第1節 精神科専門療法料
  1. I000 精神科電気痙攣療法
  1. I000-2 経頭蓋磁気刺激療法
  1. I001 入院精神療法(1回につき)
  1. I002 通院・在宅精神療法(1回につき)
  1. I002-2 精神科継続外来支援・指導料(1日につき)
  1. I002-3 救急患者精神科継続支援料
  1. I003 標準型精神分析療法(1回につき)
  1. I003-2 認知療法・認知行動療法(1日につき)
  1. I004 心身医学療法(1回につき)
  1. I005 入院集団精神療法(1日につき)
  1. I006 通院集団精神療法(1日につき)
  1. I006-2 依存症集団療法(1回につき)
  1. I007 精神科作業療法(1日につき)
  1. I008 入院生活技能訓練療法
  1. I008-2 精神科ショート・ケア(1日につき)
  1. I009 精神科デイ・ケア(1日につき)
  1. I010 精神科ナイト・ケア(1日につき)
  1. I010-2 精神科デイ・ナイト・ケア(1日につき)
  1. I011 精神科退院指導料
  1. I011-2 精神科退院前訪問指導料
  1. I012 精神科訪問看護・指導料
  1. I012-2 精神科訪問看護指示料
  1. I013 抗精神病特定薬剤治療指導管理料
  1. I014 医療保護入院等診療料
  1. I015 重度認知症患者デイ・ケア料(1日につき)
  1. I016 精神科在宅患者支援管理料(月1回)
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第8部 精神科専門療法第1節 精神科専門療法料 > I008-2 精神科ショート・ケア(1日につき)

I008-2 精神科ショート・ケア(1日につき)

  1.   1 小規模なもの
    275点
  2.   2 大規模なもの
    330点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

1 1については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行われる場合に算定する。

2 2については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして 地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、疾患等に応じた診療計画を作 成して行われる場合に算定する。

3 精神科ショート・ケア、精神科デイ・ケア、精神科ナイト・ケア又は精神科デ イ・ナイト・ケアのいずれかを最初に算定した日から起算して1年を超える期間 に行われる場合には、週5日を限度として算定する。ただし、週3日を超えて算 定する場合にあっては、患者の意向を踏まえ、必要性が特に認められる場合に限 る。

4 精神科ショート・ケア、精神科デイ・ケア、精神科ナイト・ケア又は精神科デ イ・ナイト・ケアのいずれかを最初に算定した日から起算して1年以内の期間に 行われる場合にあっては、早期加算として、20点を所定点数に加算する。

5 当該保険医療機関において、入院中の患者であって、退院を予定しているもの(区分番号I011に掲げる精神科退院指導料を算定したものに限る。)に対し て、精神科ショート・ケアを行った場合には、入院中1回に限り、所定点数の 100分の50に相当する点数を算定する。

6 精神科ショート・ケアを算定した場合は、区分番号I009に掲げる精神科デ イ・ケア、区分番号I010に掲げる精神科ナイト・ケア、区分番号I010- 2に掲げる精神科デイ・ナイト・ケア及び区分番号I015に掲げる重度認知症 患者デイ・ケア料は算定しない。

7 1については、40歳未満の患者に対して、当該患者と類似の精神症状を有する 複数の患者と共通の計画を作成し、当該計画について文書により提供し、当該患 者の同意を得た上で、当該計画に係る複数の患者と同時に精神科ショート・ケア を実施した場合に、治療開始日から起算して5月を限度として、週1回に限り、 疾患別等専門プログラム加算として、200点を所定点数に加算する。ただし、精 神科の医師が特に必要性を認めた場合は、治療開始日から起算して2年を限度と して、更に週1回かつ計20回に限り算定できる。

通知

(1) 精神科ショート・ケアは、精神疾患を有するものの地域への復帰を支援するため、社 会生活機能の回復を目的として個々の患者に応じたプログラムに従ってグループごとに 治療するものであり、実施される内容の種類にかかわらず、その実施時間は患者1人当 たり1日につき3時間を標準とする。なお、治療上の必要がある場合には、病棟や屋外

など、専用の施設以外において当該療法を実施することも可能であること。

(2) 「大規模なもの」については、多職種が共同して疾患等に応じた診療計画を作成した場 合に算定する。なお、診療終了後に当該計画に基づいて行った診療方法や診療結果につ いて評価を行い、その要点を診療録等に記載している場合には、参加者個別のプログラ ムを実施することができる。

(3) 精神科ショート・ケアは入院中の患者以外の患者に限り算定する。精神科ショート・ ケアを算定している患者に対しては、同一日に行う他の精神科専門療法(他の保険医療 機関において実施するものも含む。)は、別に算定できない。ただし、他の医療機関に 入院中の患者であって、退院を予定しているもの(区分番号「I011」に掲げる精神科 退院指導料を算定したもの又は区分番号「A318」地域移行機能強化病棟入院料を算 定している患者であって、指定特定相談支援事業者等において、退院後の生活を念頭に 置いたサービス等利用計画が作成されているものに限る。)に対しては、退院支援の一 環として、当該他の医療機関の入院中1回に限り算定できる。この場合、当該他の医療 機関に照会を行い、退院を予定しているものであること、入院料等について他医療機関 を受診する場合の取扱いがなされていること、他の医療機関を含め、入院中に精神科シ ョート・ケアの算定のないことを確認すること。また、精神科ショート・ケアに引き続 き、同一日に、患家又は社会復帰施設等において精神科訪問看護・指導を行う場合は、 退院後3か月以内に限り、精神科訪問看護・指導料を算定できるものとする。

(4) 同一の保険医療機関で精神科ショート・ケア、精神科デイ・ケア、精神科ナイト・ケ ア又は精神科デイ・ナイト・ケア(以下「精神科デイ・ケア等」という。)を開始した日 から起算して1年を超える場合には、精神科ショート・ケアの実施回数にかかわらず、 算定は1週間に5日を限度とする。ただし、週4日以上算定できるのは、以下のいずれ も満たす場合に限られること。

ア 少なくとも6月に1回以上医師が精神科デイ・ケア等の必要性について精神医学的 な評価を行っていること。継続が必要と判断した場合には、その理由を診療録に記載 すること。

イ 少なくとも6月に1回以上、精神保健福祉士又は公認心理師が患者の意向を聴取し ていること。

ウ 精神保健福祉士等が聴取した患者の意向を踏まえ、医師を含む多職種が協同して、 患者の意向及び疾患等に応じた診療計画を作成していること。診療計画には、短期目 標及び長期目標、必要なプログラム内容と実施頻度、精神科デイ・ケア等を必要とす る期間等を記載すること。医師は、作成した診療計画を患者又は家族等に説明し、精 神科デイ・ケア等の実施について同意を得ること。

エ 当該保険医療機関が以下のいずれかの要件を満たしていること。

(イ) 直近6月の各月について、次の(a)に掲げる数を(b)に掲げる数で除して算出し た数値の平均が 0.8 未満であること。

(a) 当該月において、14 回以上精神科デイ・ケア等を実施した患者の数

(b) 当該月において、1回以上精神科デイ・ケア等を実施した患者の数

(ロ) 直近1か月に1回以上精神科デイ・ケア等を実施した患者について、当該保険 医療機関の精神科デイ・ケア等を最初に算定した月から当該月末までの月数の平

均が、12 か月未満であること。

(5) 月 14 回以上精神科デイ・ケア等を実施した患者の数等について、毎年 10 月に「別紙様 式 31」を用いて地方厚生(支)局長に報告すること。

(6) 精神科ショート・ケアと精神科デイ・ケア又は精神科ナイト・ケアの届出を併せて行っ ている保険医療機関にあっては、精神科ショート・ケアと精神科デイ・ケア又は精神科ナ イト・ケアを各々の患者に対して同時に同一施設で実施することができる。この場合、精 神科デイ・ケア又は精神科ナイト・ケアを算定する患者は、各々に規定する治療がそれぞ れ実施されている場合に限り、それぞれ算定できる。なお、同一日に実施される精神科シ ョート・ケアの対象患者数と精神科デイ・ケア又は精神科ナイト・ケアの対象患者数の合 計は、精神科デイ・ケア又は精神科ナイト・ケアの届出に係る患者数の限度を超えること はできない。この場合において、精神科ショート・ケアの対象患者数の計算に当たっては、 精神科デイ・ケアの対象患者数の2分の1として計算する。

(7) 当該療法に要する消耗材料等については、当該保険医療機関の負担とする。

(8) 「注4」に掲げる早期加算の対象となる患者は、当該療法の算定を開始してから1年 以内又は精神病床を退院して1年以内の患者であること。

(9 ) 「 注 5 」 については、 入院中の患者であって、 退院を予定しているもの( 区分番号

「Ⅰ011」に掲げる精神科退院指導料を算定したもの又は区分番号「A318」地域 移行機能強化病棟入院料を算定している患者であって、指定特定相談支援事業者等にお いて、退院後の生活を念頭に置いたサービス等利用計画が作成されているものに限る。) に対して、精神科ショート・ケアを行う場合に、入院中1回に限り算定できる。

(10) 「注7」については、概ね 40 歳未満の患者で構成される 10 人以下の患者グループに 対し、あらかじめ治療内容や到達目標を示した治療計画を作成し、個々の患者に説明し、 治療の目的について患者本人が理解できるよう文書で説明し同意を得た上で、治療計画 に従って、2名の従事者が当該患者グループに対し精神科ショート・ケアを実施した場 合に、40 歳未満の患者についてそれぞれ算定する。当該加算は、あらかじめ治療計画に 記載された治療期間のみ算定できる。一連の治療計画に従って精神科ショート・ケアを 実施している間は、患者グループを構成する患者は固定されることが望ましいが、患者 グループの人数が 10 人に満たない場合であって、既に患者グループを構成する患者の治 療に支障のない場合には、治療計画の途中で新たな患者を患者グループに加えることも 差し支えない。なお、自閉症スペクトラム及びその近縁の発達障害の患者に対する精神 科ショート・ケアの実施に当たっては、「発達障害専門プログラム」(日本医療研究開 発機構「発達障害者の特性をふまえた精神科ショートケア・プログラムの開発と臨床応 用に関する研究」において作成)を参考に行うことが望ましい。

(11) 「注7」の対象患者は、自閉症スペクトラム及びその近縁の発達障害、薬物依存症又 は病的賭博のいずれかの疾患を有する患者又はこれらの複数の疾患を併せ持つ患者とす る。一連の治療計画において治療の対象となる疾患はいずれか一つであり、例えば自閉 症スペクトラムの治療のために精神科ショート・ケアを実施する患者と薬物依存症のた めに精神科ショート・ケアを実施する患者が、治療計画を共有する同一の患者グループ を構成することはできない。また、入院中の患者についても注7の加算を算定すること ができるが、この場合「注5」の規定における「所定点数」には注7の加算を含まない

こと。

(12) 入院中の患者が精神科ショート・ケアを行う場合は、対象患者数に含めること。

(13) 精神科ショート・ケアを行った場合は、その要点及び診療時間を診療録等に記載する。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!