製品名 エポプロステノール静注用「テバ」専用溶解用液

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル
一般名
薬効分類
電解質・輸液・栄養製剤
 >輸液
価格
50mL1瓶:664円/瓶

製薬会社
効能・効果
用法・容量
禁忌
副作用
注意

重要な基本的注意

本剤は、エポプロステノール静注用0.5mg「テバ」及びエポプロステノール静注用1.5mg「テバ」の溶解のみに使用すること。
<参考:注射液の調製法の例示>
エポプロステノール静注用0.5mg「テバ」及びエポプロステノール静注用1.5mg「テバ」の調製には必ず本溶解用液を用い、下表を参考に調製する。
調製する注射液の濃度
(ng/mL)
バイアル数(本)
エポプロステノール静注用0.5mg「テバ」エポプロステノール静注用1.5mg「テバ」専用溶解用液
(50mL)
5,0001-2
10,0001-1
2-2
15,000-12
20,000112
30,000-11
-22
40,000222
50,000132
バイアル数(本)調製方法
エポプロステノール静注用0.5mg/1.5mg「テバ」専用溶解用液(50mL)
11専用溶解用液(50mL)1本より4mLを注射筒を用いて正確に取り、主薬バイアル内に注入し、溶解した液の全量を再び専用溶解用液1本に戻す。
12専用溶解用液(50mL)2本より2mLずつ注射筒を用いて合計4mLを正確に取り、主薬バイアル内に注入する。溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に2mLずつ専用溶解用液2本に戻す。
22専用溶解用液(50mL)2本より2mLずつ注射筒を用いて合計4mLを正確に取り、主薬バイアル内に2mLずつ注入する。溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に2mLずつ専用溶解用液2本に戻す。
32専用溶解用液(50mL)2本より1.5mLずつ注射筒を用いて合計3mLを正確に取り、主薬バイアル内に1mLずつ注入する。溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に1.5mLずつ専用溶解用液2本に戻す。
42専用溶解用液(50mL)2本より2mLずつ注射筒を用いて合計4mLを正確に取り、主薬バイアル内に1mLずつ注入する。溶解した液を全て注射筒内にとり、正確に2mLずつ専用溶解用液2本に戻す。

適用上の注意

調製時
無色澄明に溶解しなかったものは、使用しないこと。
本剤は保存剤を含まないため、残液は廃棄すること。
調製後溶液の保存及び取扱い
調製後は溶液中の有効成分が徐々に分解するため、調製後すぐに投与開始しない場合は溶液を冷蔵保存すること。
冷蔵保存する場合は調製後24時間以内に投与開始することが望ましい。また、40時間を超えて冷蔵保存しないこと。
本剤及び調製後溶液を凍結させないこと。凍結した場合には、溶解後も使用しないこと。
調製後溶液は投与開始前の冷蔵保存の有無に関わらず、室温では8時間以内に投与を終了すること。また、投与中はしゃ光することが望ましい。
一旦投与を開始した溶液の残液は使用しないこと。

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!