令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第7部 リハビリテーション第1節 リハビリテーション料 > H000 心大血管疾患リハビリテーション料

H000 心大血管疾患リハビリテーション料

  1.   1 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)(1単位)
    205点
  2.   2 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅱ)(1単位)
    125点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等 に届け出た保険医療機関において、別に厚生労働大臣が定める患者に対して個別 療法であるリハビリテーションを行った場合に、当該基準に係る区分に従って、 治療開始日から150日を限度として所定点数を算定する。ただし、別に厚生労働 大臣が定める患者について、治療を継続することにより状態の改善が期待できる と医学的に判断される場合その他の別に厚生労働大臣が定める場合には、150日を超えて所定点数を算定することができる。

2 注1本文に規定する別に厚生労働大臣が定める患者であって入院中のものに対 してリハビリテーションを行った場合は、発症、手術若しくは急性増悪から7日 目又は治療開始日のいずれか早いものから起算して30日を限度として、早期リハ ビリテーション加算として、1単位につき30点を所定点数に加算する。

3 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等 に届け出た保険医療機関において、注1本文に規定する別に厚生労働大臣が定め る患者であって入院中のものに対してリハビリテーションを行った場合は、発症、手術若しくは急性増悪から7日目又は治療開始日のいずれか早いものから起算 して14日を限度として、初期加算として、1単位につき45点を更に所定点数に加 算する。

4 注1本文の規定にかかわらず、注1本文に規定する別に厚生労働大臣が定める 患者に対して、必要があって治療開始日から150日を超えてリハビリテーション を行った場合は、1月13単位に限り算定できるものとする。

通知

(1) 心大血管疾患リハビリテーション料は、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合し ているものとして地方厚生(支)局長に届出を行った保険医療機関において算定するも のであり、心機能の回復、当該疾患の再発予防等を図るために、心肺機能の評価による 適切な運動処方に基づき運動療法等を個々の症例に応じて行った場合に算定する。なお、 関係学会により周知されている「心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイ ドライン(2012 年改訂版)」に基づいて実施すること。

(2) 心大血管疾患リハビリテーション料の対象となる患者は、特掲診療料の施設基準等別 表第九の四に掲げる対象患者であって、以下のいずれかに該当するものをいい、医師が

個別に心大血管疾患リハビリテーションが必要であると認めるものであること。

ア 急性発症した心大血管疾患又は心大血管疾患の手術後の患者とは、急性心筋梗塞、 狭心症、開心術後、経カテーテル大動脈弁置換術後、大血管疾患(大動脈解離、解離 性大動脈瘤、大血管術後)のものをいう。なお、心大血管疾患リハビリテーション料 (Ⅱ)を算定する場合、急性心筋梗塞及び大血管疾患は発症後(手術を実施した場合は 手術後)1月以上経過したものに限る。

イ 慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患その他の慢性の心大血管の疾患により、一定程度 以上の呼吸循環機能の低下及び日常生活能力の低下を来している患者とは、

(イ) 慢性心不全であって、左室駆出率 40%以下、最高酸素摂取量が基準値 80%以下、 脳性Na利尿ペプチド(BNP)が 80pg/mL 以上の状態のもの又は脳性Na利尿 ペプチド前駆体N端フラグメント(NT-proBNP)が 400pg/mL 以上の状態の もの

(ロ) 末梢動脈閉塞性疾患であって、間欠性跛行を呈する状態のものをいう。

(3) 心大血管疾患リハビリテーション料の標準的な実施時間は、1回1時間(3単位)程 度とするが、入院中の患者以外の患者については、1日当たり1時間(3単位)以上、 1週3時間(9単位)を標準とする。

(4) 心大血管疾患リハビリテーションは、専任の医師の指導管理の下に実施することとす る。この場合、医師が直接監視を行うか、又は医師が同一建物内において直接監視をし ている他の従事者と常時連絡が取れる状態かつ緊急事態に即時的に対応できる態勢であ ること。また、専任の医師は定期的な心機能チェックの下に、運動処方を含むリハビリ テーションの実施計画書を作成し、診療録に記載又は添付すること。この場合、入院中 の患者については、当該療法を担当する医師又は理学療法士、作業療法士及び看護師の 1人当たりの患者数は、それぞれ1回 15 人程度、1回5人程度とし、入院中の患者以外

の患者については、それぞれ、1回 20 人程度、1回8人程度とする。

(5) 当該リハビリテーションと他の疾患別リハビリテーション及び集団コミュニケーショ ン療法を同一の従事者が行う場合、心大血管疾患リハビリテーションに実際に従事した 時間 20 分を1単位としてみなした上で、他の疾患別リハビリテーション等の実施単位数

を足した値が、従事者1人につき1日 18 単位を標準とし、週 108 単位までとする。

(6) 心大血管疾患リハビリテーション料の所定点数には、同一日に行われる区分番号「D 208」に掲げる心電図検査、区分番号「D209」に掲げる負荷心電図検査及び区分 番号「 D 220 」 に掲げる呼吸心拍監視、 新生児心拍・ 呼吸監視、 カルジオスコープ

(ハートスコープ)、カルジオタコスコープの費用が含まれる。

(7) 標準的算定日数を超えた患者については、「注4」に規定するとおり、1月に 13 単位 に限り心大血管疾患リハビリテーション料の所定点数を算定できる。なお、その際、入 院中の患者以外の患者にあっては、介護保険によるリハビリテーションの適用があるか について、適切に評価し、患者の希望に基づき、介護保険によるリハビリテーションサ ービスを受けるために必要な支援を行うこと。ただし、特掲診療料の施設基準等別表第 九の八に掲げる患者であって、別表第九の九に掲げる場合については、標準的算定日数 を超えた場合であっても、標準的算定日数内の期間と同様に算定できるものである。な お、その留意事項は以下のとおりである。

ア 特掲診療料の施設基準等別表第九の八第一号に規定する「その他別表第九の四から 別表第九の七までに規定する患者であって、リハビリテーションを継続して行うこと が必要であると医学的に認められるもの」とは、別表第九の四から別表第九の七まで に規定する患者であって、リハビリテーションを継続することにより状態の改善が期 待できると医学的に認められる者をいうものである。

イ 特掲診療料の施設基準等別表第九の八に規定する「加齢に伴って生ずる心身の変化 に起因する疾病の者」とは、要介護状態又は要支援状態にある 40 歳以上の者であって、 その要介護状態又は要支援状態の原因である身体上又は精神上の障害が、介護保険法 第7条第3項第2号に規定する特定疾病によって生じたものであるものをいう。

(8) 「注2」に掲げる加算は、当該施設における心大血管疾患に対する治療開始後早期か らのリハビリテーションの実施について評価したものであり、入院中の患者に対して1 単位以上の個別療法を行った場合に算定できる。また、訓練室以外の病棟等(ベッドサ イドを含む。)で実施した場合においても算定することができる。特掲診療料の施設基 準等別表第九の四第二号に掲げる患者については、手術を実施したもの及び急性増悪し たものを除き、「注2」に掲げる加算は算定できない。

(9) 「注3」に掲げる加算は、当該施設における心大血管疾患に対する治療開始後、より 早期からのリハビリテーションの実施について評価したものであり、入院中の患者に対 して「注2」に掲げる加算と別に算定することができる。特掲診療料の施設基準等別表 第九の四第二号に掲げる患者については、手術を実施したもの及び急性増悪したものを 除き、「注3」に掲げる加算は算定できない。

(10) 「注4」に掲げる標準的算定日数を超えてリハビリテーションを継続する患者につい て、月の途中で標準的算定日数を超える場合においては、当該月における標準的算定日 数を超えた日以降に実施された疾患別リハビリテーションが 13 単位以下であること。

(11) 訓練を実施する場合、患者一人につき概ね3平方メートル以上の面積を確保すること。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!