製品名 ヨードコート軟膏0.9%

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル
一般名
Iodine
薬効分類
皮膚科疾患用薬
 >外用(その他)
価格
0.9%1g:63.5円/g

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 褥瘡、皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、下腿潰瘍)

用法・用量

  • 潰瘍面を清拭後、通常1日1回、患部に約3mmの厚さに塗布する。
    (直径4cmあたり3gを目安に塗布する。)
    滲出液の量が多い場合は、1日2回投与する。
禁忌
【禁忌】

次の患者には使用しないこと

  • ヨウ素過敏症の患者
副作用
注意

次の患者には慎重に使用すること

甲状腺機能に異常のある患者[創面から吸収されたヨウ素により症状が悪化するおそれがある。]
重症の熱傷の患者[広範囲の使用により、アシドーシスを起こすおそれがある。]
腎不全の患者[血清中ヨウ素濃度が著しく上昇するおそれがある。]
新生児(「その他の注意」の項参照)
本剤による治療は保存的治療であることに留意し、約2ヵ月間投与しても症状の改善が認められない場合には、外科的療法等を考慮すること。
本剤は熱傷潰瘍を適用としているので、臨床的に潰瘍がみられない熱傷に対しては、他の適切な療法を考慮すること。
投与経路
外用にのみ使用し、経口投与しないこと。
眼科用に使用しないこと。
使用時
汚染を防ぐために、塗布の際、容器の先端が患部に触れないように注意すること。
患部を生理食塩液等で洗浄すること。
交換時には本剤を生理食塩液等で十分に洗浄除去すること。
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には長期にわたる広範囲の使用を避けること。

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!