製品名 ハリゾンシロップ100mg/mL

一般名
Amphotericin B
薬効分類
抗真菌薬
 >抗真菌薬(アムホテリシン系)
価格
100mg1mL:54.6円/mL

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 消化管におけるカンジダ異常増殖

用法・用量

  • 通常小児に対し1回0.5~1mL〔アムホテリシンBとして50~100mg(力価)〕を1日2~4回食後経口投与する。
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
副作用
(頻度不明)
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
注意

重要な基本的注意

本剤は、消化管からほとんど吸収されないため全身性の真菌感染症に対しては無効である。

適用上の注意

口腔内カンジダ症
舌で患部に広くゆきわたらせ、できるだけ長く含んだ後、嚥下させること。
服用時
使用前十分振盪して均等な懸濁液とし、経口的にのみ使用すること(注射には使用しないこと)。
一過性の歯の黄変が認められることがあるが、ブラッシングで簡単に除去できる。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦または妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
本剤投与中は授乳を避けさせること。[ヒト母乳中への移行は不明である。]
エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。