製品名 クリアナール内用液8%

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル
一般名
fudosteine
薬効分類
鎮咳・去痰薬
 >去痰薬
価格
8%1mL:9.4円/mL

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 以下の慢性呼吸器疾患における去痰

    • 気管支喘息,慢性気管支炎,気管支拡張症,肺結核,塵肺症,肺気腫,非定型抗酸菌症,びまん性汎細気管支炎

用法・用量

  • 通常,成人には1回5mL(フドステインとして400mg)を1日3回食後経口投与する.
    なお,年齢,症状により適宜増減する.
禁忌
副作用
肝機能障害,黄疸(いずれも頻度不明)
AST(GOT),ALT(GPT),Al-P,LDHの上昇等を伴う肝機能障害や黄疸があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)
類薬(L-カルボシステイン)で,皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることが報告されているので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
注意

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

肝障害のある患者〔肝機能障害のある患者に投与したとき,肝機能が悪化するおそれがある.〕
心障害のある患者〔類薬で心不全のある患者に悪影響を及ぼしたとの報告がある.〕

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること.

妊婦,産婦,授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること.〔ウサギを用いた胎児の器官形成期経口投与試験の600mg/kg(臨床用量の約30倍)で流産,ラットを用いた周産期及び授乳期経口投与試験の2,000mg/kg(臨床用量の約100倍)で出生児の発育抑制がみられている.〕
授乳婦に投与する場合は,授乳を中止させること.〔動物実験(ラット)で乳汁中への移行が認められている.〕

小児等への投与

小児等に対する安全性は確立していない.(使用経験がない.)

薬物動態

血漿中未変化体濃度
健康成人男子に本剤5mL(フドステインとして400mg)を絶食時(投与12時間前より絶食)に経口投与した時の血漿中未変化体濃度は,投与後0.57時間で最高値12.60μg/mLに達し,2.9時間の半減期で消失した.
健康成人男子(絶食時)に本剤5mL(フドステインとして400mg)を経口投与した時の血漿中未変化体の薬物動態パラメータ
Cmax
(μg/mL)
tmax
(h)
t1/2z
(h)
AUC0-∞
(μg・h/mL)
絶食時投与
(n=22)
12.60±4.140.57±0.312.9±0.727.63±4.72
t1/2z:最終相の消失半減期(平均値±標準偏差)
<参考>
健康成人男子にフドステインの錠剤(フドステインとして400mg)を食後及び絶食時(投与12時間前より絶食)に経口投与した時の血漿中未変化体の薬物動態パラメータ
Cmax
(μg/mL)
tmax
(h)
t1/2z
(h)
AUC0-∞
(μg・h/mL)
食後投与
(n=9)
5.69±2.141.17±0.432.7±0.320.49±4.24
絶食時投与
(n=9)
10.19±3.34**0.42±0.13**2.6±0.623.41±6.03
t1/2z:最終相の消失半減期:p<0.05,**:p<0.01(食後投与との比較,t検定)(平均値±標準偏差)

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!