(一般処置)
  1. J000 創傷処置
  1. J001 熱傷処置
  1. J001-2 絆創膏固定術
  1. J001-3 鎖骨又は肋骨骨折固定術
  1. J001-4 重度 褥 瘡処置(1日につき)
  1. J001-5 長期療養患者 褥 瘡等処置(1日につき)
  1. J001-6 精神病棟等長期療養患者 褥 瘡等処置(1日につき)
  1. J001-7 爪甲除去(麻酔を要しないもの)
  1. J001-8 穿刺排膿後薬液注入
  1. J001-9 空洞切開術後ヨードホルムガーゼ処置(1日につき)
  1. J001-10 静脈圧迫処置(慢性静脈不全に対するもの)
  1. J002 ドレーン法(ドレナージ)(1日につき)
  1. J003 局所陰圧閉鎖処置(入院)(1日につき)
  1. J003-2 局所陰圧閉鎖処置(入院外)(1日につき)
  1. J003-3 局所陰圧閉鎖処置(腹部開放創)(1日につき)
  1. J003-4 多血小板血 漿 処置
  1. J004 流注膿瘍穿刺
  1. J005 脳室穿刺
  1. J006 後頭下穿刺
  1. J007 頸椎、胸椎又は腰椎穿刺
  1. J007-2 硬膜外自家血注入
  1. J008 胸腔穿刺(洗浄、注入及び排液を含む。)
  1. J009 削除
  1. J010 腹腔穿刺(人工気腹、洗浄、注入及び排液を含む。)
  1. J010-2 経皮的肝膿瘍等穿刺術
  1. J011 骨髄穿刺
  1. J012 腎嚢胞又は水腎症穿刺
  1. J013 ダグラス窩穿刺
  1. J014 乳腺穿刺
  1. J015 甲状腺穿刺
  1. J016 リンパ節等穿刺
  1. J017 エタノールの局所注入
  1. J017-2 リンパ管腫局所注入
  1. J018 喀痰吸引(1日につき)
  1. J018-2 内視鏡下気管支分泌物吸引(1日につき)
  1. J018-3 干渉低周波去痰器による喀痰排出(1日につき)
  1. J019 持続的胸腔ドレナージ(開始日)
  1. J019-2 削除
  1. J020 胃持続ドレナージ(開始日)
  1. J021 持続的腹腔ドレナージ(開始日)
  1. J022 高位浣腸、高圧浣腸、洗腸
  1. J022-2 摘便
  1. J022-3 腰椎麻酔下直腸内異物除去
  1. J022-4 腸内ガス排気処置(開腹手術後)
  1. J022-5 持続的難治性下痢便ドレナージ(開始日)
  1. J023 気管支カテーテル薬液注入法
  1. J024 酸素吸入(1日につき)
  1. J024-2 突発性難聴に対する酸素療法(1日につき)65点J025
  1. J025 酸素テント(1日につき)
  1. J026 間歇的陽圧吸入法(1日につき)
  1. J026-2 鼻マスク式補助換気法(1日につき)
  1. J026-3 体外式陰圧人工呼吸器治療(1日につき)
  1. J026-4 ハイフローセラピー(1日につき)
  1. J027 高気圧酸素治療(1日につき)
  1. J028 インキュベーター(1日につき)
  1. J029 鉄の肺(1日につき)
  1. J029-2 減圧タンク療法
  1. J030 食道ブジー法
  1. J031 直腸ブジー法
  1. J032 肛門拡張法(徒手又はブジーによるもの)
  1. J033 削除
  1. J034 イレウス用ロングチューブ挿入法
  1. J034-2 経鼻栄養・薬剤投与用チューブ挿入術
  1. J034-3 内視鏡的結腸軸捻転解除術(一連につき)
  1. J035 削除
  1. J036 非還納性ヘルニア徒手整復法
  1. J037 痔核嵌頓整復法(脱肛を含む。)
  1. J038 人工腎臓(1日につき)
  1. J038-2 持続緩徐式血液濾過(1日につき)
  1. J039 血 漿 交換療法(1日につき)
  1. J040 局所灌流(1日につき)
  1. J041 吸着式血液浄化法(1日につき)
  1. J041-2 血球成分除去療法(1日につき)
  1. J042 腹膜灌流(1日につき)
  1. J043 新生児高ビリルビン血症に対する光線療法(1日につき)
  1. J043-2 瀉血療法
  1. J043-3 ストーマ処置(1日につき)
  1. J043-4 経管栄養・薬剤投与用カテーテル交換法
  1. J043-5 尿路ストーマカテーテル交換法
  1. J043-6 人工膵臓療法(1日につき)
  1. J043-7 経会陰的放射線治療用材料局所注入
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第9部 処置第1節 処置料(一般処置) > J001-10 静脈圧迫処置(慢性静脈不全に対するもの)

J001-10 静脈圧迫処置(慢性静脈不全に対するもの)

  1. J001-10 静脈圧迫処置(慢性静脈不全に対するもの)
    200点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行われる場合に限り算定する。

2 初回の処置を行った場合は、静脈圧迫処置初回加算として、初回に限り150点 を所定点数に加算する。

通知

(1) 静脈圧迫処置は、慢性静脈不全による難治性潰瘍の患者であって、次のいずれにも該当す

る場合に、月に1回に限り、3月を限度として算定する。ただし、初回の潰瘍の大きさが 1 00cm2を超える場合は6月を限度として算定する。

ア 2週間以上持続し、他の治療法によっては治癒又は改善しない下肢の難治性潰瘍を有す る患者である場合。

イ 次のいずれかの方法により、慢性静脈不全と診断された患者であって、それ以外の原因 が否定されている場合。

① 下肢静脈超音波検査により、表在静脈において 0.5 秒、深部静脈において1秒を超 える逆流所見が認められる場合又は深部静脈において有意な閉塞所見が認められる場 合

② 動脈性静脈性混合性潰瘍が疑われる場合であって、足関節上腕血圧比(ABI)検 査 0.5 以上の場合

(2) 静脈圧迫処置は、専任の医師が直接行うもの又は専任の医師の指導の下、専任の看護師が 行うものについて算定する。なお、当該医師又は看護師は、関連学会が主催する所定の研修 会を受講していること。

(3) 静脈圧迫処置は、弾性着衣又は弾性包帯による圧迫、圧迫下の運動及び患肢のスキンケア によるセルフケア指導を適切に組み合わせて、処置及び指導を行った場合に算定する。

(4) 関連学会が定める指針等を遵守すること。

(5) 診療報酬の請求に当たって、診療報酬明細書の摘要欄に、難治性潰瘍の所見(潰瘍の持続 期間、部位、深達度及び面積を含む。)、これまでの治療経過、慢性静脈不全と診断した根 拠(下肢静脈超音波検査等の所見)、静脈圧迫処置を必要とする医学的理由及び指導内容に ついて記載すること。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!