製品名 安息香酸ナトリウムカフェイン

一般名
薬効分類
鎮痛・解熱薬
 >カフェイン
価格
1g:7.2円/g

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • ねむけ、けん怠感
  • 血管拡張性及び脳圧亢進性頭痛(片頭痛、高血圧性頭痛、カフェイン禁断性頭痛など)

用法・用量

  • 安息香酸ナトリウムカフェインとして、通常成人1回0.1~0.6gを1日2~3回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
禁忌
副作用
注意

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

胃潰瘍又はその既往歴のある患者〔胃液分泌を促進するため、悪影響を及ぼすおそれがある〕
心疾患のある患者〔徐脈又は頻脈を起こすことがある〕
緑内障の患者〔症状が悪化するおそれがある〕

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

妊婦、授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人および授乳婦には、長期連用を避けること。〔カフェインは胎盤を通過し、また、母乳中に容易に移行する〕