製品名 リドカイン注射液(0.5%)
リドカイン注射液(1%)
リドカイン注射液(2%)

一般名
Lidocaine
薬効分類
局所麻酔薬
 >局所麻酔薬(アミド型)
価格
0.5%10mLバイアル:9.2円/mLV
1%10mLバイアル:9.5円/mLV
2%10mLバイアル:13.6円/mLV

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • リドカイン注射液(0.5%)

    リドカイン注射液(0.5%)硬膜外麻酔、伝達麻酔、浸潤麻酔
  • リドカイン注射液(1%)

    リドカイン注射液(1%)硬膜外麻酔、伝達麻酔、浸潤麻酔、表面麻酔
  • リドカイン注射液(2%)

    リドカイン注射液(2%)硬膜外麻酔、伝達麻酔、浸潤麻酔、表面麻酔

用法・用量

  • リドカイン注射液(0.5%)

    • 塩酸リドカインとして、通常成人1回200mg(0.5%の場合40mL)を基準最高用量とする。ただし、年齢、麻酔領域、部位、組織、症状、体質により適宜増減する。
      なお、各種麻酔法による用量は次表のとおりである(mg数は塩酸リドカインとしての投与量、括弧内mL数は各濃度における注射液の投与量を示す)。
      麻酔方法種類リドカイン注射液(0.5%)
      硬膜外麻酔25~150mg
      (5~30mL)
      交感神経遮断25~100mg
      (5~20mL)
      伝達麻酔15~200mg
      (3~40mL)
      指趾神経遮断15~50mg
      (3~10mL)
      肋間神経遮断25mgまで
      (5mLまで)
      浸潤麻酔10~200mg
      (2~40mL)
      表面麻酔
  • リドカイン注射液(1%)

    • 塩酸リドカインとして、通常成人1回200mg(1%の場合20mL)を基準最高用量とする。ただし、年齢、麻酔領域、部位、組織、症状、体質により適宜増減する。
      なお、各種麻酔法による用量は次表のとおりである(mg数は塩酸リドカインとしての投与量、括弧内mL数は各濃度における注射液の投与量を示す)。
      麻酔方法種類リドカイン注射液(1%)
      硬膜外麻酔100~200mg
      (10~20mL)
      交感神経遮断
      伝達麻酔30~200mg
      (3~20mL)
      指趾神経遮断30~100mg
      (3~10mL)
      肋間神経遮断50mgまで
      (5mLまで)
      浸潤麻酔20~200mg
      (2~20mL)
      表面麻酔適量を塗布又は噴霧する。
  • リドカイン注射液(2%)

    • 塩酸リドカインとして、通常成人1回200mg(2%の場合10mL)を基準最高用量とする。ただし、年齢、麻酔領域、部位、組織、症状、体質により適宜増減する。
      なお、各種麻酔法による用量は次表のとおりである(mg数は塩酸リドカインとしての投与量、括弧内mL数は各濃度における注射液の投与量を示す)。
      麻酔方法種類リドカイン注射液(2%)
      硬膜外麻酔200mg
      (10mL)
      交感神経遮断
      伝達麻酔40~200mg
      (2~10mL)
      指趾神経遮断60~120mg
      (3~6mL)
      肋間神経遮断
      浸潤麻酔40~200mg
      (2~10mL)
      表面麻酔適量を塗布又は噴霧する。
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

○印は各麻酔方法での該当する項目
項目\麻酔方法硬膜外麻酔伝達・浸潤麻酔表面麻酔
(1)大量出血やショック状態の患者[過度の血圧低下が起こることがある。]
(2)注射部位又はその周辺に炎症のある患者[化膿性髄膜炎症状を起こすことがある。]
(3)敗血症の患者[敗血症性の髄膜炎を生じるおそれがある。]
(4)本剤の成分又はアミド型局所麻酔薬に対し過敏症の既往歴のある患者
副作用
○印は各麻酔方法での該当する項目
項目\麻酔方法硬膜外麻酔伝達・浸潤麻酔表面麻酔
1)ショック(頻度不明):徐脈、不整脈、血圧低下、呼吸抑制、チアノーゼ、意識障害等を生じ、まれに心停止を来すことがある。また、まれにアナフィラキシーショックを起こしたとの報告があるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、適切な処置を行うこと。
2)意識障害、振戦、痙攣(頻度不明):意識障害、振戦、痙攣等の中毒症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。(「8.過量投与」の項参照)
3)異常感覚、知覚・運動障害(頻度不明):注射針又はカテーテルの留置時に神経(神経幹、神経根)に触れることにより一過性の異常感覚が発現することがある。また、神経が注射針や薬剤あるいは虚血によって障害を受けると、まれに持続的な異常感覚、疼痛、知覚障害、運動障害、硬膜外麻酔では膀胱直腸障害等の神経学的疾患があらわれることがある。
4)悪性高熱(頻度不明):まれに原因不明の頻脈・不整脈・血圧変動、急激な体温上昇、筋強直、血液の暗赤色化(チアノーゼ)、過呼吸、発汗、アシドーシス、高カリウム血症、ミオグロビン尿(ポートワイン色尿)等を伴う重篤な悪性高熱があらわれることがある。本剤を投与中、悪性高熱に伴うこれらの症状を認めた場合は、直ちに投与を中止し、ダントロレンナトリウムの静注、全身冷却、純酸素による過換気、酸塩基平衡の是正等、適切な処置を行うこと。また、本症は腎不全を続発することがあるので、尿量の維持を図ること。
注意

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

○印は各麻酔方法での該当する項目
項目\麻酔方法硬膜外麻酔伝達・浸潤麻酔表面麻酔
(1)中枢神経系疾患:髄膜炎、灰白脊髄炎、脊髄ろう等の患者及び脊髄・脊椎に腫瘍又は結核等のある患者[硬膜外麻酔により病状が悪化するおそれがある。]
(2)血液凝固障害や抗凝血薬投与中の患者[出血しやすく、血腫形成や脊髄への障害を起こすことがあるので、やむを得ず投与する場合は観察を十分に行うこと。]
(3)脊柱に著明な変形のある患者[脊髄や神経根の損傷のおそれがあり、また麻酔範囲の予測も困難であるので、やむを得ず投与する場合は患者の全身状態の観察を十分に行うこと。]
(4)妊産婦(「6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
(5)腹部腫瘤のある患者[仰臥位性低血圧を起こしやすく、麻酔範囲が広がりやすい。麻酔中はさらに増悪することがあるので、投与量の減量を考慮するとともに、患者の全身状態の観察を十分に行うこと。]
(6)重篤な高血圧症、心弁膜症等の心血管系に著しい障害のある患者[血圧低下や病状の悪化が起こりやすいので、患者の全身状態の観察を十分に行うこと。]
(7)高齢者(「5.高齢者への投与」及び「2.重要な基本的注意」の項参照)
(8)全身状態が不良な患者[生理機能の低下により麻酔に対する忍容性が低下していることがある。](「2.重要な基本的注意」の項参照)
(9)心刺激伝導障害のある患者[症状を悪化させることがある。]
(10)重篤な肝機能障害又は腎機能障害のある患者[中毒症状が発現しやすくなる。]

重要な基本的注意

○印は各麻酔方法での該当する項目
項目\麻酔方法硬膜外麻酔伝達・浸潤麻酔表面麻酔
(1)まれにショックあるいは中毒症状を起こすことがあるので、本剤の投与に際しては、十分な問診により患者の全身状態を把握するとともに、異常が認められた場合に直ちに救急処置のとれるよう、常時準備をしておくこと。なお、事前の静脈路確保が望ましい。
(2)本剤の投与に際し、その副作用を完全に防止する方法はないが、ショックあるいは中毒症状をできるだけ避けるために、次の諸点に留意すること。
1)患者の全身状態の観察を十分に行うこと。
2)できるだけ薄い濃度のものを用いること。
3)できるだけ必要最少量にとどめること。
(2)本剤の投与に際し、その副作用を完全に防止する方法はないが、ショックあるいは中毒症状をできるだけ避けるために、次の諸点に留意すること。
4)必要に応じて血管収縮剤の併用を考慮すること。
5)注射の速度はできるだけ遅くすること。
6)注射針が、血管又はくも膜下腔に入っていないことを確かめること。
(2)本剤の投与に際し、その副作用を完全に防止する方法はないが、ショックあるいは中毒症状をできるだけ避けるために、次の諸点に留意すること。
7)試験的に注入(test dose)し、注射針又はカテーテルが適切に留置されていることを確認すること。
8)麻酔範囲が予期した以上に広がることにより、過度の血圧低下、徐脈、呼吸抑制を来すことがあるので、麻酔範囲に注意すること。
(2)本剤の投与に際し、その副作用を完全に防止する方法はないが、ショックあるいは中毒症状をできるだけ避けるために、次の諸点に留意すること。
9)血管の多い部位(頭部、顔面、扁桃等)に注射する場合には、吸収が速いので、できるだけ少量を投与すること。
(2)本剤の投与に際し、その副作用を完全に防止する方法はないが、ショックあるいは中毒症状をできるだけ避けるために、次の諸点に留意すること。
10)気道内表面麻酔の場合には吸収が速いので、できるだけ少量を使用すること。
11)外傷、びらん、潰瘍又は炎症部位への投与は吸収が速いので注意すること。(「8.過量投与」の項参照)
(2)本剤の投与に際し、その副作用を完全に防止する方法はないが、ショックあるいは中毒症状をできるだけ避けるために、次の諸点に留意すること。
12)前投薬や術中に投与した鎮静薬、鎮痛薬等による呼吸抑制が発現することがあるので、これらの薬剤を使用する際は少量より投与し、必要に応じて追加投与することが望ましい。なお、高齢者、小児、全身状態が不良な患者、肥満者、呼吸器疾患を有する患者では特に注意し、異常が認められた際には、適切な処置を行うこと。
(3)注射針又はカテーテルが適切に位置していないなどにより、神経障害が生じることがあるので、穿刺に際し異常を認めた場合には本剤の注入を行わないこと。
(4)球後麻酔、眼球周囲麻酔施行時は次の諸点に留意すること。
1)持続性の眼筋運動障害が発現するおそれがあるので、できるだけ薄い濃度で、必要最少量を用いることとし、外眼筋内への注入は避けること。また、血管収縮剤は障害を悪化させることがあるので、必要な場合にのみ使用すること。
2)視神経鞘内への誤注入により、一過性の失明、心肺停止を起こすことがあるので、注射針はできるだけ短く、先の鈍いものを使用することが望ましい。
(5)本剤に血管収縮剤(アドレナリン等)を添加して投与する場合には、血管収縮剤の添付文書に記載されている禁忌、慎重投与、重大な副作用等の使用上の注意を必ず確認すること。

適用上の注意

使用目的
眼科(点眼)用として使用しないこと。

高齢者への投与

[硬膜外麻酔]
一般に高齢者では、麻酔範囲が広がりやすく、生理機能の低下により麻酔に対する忍容性が低下しているので、投与量の減量を考慮するとともに、患者の全身状態の観察を十分に行うなど慎重に投与すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

○印は各麻酔方法での該当する項目
項目\麻酔方法硬膜外麻酔伝達・浸潤麻酔表面麻酔
(1)妊婦等
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
(2)妊産婦
1)妊娠後期の患者には、投与量の減量を考慮するとともに、患者の全身状態の観察を十分に行うなど慎重に投与すること。[妊娠末期は、仰臥位性低血圧を起こしやすく、麻酔範囲が広がりやすい。麻酔中はさらに増悪することがある。](「1.慎重投与」の項参照)
2)旁頸管ブロックにより胎児の徐脈を起こすおそれがある。
*:伝達麻酔

小児等への投与

小児等に対する安全性は確立していない。