製品名 ユベラNカプセル100mg
ユベラNソフトカプセル200mg
ユベラN細粒40%

一般名
Tocopherol Nicotinate
dl-α-Tocopheryl Nicotinate
薬効分類
ビタミン製剤等
 >ビタミンE
価格
100mg1カプセル:5.9円/カプセル
200mg1カプセル:9.4円/カプセル
40%1g:20.2円/g

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 下記に伴う随伴症状
    • 高血圧症
  • 高脂質血症
  • 下記に伴う末梢循環障害
    • 閉塞性動脈硬化症

用法・用量

  • カプセル100mg

    通常、成人にはトコフェロールニコチン酸エステルとして1日300~600mg(1日3~6カプセル)を3回に分けて経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • ソフトカプセル200mg

    通常、成人には1日3カプセルを3回に分けて経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
    なお、トコフェロールニコチン酸エステルとしての用法及び用量は、通常、成人には1日300~600mgを3回に分けて経口投与する。
  • 細粒40%

    通常、成人にはトコフェロールニコチン酸エステルとして1日300~600mg(細粒として0.75~1.5g)を3回に分けて経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
禁忌
副作用
注意

適用上の注意

薬剤交付時(カプセル・ソフトカプセル)
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜に刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)

薬物動態

血中濃度
健康成人男子12名にトコフェロールニコチン酸エステルとして600注)mgを食後単回経口投与後、未変化体及びトコフェロール濃度を測定した。
未変化体は投与後6時間で最高血漿中濃度(Cmax=0.615μg/mL)を示し、以後、消失半減期4.3時間で速やかに減少した。また、トコフェロール濃度(内因性トコフェロール濃度を除したもの)は投与後10時間で最高血漿中濃度(Cmax=1.62μg/mL)を示し、以後、消失半減期38.5時間で緩徐に減少した。
トコフェロールニコチン酸エステル単回経口投与時の血漿中未変化体及びα-トコフェロール濃度(Mean±S.E.,n=12)
食事効果
健康成人男子4名にトコフェロールニコチン酸エステルとして600注)mgを経口投与した結果、食後服用は空腹時服用に比べ、最高血漿中濃度は32倍、AUCは29倍高い値を示した。本剤の吸収には食事が強く影響する。
注)600mg単回投与は承認外用量である。

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!