製品名 KM散

一般名
薬効分類
胃腸薬・止痢薬・整腸薬・下剤
 >健胃薬
価格
1g:6.2円/g

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 下記消化器症状の改善

    • 食欲不振、胃部不快感、胃もたれ、嘔気・嘔吐

用法・用量

  • 通常成人は1回1.3g、7才~14才は1/2量、4才~6才は1/3量を1日3回食後服用する。
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 透析療法を受けている患者[長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれるおそれがある。]
  • ナトリウム摂取制限を必要とする患者(高ナトリウム血症、浮腫、妊娠中毒症等)[ナトリウムの貯留増加により症状が悪化するおそれがある。]
  • 高カルシウム血症の患者[血中カルシウム濃度が上昇し、症状が悪化するおそれがある。]
  • 甲状腺機能低下症又は副甲状腺機能亢進症の患者[血中カルシウム濃度の上昇により病態に悪影響を及ぼすおそれがある。]
副作用
(頻度不明)
ショック、アナフィラキシー様症状
ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
注意

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

重篤な消化管潰瘍のある患者[炭酸水素ナトリウムを配合しているため、症状が悪化するおそれがある。]
腎不全の患者[排泄障害により副作用があらわれることがある。]
心機能障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
肺機能障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
リン酸塩低下のある患者[アルミニウムにより無機リンの吸収が阻害される。]
低クロル性アルカローシス等の電解質失調の患者[症状が悪化するおそれがある。]