(内視鏡検査)
  1. (内視鏡検査) 通則
  1. D295 関節鏡検査(片側)
  1. D296 喉頭直達鏡検査
  1. D296-2 鼻咽腔直達鏡検査
  1. D297 削除
  1. D298 嗅裂部・鼻咽腔・副鼻腔入口部ファイバースコピー(部位を問わず一連につき)
  1. D298-2 内視鏡下嚥下機能検査
  1. D299 喉頭ファイバースコピー
  1. D300 中耳ファイバースコピー
  1. D300-2 顎関節鏡検査(片側)
  1. D301 削除
  1. D302 気管支ファイバースコピー
  1. D302-2 気管支カテーテル気管支肺胞洗浄法検査
  1. D303 胸腔鏡検査
  1. D304 縦隔鏡検査
  1. D305 削除
  1. D306 食道ファイバースコピー
  1. D307 削除
  1. D308 胃・十二指腸ファイバースコピー
  1. D309 胆道ファイバースコピー
  1. D310 小腸内視鏡検査
  1. D310-2 消化管通過性検査
  1. D311 直腸鏡検査
  1. D311-2 肛門鏡検査
  1. D312 直腸ファイバースコピー
  1. D312-2 回腸嚢ファイバースコピー
  1. D313 大腸内視鏡検査
  1. D314 腹腔鏡検査
  1. D315 腹腔ファイバースコピー
  1. D316 クルドスコピー
  1. D317 膀胱尿道ファイバースコピー
  1. D317-2 膀胱尿道鏡検査
  1. D318 尿管カテーテル法(ファイバースコープによるもの)(両側)
  1. D319 腎盂尿管ファイバースコピー(片側)
  1. D320 ヒステロスコピー
  1. D321 コルポスコピー
  1. D322 子宮ファイバースコピー
  1. D323 乳管鏡検査
  1. D324 血管内視鏡検査
  1. D325 肺臓カテーテル法、肝臓カテーテル法、膵臓カテーテル法
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第3部 検査第3節 生体検査料(内視鏡検査) > D310-2 消化管通過性検査

D310-2 消化管通過性検査

  1. D310-2 消化管通過性検査
    600点

通知

消化管通過性検査は、消化管の狭窄又は狭小化を有する又は疑われる患者に対して、区分番 号「D310」小腸内視鏡検査の「3」のカプセル型内視鏡によるものを実施する前に、カプ セル型内視鏡と形・大きさが同一の造影剤入りカプセルを患者に内服させ、消化管の狭窄や狭 小化を評価した場合に、一連の検査につき1回に限り算定する。また、区分番号「E001」 の写真診断及び区分番号「E002」の撮影は別に算定できる。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!