(眼科学的検査)
  1. (眼科学的検査) 通則
  1. D255 精密眼底検査(片側)
  1. D255-2 汎網膜硝子体検査(片側)
  1. D256 眼底カメラ撮影
  1. D256-2 眼底三次元画像解析
  1. D256-3 光干渉断層血管撮影
  1. D257 細隙燈顕微鏡検査(前眼部及び後眼部)
  1. D258 網膜電位図(ERG)
  1. D258-2 網膜機能精密電気生理検査(多局所網膜電位図)
  1. D258-3 黄斑局所網膜電図、全視野精密網膜電図
  1. D259 精密視野検査(片側)
  1. D260 量的視野検査(片側)
  1. D261 屈折検査
  1. D262 調節検査
  1. D263 矯正視力検査
  1. D263-2 コントラスト感度検査
  1. D264 精密眼圧測定
  1. D265 角膜曲率半径計測
  1. D265-2 角膜形状解析検査
  1. D266 光覚検査
  1. D267 色覚検査
  1. D268 眼筋機能精密検査及び輻輳検査
  1. D269 眼球突出度測定
  1. D269-2 光学的眼軸長測定
  1. D270 削除
  1. D270-2 ロービジョン検査判断料
  1. D271 角膜知覚計検査
  1. D272 両眼視機能精密検査、立体視検査(三杆法又はステレオテスト法による)、網膜対応検
  1. D273 細隙燈顕微鏡検査(前眼部)
  1. D274 前房隅角検査
  1. D274-2 前眼部三次元画像解析
  1. D275 圧迫隅角検査
  1. D275-2 前房水漏出検査
  1. D276 網膜中心血管圧測定
  1. D277 涙液分泌機能検査、涙管通水・通色素検査
  1. D277-2 涙道内視鏡検査
  1. D278 眼球電位図(EOG)
  1. D279 角膜内皮細胞顕微鏡検査
  1. D280 レーザー前房蛋白細胞数検査
  1. D281 瞳孔機能検査(電子瞳孔計使用)
  1. D282 中心フリッカー試験
  1. D282-2 行動観察による視力検査
  1. D282-3 コンタクトレンズ検査料
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第3部 検査第3節 生体検査料(眼科学的検査) > D261 屈折検査

D261 屈折検査

  1.   1 6歳未満の場合
    69点
  2.   2 1以外の場合
    69点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

注 1について、弱視又は不同視と診断された患者に対して、眼鏡処方箋の交付を行 わずに矯正視力検査を実施した場合には、小児矯正視力検査加算として、35点を所 定点数に加算する。この場合において、区分番号D263に掲げる矯正視力検査は 算定しない。

通知

(1) 屈折検査は、検眼レンズ等による自覚的屈折検定法又は検影法、レフラクトメーター による他覚的屈折検定法をいい、両眼若しくは片眼又は検査方法の種類にかかわらず、 所定点数により算定し、裸眼視力検査のみでは算定できない。

(2) 散瞳剤又は調節麻痺剤を使用してその前後の屈折の変化を検査した場合には、前後各 1回を限度として所定点数を算定する。

(3) 屈折検査と区分番号「D263」矯正視力検査を併施した場合は、屈折異常の疑いが あるとして初めて検査を行った場合又は眼鏡処方箋を交付した場合に限り併せて算定で きる。ただし、本区分「1」については、弱視又は不同視が疑われる場合に限り、3月 に1回(散瞳剤又は調節麻痺剤を使用してその前後の屈折の変化を検査した場合には、 前後各1回)に限り、区分番号「D263」矯正視力検査を併せて算定できる。

(4) 「注」に規定する加算は、「1」について、弱視又は不同視と診断された患者に対し て、眼鏡処方箋の交付を行わずに矯正視力検査を実施した場合に、3月に1回(散瞳剤 又は調節麻痺剤を使用してその前後の屈折の変化を検査した場合には、前後各1回)に 限り、所定点数に加算する。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!