製品名 ポリスチレンスルホン酸Na「フソー」原末

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル
一般名
Sodium Polystyrene Sulfonate
薬効分類
電解質・輸液・栄養製剤
 >カリウム吸着薬
価格
1g:12.5円/g

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • 急性及び慢性腎不全による高カリウム血症

用法・用量

  • 内服

    • 通常,成人1日量30gを2~3回に分け,その1回量を水50~150mLに懸濁し,経口投与する。症状に応じて適宜増減。
  • 注腸

    • 通常,成人1回30gを水又は2%メチルセルロース溶液100mLに懸濁して注腸する。症状に応じて適宜増減。
禁忌
副作用
心不全誘発
心不全を誘発することがあるので,ナトリウム摂取を制限するなど十分に注意すること。
腸穿孔,腸潰瘍,腸壊死
ポリスチレンスルホン酸ナトリウムのソルビトール懸濁液の経口投与により,小腸の穿孔・粘膜壊死,大腸潰瘍,結腸壊死等があらわれたとの報告がある。
本剤の経口投与により,激しい腹痛又は下痢,嘔吐等があらわれた場合には本剤の投与を中止し,適切な処置を行うこと。
注意

重要な基本的注意

過量投与を防ぐため,血清カリウム値及び血清ナトリウム値を測定しながら投与すること。

適用上の注意

経口投与時
本剤の経口投与では,消化管への蓄積を避けるため,便秘を起こさせないように注意すること。また,便秘を起こした場合は,浣腸等の適切な方法を用いて排便させること。
注腸投与時
動物実験(ラット)で,ソルビトールの注腸投与により腸壁壊死を起こすことが報告されている。また,外国においてポリスチレンスルホン酸型陽イオン交換樹脂のソルビトール懸濁液を注腸し,結腸壊死を起こした症例が報告されているので,本剤を注腸する際にはソルビトール溶液を使用しないこと。
本剤の停留後は,腸管への残留を避けるため,必ず本剤を排泄させること。特に自然排泄が困難な患者においては,腸洗浄等の適切な方法を用いて本剤を腸管から取り除くこと。

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

妊婦,産婦,授乳婦等への投与

妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!