C161 注入ポンプ加算

  1. C161 注入ポンプ加算
    1,250点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

注 在宅中心静脈栄養法、在宅成分栄養経管栄養法若しくは在宅小児経管栄養法を行 っている入院中の患者以外の患者、在宅における鎮痛療法若しくは悪性腫瘍の化学 療法を行っている入院中の患者以外の末期の患者又は別に厚生労働大臣が定める注 射薬の自己注射を行っている入院中の患者以外の患者に対して、注入ポンプを使用 した場合に、2月に2回に限り、第1款の所定点数に加算する。

通知

「注入ポンプ」とは、在宅で中心静脈栄養法、成分栄養経管栄養法若しくは小児経管栄養 法、鎮痛療法若しくは悪性腫瘍の化学療法又は注射薬の精密自己注射を行うに当たって用い る注入ポンプをいう。なお、「在宅における鎮痛療法若しくは悪性腫瘍の化学療法」とは、 末期の悪性腫瘍又は筋萎縮性側索硬化症若しくは筋ジストロフィーの患者であって、持続性 の疼痛があり鎮痛剤の経口投与では疼痛が改善しないため注射による鎮痛剤注入が必要なも の又は注射による抗悪性腫瘍剤の注入が必要なものが、在宅において自ら実施する鎮痛療法 又は化学療法をいう。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!