製品名 アレルゲンスクラッチエキス陽性対照液「トリイ」ヒスタミン二塩酸塩

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル
一般名
Histamine dihydrochloride
薬効分類
その他
 >検査用薬
価格
2mL1瓶:7917円/瓶

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 診断

    • アレルゲンによる皮膚反応の陽性対照

用法・用量

  • 診断

    • 通常乱刺(プリック)又は切皮(スクラッチ)法により皮膚面に出血しない程度に傷をつけ,本剤1滴を滴下し,アレルゲン検査時の陽性対照とする。
禁忌
副作用
注意
正確な皮膚反応テストを行うため,実施部位に皮膚病変がないことを十分に確認すること。
正確な皮膚反応テストを行うため,皮膚反応テスト前日から抗ヒスタミン薬やメディエータ遊離抑制薬等の投与を中止すること。また,皮膚反応テストを実施する約1週間前から投与を中止することが望ましい薬剤があるので注意すること。
皮膚反応テスト実施後,実施部位の観察を十分に行うこと。皮膚反応テスト実施部位に発生する皮膚症状(かゆみ)や軽微な疼痛(痛み)が数時間持続する場合がある。
陽性反応を示さない場合は,日を改めて再検査することが望ましい。
皮膚反応テスト実施時
スクラッチエキス用対照液(アレルゲンスクラッチエキス対照液「トリイ」)を同時に用いて反応を比較すること。
本剤を滴下すると,15分後に通常3mm以上の膨疹が形成される。
一般に高齢者では生理機能が低下しているので検査に際しては注意すること。

妊婦,産婦,授乳婦等への投与

妊婦,産婦,授乳婦等に対する安全性は確立していない。
低出生体重児又は新生児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!