令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第9部 処置第1節 処置料(栄養処置) > J120 鼻腔栄養(1日につき)

J120 鼻腔栄養(1日につき)

  1. J120 鼻腔栄養(1日につき)
    60点

1 区分番号C105に掲げる在宅成分栄養経管栄養法指導管理料、区分番号C1 05-2に掲げる在宅小児経管栄養法指導管理料、区分番号C105-3に掲げる在宅半固形栄養経管栄養法指導管理料又は区分番号C109に掲げる在宅寝たきり患者処置指導管理料を算定している患者に対して行った鼻腔栄養の費用は算定しない。

2 間歇的経管栄養法によって行った場合には、間歇的経管栄養法加算として、1日につき60点を所定点数に加算する。

通知

(1) 鼻腔栄養は、注入回数の如何を問わず1日につき算定するものである。

(2) 患者が経口摂取不能のため、薬価基準に収載されている高カロリー薬を経鼻経管的に投 与した場合は鼻腔栄養の所定点数及び薬剤料を算定し、食事療養に係る費用又は生活療養 の食事の提供たる療養に係る費用及び投薬料は別に算定しない。

(3) 患者が経口摂取不能のため、薬価基準に収載されていない流動食を提供した場合は、鼻 腔栄養の所定点数及び食事療養に係る費用又は生活療養の食事の提供たる療養に係る費用 を算定する。この場合において、当該保険医療機関が入院時食事療養(Ⅰ)又は入院時生活 療養(Ⅰ)の届出を行っているときは入院時食事療養(Ⅰ)又は入院時生活療養(Ⅰ)の食事の 提供たる療養に係る費用を、さらに、特別食の算定要件を満たしているときは特別食の加 算をそれぞれ算定する。

(4) 薬価基準に収載されている高カロリー薬及び薬価基準に収載されていない流動食を併せ て投与及び提供した場合は、(2)又は(3)のいずれかのみにより算定する。

(5) 胃瘻より流動食を点滴注入した場合は、鼻腔栄養に準じて算定する。

(6) 区分番号「C105」在宅成分栄養経管栄養法指導管理料、区分番号「C105-2」 在宅小児経管栄養法指導管理料、区分番号「C105-3」在宅半固形栄養経管栄養法指 導管理料又は区分番号「C109」在宅寝たきり患者処置指導管理料を算定している患者

(これらに係る在宅療養指導管理材料加算、薬剤料又は特定保険医療材料料のみを算定し ている者を含み、入院中の患者及び医療型短期入所サービス費又は医療型特定短期入所サ ービス費を算定している短期入所中の者を除く。)については、鼻腔栄養の費用は算定で きない。

(ギプス)

1 一般的事項

(1) ギプス包帯をギプスシャーレとして切割使用した場合は、ギプス包帯を作成した保険医療 機関もギプス包帯の切割使用に係る点数を算定できる。

(2) 既装着のギプスを他の保険医療機関で除去したときは、ギプス除去料としてギプス包帯を 切割使用した場合の2分の1に相当する点数により算定する。

(3) ギプスベッド又はギプス包帯の修理を行ったときは、修理料として所定点数の 100 分の 1

0 に相当する点数を算定することができる。

(4) プラスチックギプスを用いてギプスを行った場合にはシーネとして用いた場合が含まれる。

(5) ギプスシーネは、ギプス包帯の点数(ギプス包帯をギプスシャーレとして切割使用した場

合の各区分の所定点数の 100 分の 20 に相当する点数を算定する場合を除く。)により算定 する。

(6) 四肢ギプス包帯の所定点数にはプラスチックギプスに係る費用が含まれ、別に算定できな い。

2 練習用仮義足又は仮義手採型法 練習用仮義足又は仮義手の処方、採型、装着、調整等については、仮義足又は仮義手を支給

する1回に限り算定する。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。