第1款 在宅療養指導管理料
  1. 在宅療養指導管理料 通則
  1. C100 退院前在宅療養指導管理料
  1. C101 在宅自己注射指導管理料
  1. C101-2 在宅小児低血糖症患者指導管理料
  1. C101-3 在宅妊娠糖尿病患者指導管理料
  1. C102 在宅自己腹膜灌流指導管理料
  1. C102-2 在宅血液透析指導管理料
  1. C103 在宅酸素療法指導管理料
  1. C104 在宅中心静脈栄養法指導管理料
  1. C105 在宅成分栄養経管栄養法指導管理料
  1. C105-2 在宅小児経管栄養法指導管理料
  1. C105-3 在宅半固形栄養経管栄養法指導管理料
  1. C106 在宅自己導尿指導管理料
  1. C107 在宅人工呼吸指導管理料
  1. C107-2 在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料
  1. C108 在宅悪性腫瘍等患者指導管理料
  1. C108-2 在宅悪性腫瘍患者共同指導管理料
  1. C109 在宅寝たきり患者処置指導管理料
  1. C110 在宅自己疼痛管理指導管理料
  1. C110-2 在宅振戦等刺激装置治療指導管理料
  1. C110-3 在宅迷走神経電気刺激治療指導管理料
  1. C110-4 在宅仙骨神経刺激療法指導管理料
  1. C111 在宅肺高血圧症患者指導管理料
  1. C112 在宅気管切開患者指導管理料
  1. C113 削除
  1. C114 在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料
  1. C115 削除
  1. C116 在宅植込型補助人工心臓(非拍動流型)指導管理料
  1. C117 在宅経腸投薬指導管理料
  1. C118 在宅腫瘍治療電場療法指導管理料
  1. C119 在宅経肛門的自己洗腸指導管理料
  1. C120 在宅中耳加圧療法指導管理料
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第2部 在宅医療第2節 在宅療養指導管理料第1款 在宅療養指導管理料 > C102-2 在宅血液透析指導管理料

C102-2 在宅血液透析指導管理料

  1. C102-2 在宅血液透析指導管理料
    8,000点

1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等 に届け出た保険医療機関において、在宅血液透析を行っている入院中の患者以外 の患者に対して在宅血液透析に関する指導管理を行った場合に算定するものとし、頻回に指導管理を行う必要がある場合には、当該指導管理料を最初に算定した 日から起算して2月までの間は、同一月内の2回目以降1回につき2,000点を月 2回に限り算定する。

2 当該指導管理を算定する同一月内に区分番号J038に掲げる人工腎臓を算定 する場合は、注1に規定する2回目以降の費用は、算定しない。

通知

(1) 在宅血液透析とは、維持血液透析を必要とし、かつ、安定した病状にあるものについ て、在宅において実施する血液透析療法をいう。

(2) 導入時に頻回の指導を行う必要がある場合とは、当該患者が初めて在宅血液透析を行う 場合であり、保険医療機関の変更によるものは含まれない。

(3) 「注1」の「頻回に指導管理を行う必要がある場合」とは、次のような患者について 指導管理を行う場合をいう。

ア 在宅血液透析の導入期にあるもの

イ 合併症の管理が必要なもの

ウ その他医師が特に必要と認めるもの

(4) 在宅血液透析指導管理料を算定している患者は、週1回を限度として、区分番号「J 038」人工腎臓を算定できる。

(5) 関係学会のガイドラインに基づいて患者及び介助者が医療機関において十分な教育を 受け、文書において在宅血液透析に係る説明及び同意を受けた上で、在宅血液透析が実 施されていること。また、当該ガイドラインを参考に在宅血液透析に関する指導管理を 行うこと。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。