今日の臨床サポート

スタンダードプリコーションと感染防御(在宅医療)

著者: 高木宏明 諏訪中央病院内科

監修: 和田忠志 いらはら診療所 在宅医療部

著者校正/監修レビュー済:2022/03/16
参考ガイドライン:
  1. 日本環境感染学会:「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第3版」
  1. 厚生労働省:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 第 6.1 版
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 在宅ケアにおける感染防御の基本はスタンダードプリコーション(標準予防策)であり、それに発症している感染症に応じた感染経路別予防策を加えていくが、在宅における個々の資源(患者・家族含めた人的資源・環境・物的資源)やライフスタイル等を考慮して実践可能な範囲で個別にアレンジして適用していく姿勢が求められる(推奨度1)
  1. 感染症のパンデミックが繰り返される時代を迎え、また地域包括ケアシステムが構築されていく中で、地域の社会資源の把握とそれらとの連携、新興感染症に関するより正確な情報の収集・理解・共有、地域での感染症流行状況に応じた柔軟な対策の実施が必要である(推奨度1)
  1. 在宅ケア領域の医療従事者も感染予防のためにワクチン接種を積極的に受けることを検討する。B型肝炎、麻疹、水痘、風疹、流行性耳下腺炎、インフルエンザワクチン、および新興ウイルス感染症に対する有効なワクチンの接種が推奨される(推奨度1)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
高木宏明 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:和田忠志 : 特に申告事項無し[2022年]

改訂のポイント:
  1. COVID-19流行に伴いより明確となった在宅感染対策の現時点での課題を取り上げた。

まとめ

まとめ  
  1. 在宅ケアにおいて対象である利用者とその家族を感染から守ることは、在宅療養の継続と在宅生活の質の確保に貢献する。
  1. それと同時に、利用者が保菌している耐性菌を含めた病原体の感染を受けないことも、自身を守り他の利用者を守るために必要である。
  1. 在宅ケアにおける感染防御の基本は医療機関における感染防御と同じで、やはり感染源対策と感染経路対策が中心となる。
  1. そのために米疾病予防管理センター(CDC)から発信されて普及している標準予防策(スタンダードプリコーション)および感染経路別予防策を参考にした方略の実践が重要である。
  1. 新たな感染症のパンデミック状況においては、保健所や他の医療機関、在宅ケアの関係者ら地域の社会資源との連携がより求められ、より正確な情報に基づいた、また地域での流行状況に応じた柔軟な統一された対策の実施が必要である。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

Jane D Siegel, Emily Rhinehart, Marguerite Jackson, Linda Chiarello, Health Care Infection Control Practices Advisory Committee
2007 Guideline for Isolation Precautions: Preventing Transmission of Infectious Agents in Health Care Settings.
Am J Infect Control. 2007 Dec;35(10 Suppl 2):S65-164. doi: 10.1016/j.ajic.2007.10.007.
Abstract/Text
PMID 18068815
Abstract/Text The Guideline for Hand Hygiene in Health-Care Settings provides health-care workers (HCWs) with a review of data regarding handwashing and hand antisepsis in health-care settings. In addition, it provides specific recommendations to promote improved hand-hygiene practices and reduce transmission ofpathogenic microorganisms to patients and personnel in health-care settings. This report reviews studies published since the 1985 CDC guideline (Garner JS, Favero MS. CDC guideline for handwashing and hospital environmental control, 1985. Infect Control 1986;7:231-43) and the 1995 APIC guideline (Larson EL, APIC Guidelines Committee. APIC guideline for handwashing and hand antisepsis in health care settings. Am J Infect Control 1995;23:251-69) were issued and provides an in-depth review of hand-hygiene practices of HCWs, levels of adherence of personnel to recommended handwashing practices, and factors adversely affecting adherence. New studies of the in vivo efficacy of alcohol-based hand rubs and the low incidence of dermatitis associated with their use are reviewed. Recent studies demonstrating the value of multidisciplinary hand-hygiene promotion programs and the potential role of alcohol-based hand rubs in improving hand-hygiene practices are summarized. Recommendations concerning related issues (e.g., the use of surgical hand antiseptics, hand lotions or creams, and wearing of artificial fingernails) are also included.

PMID 12418624
Division of Viral Diseases, National Center for Immunization and Respiratory Diseases, Centers for Disease Control and Prevention
Updated norovirus outbreak management and disease prevention guidelines.
MMWR Recomm Rep. 2011 Mar 4;60(RR-3):1-18.
Abstract/Text Noroviruses are the most common cause of epidemic gastroenteritis, responsible for at least 50% of all gastroenteritis outbreaks worldwide, and a major cause of foodborne illness. In the United States, approximately 21 million illnesses attributable to norovirus are estimated to occur annually. Since 2001, when the most recent norovirus recommendations were published (CDC. "Norwalk-like viruses." Public health consequences and outbreak management. MMWR 2001;50[No. RR-9]), substantial advances have been made in norovirus epidemiology, immunology, diagnostic methods, and infection control. As molecular diagnostic techniques have improved in performance and become more widely available, detection and reporting of norovirus outbreaks have increased. Although the inability to culture human noroviruses in vitro has hampered progress, assessment of the performance of disinfectants has been facilitated by the discovery of new, cultivable surrogates for human noroviruses. In addition, the periodic emergence of epidemic strains (from genogroup II type 4, GII.4) and outbreaks in specific populations (e.g., the elderly in nursing homes) have been characterized. This report reviews these recent advances and provides guidelines for outbreak management and disease prevention. These recommendations are intended for use by public health professionals investigating outbreaks of acute gastroenteritis, including state and local health authorities, as well as academic and research institutions.

PMID 21368741
Anthony E Fiore, David K Shay, Penina Haber, John K Iskander, Timothy M Uyeki, Gina Mootrey, Joseph S Bresee, Nancy J Cox, Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
Prevention and control of influenza. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2007.
MMWR Recomm Rep. 2007 Jul 13;56(RR-6):1-54.
Abstract/Text This report updates the 2006 recommendations by CDC's Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) regarding the use of influenza vaccine and antiviral agents (CDC. Prevention and control of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices [ACIP]. MMWR 2006;55[No. RR-10]). The groups of persons for whom vaccination is recommended and the antiviral medications recommended for chemoprophylaxis or treatment (oseltamivir or zanamivir) have not changed. Estimated vaccination coverage remains <50% among certain groups for whom routine annual vaccination is recommended, including young children and adults with risk factors for influenza complications, health-care personnel (HCP), and pregnant women. Strategies to improve vaccination coverage, including use of reminder/recall systems and standing orders programs, should be implemented or expanded. The 2007 recommendations include new and updated information. Principal updates and changes include 1) reemphasizing the importance of administering 2 doses of vaccine to all children aged 6 months--8 years if they have not been vaccinated previously at any time with either live, attenuated influenza vaccine (doses separated by > or =6 weeks) or trivalent inactivated influenza vaccine (doses separated by > or =4 weeks), with single annual doses in subsequent years; 2) recommending that children aged 6 months--8 years who received only 1 dose in their first year of vaccination receive 2 doses the following year, with single annual doses in subsequent years; 3) highlighting a previous recommendation that all persons, including school-aged children, who want to reduce the risk of becoming ill with influenza or of transmitting influenza to others should be vaccinated; 4) emphasizing that immunization providers should offer influenza vaccine and schedule immunization clinics throughout the influenza season; 5) recommending that health-care facilities consider the level of vaccination coverage among HCP to be one measure of a patient safety quality program and implement policies to encourage HCP vaccination (e.g., obtaining signed statements from HCP who decline influenza vaccination); and 6) using the 2007--2008 trivalent vaccine virus strains A/Solomon Islands/3/2006 (H1N1)-like (new for this season), A/Wisconsin/67/2005 (H3N2)-like, and B/Malaysia/2506/2004-like antigens. This report and other information are available at CDC's influenza website (http://www.cdc.gov/flu). Updates or supplements to these recommendations (e.g., expanded age or risk group indications for currently licensed vaccines) might be required. Immunization providers should be alert to announcements of recommendation updates and should check the CDC influenza website periodically for additional information.

PMID 17625497

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから