製品名 コレクチム軟膏0.5%

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル
一般名
Delgocitinib
薬効分類
抗免疫薬・アレルギー疾患治療薬
 >分子標的薬(JAK阻害薬)
価格
0.5%1g:139.7円/g

製薬会社
効能・効果
用法・容量

効能・効果

  • アトピー性皮膚炎

用法・用量

  • 通常,成人には,1日2回,適量を患部に塗布する。なお,1回あたりの塗布量は5gまでとする。
禁忌
【禁忌】

次の患者には投与しないこと

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
副作用
注意

9.特定の背景を有する患者に関する注意

9.1 合併症・既往歴等のある患者
9.1.1 皮膚感染症を伴う患者
皮膚感染部位を避けて使用すること。なお,やむを得ず使用する場合には,あらかじめ適切な抗菌剤,抗ウイルス剤,抗真菌剤による治療を行う,若しくはこれらとの併用を考慮すること。
9.5 妊婦
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用すること。動物実験(ラット,経口投与)で,胎児に移行することが報告されている。また,動物実験(ラット及びウサギ,経口投与)で,本剤の最大臨床用量における曝露量(AUC)の231倍及び528倍の曝露量で胚・胎児死亡率の増加が報告されている。
9.6 授乳婦
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し,授乳の継続又は中止を検討すること。動物実験(ラット,経口投与)で,乳汁中に移行することが報告されている。
9.7 小児等
小児等を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。

14.適用上の注意

14.1 薬剤投与時の注意
14.1.1 粘膜,潰瘍,明らかに局面を形成しているびらん等への塗布は避けること。
14.1.2 万一,眼に入った場合は,直ちに水で洗い流すこと。

7.用法及び用量に関連する注意

7.1 治療開始4週間以内に皮疹の改善が認められない場合は,使用を中止すること。
7.2 症状が改善した場合には継続投与の必要性について検討し,漫然と長期にわたって使用しないこと。

16.薬物動態

16.1 血中濃度
アトピー性皮膚炎患者に本剤を1回最大5g,1日2回反復塗布し,デルゴシチニブの血漿中濃度を測定した(定量下限:1.0ng/mL)。デルゴシチニブの血漿中濃度が検出された患者割合は,塗布4週時では11.9%(59/494例),塗布12週時では15.8%(65/411例),塗布28週時では14.2%(54/380例),塗布52週時では11.5%(30/262例)であった。最大値は,塗布4週時では10.8ng/mL,塗布12週時では13.1ng/mL,塗布28週時では13.3ng/mL,塗布52週時では7.3ng/mLであった。
16.3 分布
デルゴシチニブのヒト血漿中蛋白結合率は21.8~29.1%であった(in vitro)。
16.4 代謝
デルゴシチニブは,ヒト皮膚ミクロソーム及びヒト肝細胞では代謝されなかった。デルゴシチニブは,ヒト肝ミクロソームにおいてわずかに代謝され,主にCYP3A4が寄与する(in vitro)。
16.5 排泄
ラットに14C標識したデルゴシチニブを静脈内投与したとき,投与168時間後までに投与放射能の45.6%が尿中に排泄され,57.1%が糞中に排泄された。また,イヌに14C標識したデルゴシチニブを静脈内投与したとき,投与168時間後までに投与放射能の68.6%が尿中に排泄され,27.5%が糞中に排泄された。
16.7 薬物相互作用
デルゴシチニブは,P-gp,OAT3及びOCT2の基質である(in vitro)。

エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!