第4節 診断穿刺・検体採取料
  1. 診断穿刺・検体採取料 通則
  1. D400 血液採取(1日につき)
  1. D401 脳室穿刺
  1. D402 後頭下穿刺
  1. D403 腰椎穿刺、胸椎穿刺、頸椎穿刺(脳脊髄圧測定を含む。)
  1. D404 骨髄穿刺
  1. D404-2 骨髄生検
  1. D405 関節穿刺(片側)
  1. D406 上顎洞穿刺(片側)
  1. D406-2 扁桃周囲炎又は扁桃周囲膿瘍における試験穿刺(片側)
  1. D407 腎嚢胞又は水腎症穿刺
  1. D408 ダグラス窩穿刺
  1. D409 リンパ節等穿刺又は針生検
  1. D409-2 センチネルリンパ節生検(片側)
  1. D410 乳腺穿刺又は針生検(片側)
  1. D411 甲状腺穿刺又は針生検
  1. D412 経皮的針生検法(透視、心電図検査及び超音波検査を含む。)
  1. D412-2 経皮的腎生検法
  1. D413 前立腺針生検法
  1. D414 内視鏡下生検法(1臓器につき)
  1. D414-2 超音波内視鏡下穿刺吸引生検法(EUS-FNA)
  1. D415 経気管肺生検法
  1. D415-2 超音波気管支鏡下穿刺吸引生検法(EBUS-TBNA)
  1. D415-3 経気管肺生検法(ナビゲーションによるもの)
  1. D415-4 経気管肺生検法(仮想気管支鏡を用いた場合)
  1. D415-5 経気管支凍結生検法
  1. D416 臓器穿刺、組織採取
  1. D417 組織試験採取、切採法
  1. D418 子宮腟部等からの検体採取
  1. D419 その他の検体採取
  1. D419-2 眼内液(前房水・硝子体液)検査
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第3部 検査第4節 診断穿刺・検体採取料 > D419 その他の検体採取

D419 その他の検体採取

  1.   1 胃液・十二指腸液採取(一連につき)
    210点
  2.   2 胸水・腹水採取(簡単な液検査を含む。)
    180点
  3. 注 6歳未満の乳幼児に対して行った場合は、乳幼児加算として、40点を所定点数に加算する。
  4.   3 動脈血採取(1日につき)
    50点
  5. 注1 血液回路から採血した場合は算定しない。
  6.   2 6歳未満の乳幼児に対して行った場合は、乳幼児加算として、15点を所定点数に加算する。
  7.   4 前房水採取
    420点
  8. 注 6歳未満の乳幼児に対して行った場合は、乳幼児加算として、90点を所定点数 に加算する。
  9.   5 副腎静脈サンプリング(一連につき)
    4,800点
  10. 注1 カテーテルの種類、挿入回数によらず一連として算定し、透視、造影剤注入 手技、造影剤使用撮影及びエックス線診断の費用は、全て所定点数に含まれるものとする。
  11.   2 エックス線撮影に用いられたフィルムの費用は、区分番号E400に掲げる フィルムの所定点数により算定する。
  12.   3 6歳未満の乳幼児に対して行った場合は、乳幼児加算として、1,000点を所 定点数に加算する。
  13.   6 鼻腔・咽頭拭い液採取
    5点

通知

(1) 「1」の胃液・十二指腸液採取については、1回採取、分割採取にかかわらず、この 項の所定点数により算定するものとし、ゾンデ挿入に伴いエックス線透視を行った場合 においても、エックス線透視料は、別に算定しない。

(2) 「2」の胸水・腹水採取の所定点数には、採取及び簡単な液検査(肉眼的性状観察、 リバルタ反応、顕微鏡による細胞の数及び種類の検査)の費用が含まれる。

なお、塗抹染色顕微鏡検査を行った場合は、区分番号「D017」排泄物、滲出物又 は分泌物の細菌顕微鏡検査により、血液化学検査を行った場合は、区分番号「D004」 穿刺液・採取液検査の「15」その他により、細胞診検査を行った場合は、区分番号「N 004」細胞診により算定する。

(3) 「4」の前房水採取については、内眼炎等の診断を目的に前房水を採取した場合に算 定する。

(4) 人工腎臓、人工心肺等の回路から動脈血採取を行った場合の採血料は算定できない。

(5) 副腎静脈サンプリング(一連につき)

ア 原発性アルドステロン症及び原発性アルドステロン症合併クッシング症候群の患者 に対して、副腎静脈までカテーテルを進め、左右副腎静脈から採血を行った場合に算 定する。

イ 副腎静脈サンプリング実施時に副腎静脈造影を行った場合においては、血管造影等 のエックス線診断の費用は、別に算定しない。

ウ 副腎静脈サンプリングで実施する血液採取以外の血液採取は、別に算定できない。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。