今日の臨床サポート

酒さ

著者: 伊藤泰介 浜松医科大学 皮膚科学教室

監修: 戸倉新樹 掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター 参与/浜松医科大学 名誉教授

著者校正/監修レビュー済:2022/01/26
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 酒さは顔面を主座とした慢性炎症性皮膚疾患であり、寛解・再燃を繰り返す
  1. 酒さは臨床的に4型(A. 紅斑・血管拡張型、B. 丘疹膿疱型、C. 腫瘤型、D. 眼球型)に分類される。
  1. 紅斑症状に対しては、増悪因子の回避に務める(推奨度1
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま す。閲覧にはご契約が必要となり
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
伊藤泰介 : 研究費・助成金など(マルホ株式会社)[2022年]
監修:戸倉新樹 : 講演料(マルホ,サノフィ,協和キリン),原稿料(医学書院)[2022年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、文献を追加し症例写真を更新した。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 参考文献:[1][2]
  1. 酒さは、顔面を主座とする炎症性疾患である。
  1. 酒さの主症状は、紅斑(いわゆる赤ら顔)、ニキビ様の丘疹・膿疱症状、鼻瘤に代表される肉芽腫変化、眼瞼結膜や眼球結膜の充血・炎症症状の4主症状がある。
 
酒さの4病型

酒さは臨床的に4型(A. 紅斑・血管拡張型、B. 丘疹膿疱型、C. 腫瘤型、D. 眼球型)に分類される。

出典

img1:  Rosacea: a Clinical Review.
 
 Dermatol Reports. 2016 Jun 15;8(1):6387.・・・
 
  1. 日本における酒さの疫学・発症頻度は、調査されておらず不明である。白人での頻度は数%~10%とされ、有色人種での頻度は白人よりも低いと考えられている。
  1. 酒さの発症年齢は思春期以降と考えられ、女性の患者が多い。
  1. いわゆる赤ら顔の人々は、酒さの初期症状の可能性があるが、皮膚病との認識が医療者にもないことがある。
  1. 酒さの症状の増悪因子にステロイド外用剤があり、顔面の紅斑を主訴とする患者へのステロイド外用剤使用には注意が必要である。
問診・診察のポイント  
  1. 参考文献:[1][2]
  1. 酒さは顔面を主座とした慢性炎症性皮膚疾患であり、寛解・再燃を繰り返す。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

Glen H Crawford, Michelle T Pelle, William D James
Rosacea: I. Etiology, pathogenesis, and subtype classification.
J Am Acad Dermatol. 2004 Sep;51(3):327-41; quiz 342-4. doi: 10.1016/j.jaad.2004.03.030.
Abstract/Text Rosacea is one of the most common conditions dermatologists treat. Rosacea is most often characterized by transient or persistent central facial erythema, visible blood vessels, and often papules and pustules. Based on patterns of physical findings, rosacea can be classified into 4 broad subtypes: erythematotelangiectatic, papulopustular, phymatous, and ocular. The cause of rosacea remains somewhat of a mystery. Several hypotheses have been documented in the literature and include potential roles for vascular abnormalities, dermal matrix degeneration, environmental factors, and microorganisms such as Demodex folliculorum and Helicobacter pylori. This article reviews the current literature on rosacea with emphasis placed on the new classification system and the main pathogenic theories. Learning objective At the conclusion of this learning activity, participants should be acquainted with rosacea's defining characteristics, the new subtype classification system, and the main theories on pathogenesis.

PMID 15337973
Barbara M Rainer, Sewon Kang, Anna L Chien
Rosacea: Epidemiology, pathogenesis, and treatment.
Dermatoendocrinol. 2017;9(1):e1361574. doi: 10.1080/19381980.2017.1361574. Epub 2017 Oct 4.
Abstract/Text Rosacea is a chronic relapsing inflammatory skin disease with a high prevalence among adults of Northern European heritage with fair skin. Symptoms present in various combinations and severity, often fluctuating between periods of exacerbation and remission. Based on morphological characteristics, rosacea is generally classified into four major subtypes: erythematotelangiectatic, papulopustular, phymatous, and ocular. Diverse environmental and endogenous factors have been shown to stimulate an augmented innate immune response and neurovascular dysregulation; however, rosacea's exact pathogenesis is still unclear. An evidence-based approach is essential in delineating differences between the many available treatments. Because of the diverse presentations of rosacea, approaches to treatment must be individualized based on the disease severity, quality-of-life implications, comorbidities, trigger factors, and the patient's commitment to therapy.

PMID 29484096
Anna D Holmes, Julia Spoendlin, Anna L Chien, Hilary Baldwin, Anne Lynn S Chang
Evidence-based update on rosacea comorbidities and their common physiologic pathways.
J Am Acad Dermatol. 2018 Jan;78(1):156-166. doi: 10.1016/j.jaad.2017.07.055. Epub 2017 Oct 28.
Abstract/Text Rosacea is a common chronic inflammatory disease affecting the facial skin whose etiology and pathophysiology are the subject of much investigation. Risk factors include genetic and environmental elements that may predispose individuals to localized inflammation and abnormal neurovascular responses to stimuli. Recent studies have introduced an array of systemic rosacea comorbidities, such as inflammatory bowel disease and neurologic conditions, that can be challenging to synthesize. We critically review the current data behind reported rosacea comorbidities and identify and highlight underrecognized physiologic mediators shared among rosacea and associated comorbidities. This information may be helpful in addressing patient questions about potential systemic implications of rosacea and can serve as a candidate platform for future research to understand rosacea and improve treatments.

Copyright © 2017 American Academy of Dermatology, Inc. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.
PMID 29089181
Jonathan Wilkin, Mark Dahl, Michael Detmar, Lynn Drake, Matthew H Liang, Richard Odom, Frank Powell, National Rosacea Society Expert Committee
Standard grading system for rosacea: report of the National Rosacea Society Expert Committee on the classification and staging of rosacea.
J Am Acad Dermatol. 2004 Jun;50(6):907-12. doi: 10.1016/j.jaad.2004.01.048.
Abstract/Text
PMID 15153893
Diane Thiboutot, Rox Anderson, Fran Cook-Bolden, Zoe Draelos, Richard L Gallo, Richard D Granstein, Sewon Kang, Marian Macsai, Linda Stein Gold, Jerry Tan
Standard management options for rosacea: The 2019 update by the National Rosacea Society Expert Committee.
J Am Acad Dermatol. 2020 Jun;82(6):1501-1510. doi: 10.1016/j.jaad.2020.01.077. Epub 2020 Feb 7.
Abstract/Text In 2017, a National Rosacea Society Expert Committee developed and published an updated classification of rosacea to reflect current insights into rosacea pathogenesis, pathophysiology, and management. These developments suggest that a multivariate disease process underlies the various clinical manifestations of the disorder. The new system is consequently based on phenotypes that link to this process, providing clear parameters for research and diagnosis as well as encouraging clinicians to assess and treat the disorder as it may occur in each individual. Meanwhile, a range of therapies has become available for rosacea, and their roles have been increasingly defined in clinical practice as the disorder has become more widely recognized. This update is intended to provide a comprehensive summary of management options, including expert evaluations, to serve as a guide for tailoring treatment and care on an individual basis to achieve optimal patient outcomes.

Copyright © 2020 American Academy of Dermatology, Inc. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.
PMID 32035944

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから