製品名 タチオン錠50mg
タチオン錠100mg
タチオン散20%

一般名
Glutathione
薬効分類
消化器用薬(その他)
 >肝機能改善薬
価格
50mg1錠:9.1円/錠
100mg1錠:14.5円/錠
20%1g:29.5円/g

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 薬物中毒、アセトン血性嘔吐症(自家中毒、周期性嘔吐症)、金属中毒、妊娠悪阻、妊娠高血圧症候群

用法・用量

  • 還元型グルタチオンとして、通常成人1回50~100mgを1日1~3回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
禁忌
副作用
注意

適用上の注意

薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。[PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。]

薬物動態

<参考>
血中濃度
ラットの胃内又は空腸に35S-glutathione(35S-GSH)を直接投与すると、35S-GSHは小腸より速やかに吸収され、門脈血中にはほとんどがGSHのままの型で吸収される。また、血中でGSHは速やかに血清蛋白と結合し、その約70~80%が蛋白と結合している。
代謝、排泄
ラットに35S-GSHを経口投与したとき、24時間までの尿中排泄率は18.3~38.8%であり、糞中には1.18%排泄された。また、経口投与1時間後の尿中未変化体及び代謝産物の比率は未変化体、Cystein、GSSG及びその他の代謝物がそれぞれ14.3%、33.0%、11.5%及び41.2%であった。