製品名 スローケー錠600mg

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル
一般名
Potassium Chloride
薬効分類
電解質・輸液・栄養製剤
 >カリウム製剤
価格
600mg1錠:6.8円/錠

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 低カリウム血症の改善

用法・用量

  • 通常成人は1回2錠を1日2回、食後経口投与する。年齢、症状により適宜増減する。
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 乏尿・無尿(前日の尿量が500mL以下あるいは投与直前の排尿が1時間当り20mL以下)又は高窒素血症がみられる高度の腎機能障害のある患者〔高カリウム血症が悪化する。〕
  • 未治療のアジソン病患者〔高カリウム血症が悪化する。〕
  • 高カリウム血症の患者〔不整脈や心停止を引き起こすおそれがある。〕
  • 消化管通過障害のある患者〔塩化カリウムの局所的な粘膜刺激作用により潰瘍、狭窄、穿孔をきたすことがある。〕
    • 食道狭窄のある患者(心肥大、食道癌、胸部大動脈瘤、逆流性食道炎、心臓手術等による食道圧迫)
    • 消化管狭窄又は消化管運動機能不全のある患者
  • 高カリウム血性周期性四肢麻痺の患者〔発作を誘発するおそれがある。〕
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • エプレレノンを投与中の患者(「3.相互作用」の項参照)
副作用
(頻度不明)
消化管の閉塞、潰瘍又は穿孔
観察を十分に行い、嚥下時の疼痛、激しい嘔吐・腹痛・腹部膨満、消化管出血等があらわれた場合には、直ちに投与を中止する。
心臓伝導障害
一時に大量投与した場合にあらわれやすい。(「8.過量投与」の項参照)
注意

慎重投与

次の患者には慎重に投与すること

腎機能低下あるいは腎機能障害のある患者〔高カリウム血症があらわれやすい。〕
急性脱水症、広範囲の組織損傷(熱傷、外傷等)のある患者〔高カリウム血症があらわれることがある。〕
高カリウム血症があらわれやすい疾患(低レニン性低アルドステロン症等)を有する患者
心疾患のある患者〔過剰に投与した場合、症状を悪化させることがある。〕
消化性潰瘍の既往歴のある患者〔塩化カリウムの刺激により再発させるおそれがある。〕
抗コリン作動薬を投与中の患者(「3.相互作用」の項参照)

重要な基本的注意

本剤の投与に際しては、患者の血清電解質及び心電図の変化に注意すること。特に、長期投与する場合には、血清又は尿中カリウム値、腎機能、心電図等を定期的に検査することが望ましい。また、高カリウム血症があらわれた場合には投与を中止すること。
なお、血清カリウムの測定に際しては溶血等によるカリウム値の人為的上昇に注意すること。

適用上の注意

服用時
本剤は噛み砕かずに、多めの水で服用すること。
薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。〔消化管運動が低下していることが多く、塩化カリウムの消化管粘膜刺激作用があらわれやすい。〕
授乳中の婦人には投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合には授乳を避けさせること。〔授乳中の投与に関する安全性は確立していない。〕

小児等への投与

小児に対する有用性は確立していない。

薬物動態

排泄
健康成人に経口投与した場合、本剤投与後の尿中カリウム排泄量は投与4時間後で最も高く、投与量に対する投与8時間後までのカリウムの尿中回収率は44.6%であった。
吸収
健康成人に経口投与した場合、本剤は消化管内において4時間以上にわたって徐々に塩化カリウムを放出する。腎からの排泄パターンからみて、同量の塩化カリウムを溶液として投与したときに比べると、本剤は30~60分遅れて吸収される。
(外国人のデータ)

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!