導料

C009 在宅患者訪問栄養食事指導料

  1.   1 在宅患者訪問栄養食事指導料1
  2.   イ 単一建物診療患者が1人の場合
    530点
  3.   ロ 単一建物診療患者が2人以上9人以下の場合
    480点
  4.   ハ イ及びロ以外の場合
    440点
  5.   2 在宅患者訪問栄養食事指導料2
  6.   イ 単一建物診療患者が1人の場合
    510点
  7.   ロ 単一建物診療患者が2人以上9人以下の場合
    460点
  8.   ハ イ及びロ以外の場合
    420点

1 1については、在宅で療養を行っており通院が困難な患者であって、別に厚生 労働大臣が定めるものに対して、診療に基づき計画的な医学管理を継続して行い、かつ、保険医療機関の医師の指示に基づき当該保険医療機関の管理栄養士が訪 問して具体的な献立等によって栄養管理に係る指導を行った場合に、単一建物診 療患者(当該患者が居住する建物に居住する者のうち、管理栄養士が訪問し栄養 食事指導を行っているものをいう。注2において同じ。)の人数に従い、患者1 人につき月2回に限り所定点数を算定する。

2 2については、在宅で療養を行っており通院が困難な患者であって、別に厚生 労働大臣が定めるものに対して、診療に基づき計画的な医学管理を継続して行い、かつ、保険医療機関の医師の指示に基づき当該保険医療機関以外の管理栄養士 が訪問して具体的な献立等によって栄養管理に係る指導を行った場合に、単一建 物診療患者の人数に従い、患者1人につき月2回に限り所定点数を算定する。

3 在宅患者訪問栄養食事指導に要した交通費は、患家の負担とする。

通知

(1) 在宅患者訪問栄養食事指導料は、在宅での療養を行っている患者であって、疾病、負 傷のために通院による療養が困難な者について、保険医療機関の医師が当該患者に特掲 診療料の施設基準等に規定する特別食を提供する必要性を認めた場合又は次のいずれか に該当するものとして医師が栄養管理の必要性を認めた場合であって、当該医師の指示 に基づき、管理栄養士が患家を訪問し、患者の生活条件、し好等を勘案した食品構成に 基づく食事計画案又は具体的な献立等を示した栄養食事指導箋を患者又はその家族等に 対して交付するとともに、当該指導箋に従い、食事の用意や摂取等に関する具体的な指 導を 30 分以上行った場合に算定する。

ア がん患者

イ 摂食機能又は嚥下機能が低下した患者

ウ 低栄養状態にある患者

(2) 在宅患者訪問栄養食事指導料1は、保険医療機関の管理栄養士が当該保険医療機関の 医師の指示に基づき、指導を行った場合に算定する。

また、在宅患者訪問栄養食事指導料2は、診療所において、当該診療所以外(公益社団 法人日本栄養士会若しくは都道府県栄養士会が設置し、運営する「栄養ケア・ステーショ ン」又は他の保険医療機関に限る。)の管理栄養士が当該診療所の医師の指示に基づき、 対面による指導を行った場合に算定する。

(3) 在宅患者訪問栄養食事指導料は、単一建物診療患者の人数に従い算定する。ここでい う単一建物診療患者の人数とは、当該患者が居住する建築物に居住する者のうち、当該 保険医療機関が在宅患者訪問栄養食事指導料を算定する者(当該保険医療機関と特別の

関係にある保険医療機関において算定するものを含む。以下この区分において同じ。) の人数をいう。なお、ユニット数が3以下の認知症対応型共同生活介護事業所について は、それぞれのユニットにおいて、在宅患者訪問栄養食事指導料を算定する人数を、単 一建物診療患者の人数とみなすことができる。

(4) 1つの患家に当該指導料の対象となる同居する同一世帯の患者が2人以上いる場合は、 患者ごとに「単一建物診療患者が1人の場合」を算定する。また、当該建築物において、 当該保険医療機関が在宅患者訪問栄養食事指導料を算定する者の数が、当該建築物の戸 数の 10%以下の場合又は当該建築物の戸数が 20 戸未満であって、当該保険医療機関が在 宅患者訪問栄養食事指導料を算定する者が2人以下の場合には、それぞれ「単一建物診 療患者が1人の場合」を算定する。

(5) 「注2」に規定する交通費は実費とする。

(6) 上記以外の点に関しては、区分番号「B001」の「9」外来栄養食事指導料におけ る留意事項の例による。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。