製品名 サノレックス錠0.5mg

一般名
Mazindol
薬効分類
中枢神経薬(その他)
 >食欲抑制薬
価格
0.5mg1錠:188.6円/錠

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • あらかじめ適用した食事療法及び運動療法の効果が不十分な高度肥満症(肥満度が+70%以上又はBMIが35以上)における食事療法及び運動療法の補助

用法・用量

  • 本剤は肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の高度肥満症患者に対して、食事療法及び運動療法の補助療法として用いる。
    通常、成人には、マジンドールとして0.5mg(1錠)を1日1回昼食前に経口投与する。1日最高投与量はマジンドールとして1.5mg(3錠)までとし、2~3回に分けて食前に経口投与するが、できる限り最小有効量を用いること。
    投与期間はできる限り短期間とし、3ヵ月を限度とする。なお、1ヵ月以内に効果のみられない場合は投与を中止すること。
禁忌

【警告】

  • 本剤の主要な薬理学的特性はアンフェタミン類と類似しており、本剤を投与する際は、依存性について留意すること。また、海外においては食欲抑制剤の多くで数週間以内に薬物耐性がみられるとの報告がある。
  • 本剤の適用にあたっては、使用上の注意に留意し、用法・用量、効能・効能を厳守すること。
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 緑内障の患者[眼内圧が上昇するおそれがある。]
  • 重症の心障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 重症の膵障害のある患者[インスリン分泌抑制作用を有する。]
  • 重症の腎・肝障害のある患者[代謝又は排泄が遅延するおそれがある。]
  • 重症高血圧症の患者[カテコラミンの昇圧作用を増強する。]
  • 脳血管障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 不安・抑うつ・異常興奮状態の患者及び統合失調症等の精神障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 薬物・アルコール乱用歴のある患者[このような患者では一般に依存性、乱用が起こりやすいと考えられる。]
  • MAO阻害剤投与中又は投与中止後2週間以内の患者(「3.相互作用」の項参照)
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 小児(「7.小児等への投与」の項参照)
副作用
(頻度不明)
依存性
本剤の主要な薬理学的特性はアンフェタミン類と類似しており、サルでの静脈内薬物自己摂取試験においては摂取頻度の増加がみられ、精神依存の形成が認められている。
イヌでの22ヵ月間経口投与による慢性毒性試験においては幻覚様異常行動がみられている。
この点に関し、ヒトにおける長期投与による依存性・精神症状の発現は明確ではないが、本剤を投与する際は、依存性について留意すること。(アンフェタミンをはじめとする中枢興奮剤は耐性及び精神依存を形成することが知られている。)
肺高血圧症
本剤投与中に肺高血圧症があらわれたとの報告があるので観察を十分に行い、労作性呼吸困難、胸痛、失神等の症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
注意

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

糖尿病の患者[インスリン、経口糖尿病剤の必要量が変化することがある。]
精神病の既往歴のある患者(「禁忌」(8)の項参照)
てんかん又はその既往歴のある患者[本剤の副作用で痙攣が報告されており、発作を誘発するおそれがある。]
高齢者(「5.高齢者への投与」の項参照)

重要な基本的注意

本剤投与中に肺高血圧症があらわれたとの報告があり、また、海外で、食欲抑制剤の長期投与により肺高血圧症の発症の危険性が増加するとの報告があるので、本剤を3ヵ月を超えて投与しないこと。
急激な減量による心血管系の合併症のリスクを避けるため本剤投与中は体重の推移に注意すること。
本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。

適用上の注意

薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)

用法・用量に関連する使用上の注意

食事量、体重の推移、食生活等に留意の上、常に投与継続の可否、投与量について注意すること。
本剤は、睡眠障害を引き起こすことがあるので夕刻の投与は避けること。

効能・効果に関連する使用上の注意

肥満症治療の基本である食事療法及び運動療法をあらかじめ適用し、その効果が不十分な高度肥満症患者にのみ、本剤の使用を考慮すること。
本剤は肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の高度肥満症であることを確認した上で適用を考慮すること。
肥満度(%)=(実体重-標準体重)/標準体重×100
BMI(Body Mass Index)=体重(kg)/身長(m)2
内分泌性肥満、遺伝性肥満、視床下部性肥満等の症候性(二次性)肥満患者においては、原疾患の治療を優先させること。

高齢者への投与

市販後調査で収集した安全性解析対象症例において、高齢者における副作用発現症例率は、65歳未満の症例に比べて高い傾向が認められている。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと。[動物実験(ラット)で母獣に毒性のあらわれる大量投与により胎児毒性(体重増加の抑制、出生率の低下等)が報告されている。]
授乳中の婦人には投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている。]

小児等への投与

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児には投与しないこと。[安全性は確立していない。]

薬物動態

健康成人にマジンドール2mgを1回経口投与し、マジンドール未変化体の血漿中濃度及び尿中排泄量を検討した。(本剤の用法及び用量は、1回0.5mgで、1日量1.5mgである。)
血中濃度
最高血漿中濃度は投与2時間後に得られ、その値は約2.81ng/mLであった。また、血漿中半減期は約9時間であった。
健康成人にマジンドール2mgを経口投与後の平均血漿中濃度の推移
(n=12、mean±S.E.)
排泄
尿中排泄は投与後72時間でほぼ終了し、未変化体の総排泄量は投与量の約4.5%であった。