製品名 ドロレプタン注射液25mg

一般名
Droperidol
薬効分類
鎮静薬(麻酔薬含む)
 >全身麻酔薬
価格
2.5mg1mLバイアル:112円/mLV

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • フェンタニルとの併用による、手術、検査、及び処置時の全身麻酔並びに局所麻酔の補助
  • ドロペリドールの単独投与による麻酔前投薬

用法・用量

  • フェンタニルクエン酸塩との併用による場合

    • 導入麻酔剤として投与する場合には通常成人ドロレプタン注射液0.1~0.2mL/kg(ドロペリドールとして0.25~0.5mg/kg)をフェンタニル注射液0.1~0.2mL/kg(フェンタニルクエン酸塩として7.85~15.7μg/kg)と共に緩徐に静注するか、又はブドウ糖液等に希釈して点滴静注する。
    • 局所麻酔の補助として投与する場合には局所麻酔剤投与10~15分後に通常成人ドロレプタン注射液0.1mL/kg(ドロペリドールとして0.25mg/kg)をフェンタニル注射液0.1mL/kg(フェンタニルクエン酸塩として7.85μg/kg)と共に緩徐に静注する。
    • なお、患者の年齢・症状に応じて適宜増減する。
  • ドロペリドール単独で麻酔前投薬として投与する場合

    • 通常成人ドロレプタン注射液0.02~0.04mL/kg(ドロペリドールとして0.05~0.1mg/kg)を麻酔開始30~60分前に筋注する。
      なお、患者の年齢・症状に応じて適宜増減する。
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 痙攣発作の既往歴のある患者[痙攣を誘発することがある。]
  • 外来患者[麻酔前後の管理が行き届かない。]
  • 重篤な心疾患を有する患者[重篤な副作用が生じる可能性がある。]
  • QT延長症候群のある患者[QT延長が発現したとの報告がある。]
  • 2歳以下の乳児・小児[安全性が確立していない。]
副作用
血圧降下(2.25%)
血圧降下がみられることがあるのでこのような症状があらわれた場合には輸液を行い、更に必要な場合は昇圧剤(アドレナリンを除く)の投与を行うこと。なお、本剤を腰椎麻酔、硬膜外麻酔に併用すると、更に血圧降下を招くおそれがあるので、このような場合には慎重に投与すること。
不整脈(頻度不明)、期外収縮(頻度不明)、QT延長(頻度不明)、心室頻拍(頻度不明)、心停止(頻度不明)
不整脈、期外収縮、QT延長、心室頻拍(Torsades de pointesを含む)、心停止があらわれることがある。
ショック(0.1%未満)
ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
間代性痙攣(0.1%未満)
間代性痙攣があらわれることがある。
悪性症候群(頻度不明)
悪性症候群が発現したとの報告があるので体温上昇、筋硬直、不安、混乱、昏睡、CK(CPK)上昇等があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。ダントロレン、ブロモクリプチン、ECTが効果的であったとの報告がある。
注意

次の患者には慎重に投与すること

MAO阻害剤の投与を受けている患者(「相互作用」の項参照)
肝障害、腎障害のある患者[血中濃度が高くなるため、副作用発現の危険性が増加する。]
パーキンソン病等錐体外路系疾患の患者[過量投与により錐体外路症状を呈することがある。]
β-遮断剤を使用中の患者(「相互作用」の項参照)
心疾患のある患者[QT延長、心室頻拍(Torsades de pointesを含む)が発現したとの報告がある。]
poor risk状態の患者(適宜減量すること。)[錐体外路系症状等の副作用が発現し易い。]
高齢者[錐体外路系症状等の副作用が発現し易い。](「高齢者への投与」の項参照)
褐色細胞腫の患者[異常な血圧上昇を起こすことがある。]
本剤の使用に際しては、一般の全身麻酔剤と同様、必ず気道確保、呼吸管理等の蘇生設備の完備された場所で、麻酔医の管理の下に使用すること
麻酔を行う際にはあらかじめ絶食をさせておくこと。
麻酔を行う際には原則として麻酔前投薬を行うこと。
麻酔中は気道に注意して呼吸・循環に対する観察を怠らないこと
麻酔の深度は手術、検査に必要な最低の深さにとどめること
麻酔前に酸素吸入器、吸引器具、挿管器具等の人工呼吸のできる器具を手もとに準備しておくことが望ましい。
筋肉内注射時
筋肉内注射にあたっては、組織・神経などへの影響を避けるため、下記の点に配慮すること。
神経走行部位を避けるよう注意して注射すること。
繰り返し注射する場合には、同一注射部位を避けること。なお、2歳以下の乳児・小児には投与しないこと。
注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き部位をかえて注射すること。
本剤の用法・用量は、患者の感受性、全身状態、手術々式、麻酔方法等に応じてきめるが、一般にフェンタニルとの併用による導入麻酔・局所麻酔、また本剤単独投与による前投薬は通常次の如く行われている。
導入麻酔剤として
アトロピン硫酸塩水和物など通常の前投薬に引き続き、本剤及びフェンタニルの1回量を緩徐に静注(点滴静注が安全で確実)する。なお症例により、同時にGO、GOF等の吸入麻酔やチアミラール等の静注用全身麻酔剤の併用も行われる。
局所麻酔の補助として
メピバカイン等による持続硬膜外麻酔の補助として本剤を併用する(症例によっては、全身麻酔や気管内挿管を必要としないで手術可能な例もある)。
前投薬として
通常麻酔開始30分~1時間前に本剤1回量の筋注を行う。
投与後10~30分後にはほとんどの例に十分な鎮静効果が得られる。
なお症例により、アトロピン硫酸塩水和物が併用される場合もある。
減量するなど注意すること。[一般に高齢者では生理機能が低下している。]
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
マウスに本剤を投与した試験(15・40mg/kg 妊娠7日目から6日 腹腔内)において、40mg/kg投与群に骨格(胸椎骨、肋骨)異常、生児平均体重の減少が認められている。
血漿中濃度
健康男子3例に3H-ドロペリドール5mgを静注投与した場合、ドロペリドールの血漿中濃度は投与後30分で約30ng/mLに低下し、以後緩やかに漸減した。
投与後96時間以内に投与量の約75%相当の代謝物及び1%未満の未変化体が尿中に排泄された。
また、健康男子9例に3H-ドロペリドール5mgを筋注投与した場合、吸収は速く、その血漿中濃度の推移は静注と類似していた。(外国人のデータ)
(参考:動物)
分布
ラットに3H-ドロペリドール1.6mg/kgを皮下注し、臓器中の放射活性を測定した結果、肝・腎では投与後30分、血液その他の臓器では15分後に最高値を示し、いずれの臓器においても急速に低下し、蓄積傾向は認められなかった。