製品名 クロベタポロン軟膏0.05%

一般名
Clobetasone Butyrate
薬効分類
皮膚科疾患用薬
 >外用副腎皮質ステロイド薬(マイルド)
価格
0.05%1g:9円/g

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • アトピー性皮膚炎(乳幼児湿疹を含む)
  • 顔面、頸部、腋窩、陰部における湿疹・皮膚炎

用法・用量

  • 通常1日1~数回適量を患部に塗布する。
    なお、症状により適宜増減する。
禁忌
【禁忌】

次の患者には使用しないこと

  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者
  • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎の患者[穿孔部位の治癒が遅れるおそれがある。また、感染のおそれがある。]
  • 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷のある患者[皮膚の再生が抑制され、治癒が著しく遅れるおそれがある。]
原則禁忌

次の患者には使用しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に使用すること

  • 細菌、真菌、ウイルス皮膚感染症の患者(病期あるいは症状に応じて使用すること)[感染を悪化させるおそれがある。]
副作用
(頻度不明)
眼瞼皮膚への使用に際しては、眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意すること。大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により緑内障、後のう白内障等があらわれることがある。
注意

重要な基本的注意

皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするが、やむを得ず使用する必要がある場合には、あらかじめ適切な抗菌剤、抗真菌剤による治療を行うか、又はこれらとの併用を考慮すること。
大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用により、副腎皮質ステロイド剤を全身的投与した場合と同様な症状があらわれることがある(「副作用」の項参照)。
顔面、頸部の病巣に長期間使用する場合には、慎重に使用すること。
本剤の使用により症状の改善がみられない場合又は症状の悪化をみる場合は使用を中止すること。
症状改善後は、できるだけ速やかに使用を中止すること。

適用上の注意

使用部位
眼科用として使用しないこと。
使用方法
患者に治療以外の目的(化粧下、ひげそり後など)には使用しないよう注意すること。
本剤の基剤として使用されている油脂性成分は、コンドーム等の避妊用ラテックスゴム製品の品質を劣化・破損する可能性があるため、これらとの接触を避けさせること。
乳幼児や小児の手の届かない所に保管させること。

高齢者への使用

一般に高齢者では副作用があらわれやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用に際しては特に注意すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への使用

妊婦又は妊娠している可能性のある女性には大量又は長期にわたる広範囲の使用を避けること。[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない。]

小児等への使用

長期・大量使用又は密封法(ODT)により発育障害を来すおそれがある。
また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意すること。

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!