令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第3部 検査第1節 検体検査料第1款 検体検査実施料(血液学的検査) > D006-13 骨髄微小残存病変量測定

D006-13 骨髄微小残存病変量測定

  1.   1 遺伝子再構成の同定に用いるもの
    3,500点
  2.   2 モニタリングに用いるもの
    2,100点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に 届け出た保険医療機関において実施した場合に限り算定する。

通知

(1) 骨髄微小残存病変量測定は、PCR法により、急性リンパ性白血病の診断補助又は経 過観察を目的に行った場合に算定できる。

(2) 「1」の遺伝子再構成の同定に用いるものについては、急性リンパ性白血病と診断さ

れた患者又は再発が認められた患者に対して、遺伝子再構成の同定及び当該遺伝子のプ ライマー作成を行った場合に、それぞれ1回に限り算定できる。

(3) 「2」のモニタリングに用いるものについては、「1」の遺伝子再構成に用いるもの を行った患者に対して、PCR法により急性リンパ性白血病の経過観察を目的として行 った場合に、初発時と再発時にそれぞれ2回を限度として算定できる。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!