製品名 ウプトラビ錠0.2mg
ウプトラビ錠0.4mg

一般名
Selexipag
薬効分類
昇圧・心不全・冠動脈・末梢血管疾患薬
 >プロスタサイクリン受容体作動薬
価格
0.2mg1錠:1407.2円/錠
0.4mg1錠:2813.2円/錠

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 肺動脈性肺高血圧症

用法・用量

  • 通常、成人にはセレキシパグとして1回0.2mgを1日2回食後経口投与から開始する。忍容性を確認しながら、7日以上の間隔で1回量として0.2mgずつ最大耐用量まで増量して維持用量を決定する。なお、最高用量は1回1.6mgとし、いずれの用量においても、1日2回食後に経口投与する。
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 重度の肝障害患者[使用経験がなく、本剤の血中濃度が著しく上昇するおそれがある。(「薬物動態」の項参照)]
  • 肺静脈閉塞性疾患を有する肺高血圧症の患者[本剤の血管拡張作用により、肺水腫を誘発するおそれがある。]
  • クロピドグレル含有製剤を投与中の患者(「相互作用」の項参照)
副作用
低血圧
過度の血圧低下〔低血圧(2.6%)、起立性低血圧(0.8%)等〕があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
出血
出血〔鼻出血(1.6%)、網膜出血(0.3%)等〕があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
甲状腺機能異常
甲状腺機能異常〔甲状腺機能亢進症(0.5%)、甲状腺機能低下症(0.5%)等〕があらわれることがあるので、本剤投与中は必要に応じて甲状腺機能検査を実施するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。
注意

次の患者には慎重に投与すること

低血圧の患者[本剤の血管拡張作用により、血圧を更に低下させるおそれがある。]
出血傾向並びにその素因のある患者[本剤の血小板凝集抑制作用により、出血傾向を助長するおそれがある。(「相互作用」の項参照)]
軽度又は中等度の肝障害のある患者[本剤の血中濃度が上昇することが認められている。(「用法・用量に関連する使用上の注意」、「薬物動態」の項参照)]
重度の腎障害のある患者(透析中の患者を含む)[本剤の血中濃度が上昇することが認められている。また、透析中の患者への使用経験はない。(「薬物動態」の項参照)]
高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
本剤は、肺動脈性肺高血圧症の治療に十分な知識及び経験を有する医師のもとで使用すること。
本剤の投与により肺水腫の徴候がみられた場合は肺静脈閉塞性疾患の可能性を考慮すること。肺静脈閉塞性疾患が疑われた場合には、本剤の投与を中止すること。
本剤は血管拡張作用を有するため、本剤の投与に際しては、血管拡張作用により患者が有害な影響を受ける可能性がある状態(降圧剤投与中、安静時低血圧、血液量減少、重度の左室流出路閉塞、自律神経機能障害等)にあるのかを十分検討すること。
意識障害等があらわれることがあるので、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意するよう患者に十分に説明すること。
薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。[PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。]
投与初期に頭痛、下痢等の副作用が多く報告されているため、患者の状態を十分観察しながら慎重に用量の漸増を行うこと。
忍容性に問題があり減量する場合は、原則として1回0.2mgずつ漸減すること。減量後に再増量する場合は、再増量までに8日以上の間隔をあけ、忍容性を確認しながら漸増すること。
3日以上投与を中断した場合、再開時には中断前より低い用量からの投与を考慮すること。
投与を中止する場合は、症状の増悪に留意しながら投与量を漸減すること。
中等度の肝障害患者には、1日1回に減量して投与を開始し、投与間隔や増量間隔の延長、最高用量の減量を考慮すること。(「薬物動態」の項参照)
本剤の使用にあたっては、最新の治療ガイドラインを参考に投与の要否を検討すること。
一般に高齢者では生理機能が低下していることが多いので慎重に投与すること。(「薬物動態」の項参照)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
授乳婦に投与する場合には授乳を中止させること。[動物試験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている。]
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。[使用経験がない。]
血漿中濃度
単回投与
健康成人男性6例にセレキシパグ0.2及び0.4mgを食後に単回経口投与したとき、セレキシパグ及び活性代謝物MRE-269の薬物動態パラメータは下表のとおりであった。セレキシパグ及びMRE-269のCmax及びAUC0-∞は、いずれも用量とともに増加した。
セレキシパグ0.2及び0.4mgを単回経口投与後のセレキシパグ及びMRE-269の血漿中濃度推移
□:0.2mg、●:0.4mg(平均値±標準偏差、n=6)
セレキシパグ0.2及び0.4mgを単回経口投与したときの薬物動態パラメータ
Cmax(ng/mL)tmax(hr)t1/2(hr)AUC0-∞(ng・hr/mL)
セレキシパグ
0.2mg3.30±0.811.75(1.00,2.50)0.849±0.1338.59±2.64
0.4mg8.55±1.331.50(1.50,2.00)1.03±0.2618.8±2.9
MRE-269
0.2mg4.06±0.944.50(2.50,5.00)10.5±4.024.0±5.5
0.4mg7.40±1.233.50(2.00,5.00)7.84±2.4345.7±8.9
n=6、平均値±標準偏差、tmaxは中央値(最小値,最大値)
反復投与
健康成人男性6例にセレキシパグ0.2~0.6mgを1日2回食後反復経口投与したとき、セレキシパグ及びMRE-269の定常状態における薬物動態パラメータは下表のとおりであった。セレキシパグ及びMRE-269の血漿中濃度は投与3日目にほぼ定常状態に達した。
セレキシパグ0.2~0.6mgを1日2回反復経口投与したときの定常状態における薬物動態パラメータ
1回投与量Cmax(ng/mL)tmax(hr)t1/2(hr)AUC0-12hr(ng・hr/mL)
セレキシパグ
0.2mg2.98±0.851.50(1.00,3.00)0.855±0.2046.53±2.36
0.4mg8.71±0.791.50(1.00,1.50)1.38±0.6217.5±3.5
0.6mg10.7±3.01.50(1.50,2.50)1.89±0.5324.8±3.7
MRE-269
0.2mg4.24±0.813.00(2.50,4.00)10.7±3.722.8±5.8
0.4mg10.2±1.62.75(2.00,4.00)11.2±4.060.5±8.0
0.6mg12.4±2.03.00(2.50,5.00)7.89±2.3669.7±12.3
n=6、平均値±標準偏差、tmaxは中央値(最小値,最大値)
食事の影響
標準食
健康成人男性4例にセレキシパグ0.4mgを空腹時及び食後30分に単回経口投与したとき、空腹時と比較してセレキシパグのCmaxは32%、AUC0-∞は15%低下した。MRE-269のCmaxは7%、AUC0-∞は12%低下した。
高脂肪食
健康成人男性12例にセレキシパグ0.4mgを空腹時及び食後に単回経口投与したとき、空腹時と比較してセレキシパグのCmaxは35%低下し、AUC0-∞は10%増大した。MRE-269のCmaxは48%、AUC0-∞は27%低下した。(外国人によるデータ)
高齢者
健康高齢男性6例(65~74歳)にセレキシパグ0.2mgを空腹時に単回経口投与したとき、健康非高齢者6例(20~26歳)と比較してセレキシパグ及びMRE-269のCmax及びAUC0-∞が低下する傾向が認められた。健康高齢男性6例(67~74歳)にセレキシパグ0.4mgを1日2回10日間食後経口投与したとき、血漿中セレキシパグ及びMRE-269の薬物動態パラメータは健康非高齢者6例(21~29歳)と類似した値を示した。
肝障害
軽度の肝障害患者8例(Child-Pughスコア:5~6)、中等度の肝障害患者8例(Child-Pughスコア:7~9)及び重度の肝障害患者2例(Child-Pughスコア:10~15)並びに健康成人8例にセレキシパグ0.2~0.4mgを単回経口投与した。軽度の肝障害患者は健康成人と比較して、セレキシパグのCmax及びAUC0-∞が2倍に増加し、MRE-269のCmax及びAUC0-∞に大きな相違はなかった。また、セレキシパグ及びMRE-269の血漿中非結合型分率にも大きな相違はなかった。中等度の肝障害患者では健康成人と比較して、セレキシパグのCmaxは2倍以上、AUC0-∞は4倍以上に増加した。MRE-269のCmaxに大きな相違はなく、AUC0-∞は2倍以上に増加した。また、セレキシパグ及びMRE-269の血漿中非結合型分率は1.3倍に増加した。重度の肝障害患者は、中等度の肝障害患者と同様の血漿中濃度推移の傾向を示したが、セレキシパグ及びMRE-269の血漿中非結合型分率は2倍に増加した。(外国人によるデータ)
腎障害
重度の腎障害患者8例(糸球体濾過率:15~29mL/min/1.73m2)及び健康成人8例にセレキシパグ0.4mgを単回経口投与したとき、重度の腎障害患者では、健康成人と比較してセレキシパグのCmax及びAUC0-∞は1.7倍に、MRE-269のCmaxは1.4倍、AUC0-∞は1.6倍に増加した。また、セレキシパグ及びMRE-269の血漿中非結合型分率に大きな相違はなかった。(外国人によるデータ)
吸収
健康成人男性15例にセレキシパグ0.2mgを空腹時に単回静脈内投与したとき、セレキシパグの全身クリアランス及び定常状態の分布容積の幾何平均値はそれぞれ17.9L/hr及び11.7Lであった。また、セレキシパグ0.4mgを空腹時に単回経口投与したとき、セレキシパグの絶対バイオアベイラビリティは49.4%であった。(外国人によるデータ)
分布
14C-セレキシパグ及び14C-MRE-269の血清タンパクに対する結合率は、0.1~1μg/mLの範囲でいずれも98~99%であった。
代謝
セレキシパグは、主に生体内でカルボン酸アミド部位が加水分解され、活性代謝物MRE-269を生成した。MRE-269はその後複数種の酸化的代謝物やアシルグルクロン酸抱合体に代謝された。
加水分解にはカルボキシルエステラーゼ1が、酸化的代謝にはCYP2C8及びCYP3A4が、グルクロン酸抱合にはUGT1A3及びUGT2B7が主に関与していた。
排泄
健康成人男性6例にセレキシパグ0.2~0.6mgを空腹時に単回経口投与したとき、投与後48時間までに尿中には未変化体は検出されず、MRE-269及びそのグルクロン酸抱合体として、投与量の0.22~0.27%が排泄された。
健康成人男性6例に14C-セレキシパグ0.4mgを単回経口投与した場合、投与後168時間までに投与された放射能の12%が尿中に、93%が糞中に排泄された。(外国人によるデータ)
薬物相互作用
In vitro試験
セレキシパグ及びMRE-269は、OATP1B1及びOATP1B3の基質であることが示された。また、セレキシパグはP糖タンパク、MRE-269はBCRPの基質であることが示された。
ゲムフィブロジル(国内未承認)
健康成人男性20例に強いCYP2C8の阻害剤であるゲムフィブロジル(国内未承認)600mgを1日2回9日間経口投与し、投与4日目にセレキシパグ0.4mgを単回経口投与したとき、単独投与と比較して、セレキシパグのCmaxは1.4倍、AUC0-∞は2.0倍に増加した。MRE-269のCmaxは3.6倍、AUC0-∞は11倍に増加した。(外国人によるデータ)
ワルファリン
健康成人男性17例にセレキシパグ0.4mgを1日2回12日間経口投与し、投与8日目にワルファリン20mgを経口投与したとき、セレキシパグ及びMRE-269の薬物動態に及ぼすワルファリンの影響は認められなかった。ワルファリンの薬物動態に及ぼすセレキシパグの影響は認められなかった。(外国人によるデータ)
ロピナビル・リトナビル
健康成人男性20例にロピナビル・リトナビル配合錠400mg/100mgを1日2回12日間経口投与し、投与10日目にセレキシパグ0.4mgを単回経口投与したとき、単独投与と比較して、セレキシパグのCmaxは2.07倍、AUC0-∞は2.23倍に増加した。MRE-269のCmaxは1.33倍、AUC0-∞は1.08倍に増加した。(外国人によるデータ)
リファンピシン
健康成人男性19例にCYP2C8の誘導剤であるリファンピシン600mgを1日1回9日間経口投与し、投与7日目にセレキシパグ0.4mgを単回経口投与したとき、単独投与と比較して、セレキシパグのCmaxは1.8倍、AUC0-∞は1.3倍に増加した。MRE-269のCmaxは1.3倍に増加し、AUC0-∞は0.52倍に減少した。(外国人によるデータ)