製品名 タチオン点眼用2%

一般名
Glutathione
薬効分類
眼科疾患用薬
 >白内障治療薬
価格
2%1mL:42.2円/mL

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 初期老人性白内障、角膜潰瘍、角膜上皮剥離、角膜炎

用法・用量

  • 溶解液5mL当たり還元型グルタチオンとして100mgを用時溶解し、1回1~2滴を1日3~5回点眼する。
禁忌
副作用
注意

適用上の注意

点眼用にのみ使用すること。
溶解後は出来るだけ速やかに使用すること。(4週間以内)

薬物動態

<参考>
吸収、分布、代謝、排泄(動物)
35S-標識のグルタチオン点眼の家兎眼への移行を、無処置群、角膜損傷群、実験的白内障群について検討した成績は、オートラジオグラフにより各群とも、角膜、前房、虹彩、強膜に強い放射活性を認め、特に角膜損傷群で強い活性を示した。水晶体前嚢には各群とも弱いながらも活性が認められた。また、部位により多少の変動はあるが、点眼15~30分で最高活性を示し、以後漸減した。この放射性物質は、カラムクロマトグラフィーでグルタチオンそのものであって、代謝産物でないことが認められた。水晶体への移行量は、実験的白内障群及び角膜損傷群で無処理群より高い値が得られた。

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!