令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第6部 注射第1節 注射料第1款 注射実施料 > G004 点滴注射(1日につき)

G004 点滴注射(1日につき)

  1.   1 6歳未満の乳幼児に対するもの(1日分の注射量が100mL以上の場合)
    99点
  2.   2 1に掲げる者以外の者に対するもの(1日分の注射量が500mL以上の場合)
    98点
  3.   3 その他の場合(入院中の患者以外の患者に限る。)
    49点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

1 点滴に係る管理に要する費用を含む。

2 6歳未満の乳幼児に対して行った場合は、乳幼児加算として、45点を所定点数 に加算する。

3 血 漿 成分製剤の注射を行う場合であって、1回目の注射に当たって、患者に対して注射の必要性、危険性等について文書による説明を行ったときは、血 漿成分製剤加算として、当該注射を行った日に限り、50点を所定点数に加算する。

4 区分番号C101に掲げる在宅自己注射指導管理料、区分番号C104に掲げ る在宅中心静脈栄養法指導管理料、区分番号C108に掲げる在宅悪性腫瘍等患 者指導管理料又は区分番号C108-2に掲げる在宅悪性腫瘍患者共同指導管理 料を算定している患者について、区分番号C001に掲げる在宅患者訪問診療料 (Ⅰ)又は区分番号C001-2に掲げる在宅患者訪問診療料(Ⅱ)を算定する日に併せて行った点滴注射の費用は算定しない。

通知

(1) 6歳未満の乳幼児に対する1日分の注射量が 100mL 未満の場合及び6歳以上の者に対 する1日分の注射量が 500mL 未満の場合は、入院中の患者以外の患者に限り、3に掲げ る所定点数で算定する。

(2) 「注射量」は、次のように計算する。

ア 点滴回路より薬物を注入するいわゆる「管注」を行った場合には、「管注」に用い た薬剤及び補液に用いた薬剤の総量。

イ 同一の者に対して、点滴注射を1日に2回以上行った場合には、それぞれの注射に

用いた薬剤の総量。

(3) 血漿成分製剤加算

ア 「注3」に規定する「文書による説明」とは、1回目の輸注を行う際(当該患者に 対して複数回の輸注を行う場合は概ね1週間毎)に、別紙様式 20 又はこれに準ずる様 式により、患者(医師の説明に対して理解が困難と認められる小児又は意識障害者等 にあっては、その家族等)に対して、輸注の必要性、副作用、輸注方法及びその他の 留意点等について説明することをいう。

イ 説明に用いた文書については、患者(医師の説明に対して理解が困難と認められる 小児又は意識障害者等にあっては、その家族等)から署名又は押印を得た上で、当該 患者に交付するとともに、その文書の写しを診療録に添付することとする。

ウ 緊急その他やむを得ない場合は、輸注後に説明を行った場合も算定できるが、この 場合輸注後速やかに行うこととする。

エ 「注3」に規定する血漿成分製剤とは、新鮮液状血漿及び新鮮凍結人血漿等をいい、 血漿分画製剤(アルブミン製剤、グロブリン製剤等)は含まれないが、血漿成分製剤 に準じ、患者に対して輸注の必要性等の説明を行うよう努めること。なお、血漿成分 製剤及び血漿分画製剤の輸注に当たっては、「「輸血療法の実施に関する指針」及び

「血液製剤の使用指針」の一部改正について」(平成 26 年 11 月 12 日薬食発 1112 第

12 号)及び「「血液製剤の使用指針」の改定について」(平成 31 年3月 25 日薬生発

0325 第1号)を遵守するよう努めるものとする。

(4) 区分番号「C101」、区分番号「C104」、区分番号「C108」又は区分番号

「C108-2」に掲げる在宅自己注射指導管理料、在宅中心静脈栄養法指導管理料、 在宅悪性腫瘍等患者指導管理料又は在宅悪性腫瘍患者共同指導管理料を算定している患 者(これらに係る在宅療養指導管理材料加算又は薬剤料若しくは特定保険医療材料料の みを算定している者を含む。) に対して、 区分番号「 C 001 」 在宅患者訪問診療料 (Ⅰ)又は区分番号「C001-2」在宅患者訪問診療料(Ⅱ)を算定する日に、患家にお いて当該訪問診療と併せて点滴注射を行った場合は、当該注射に係る費用は算定しない。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!