今日の臨床サポート

異型リンパ球

著者: 樋口敬和 獨協医科大学埼玉医療センター 輸血部

監修: 神田善伸 自治医科大学附属病院 血液科

著者校正/監修レビュー済:2021/04/21
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 異型リンパ球atypical lymphocyteは、感染症や抗原抗体反応などにより免疫学的に反応したリンパ球である。
  1. 異型リンパ球の原因としてウイルス感染が最も多く、その他の感染症やアレルギー反応でもみられる。
  1. 異型リンパ球数が白血球分画の10%以下ならば、なんらかのウイルス感染による一過性のものであることが多く、CBCと白血球分画を再検して異型リンパ球の増加がなければ経過観察でよい場合が多い。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
樋口敬和 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:神田善伸 : 未申告[2021年]

改訂のポイント:
  1. 内容について定期レビューを行った。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 異型リンパ球(atypical lymphocyte)は、感染症や抗原抗体反応などにより免疫学的に反応したリンパ球である。
  1. 異型リンパ球の本態は、細胞傷害性T細胞やNK細胞が反応したものである。
  1. 海外では反応性リンパ球(reactive lymphocyte)と呼ばれることが多い。
  1. 異型リンパ球の診断は自動血球計測装置では困難であり、末梢血塗抹標本の鏡検が必要である。
  1. リンパ球は刺激されると大型化し、細胞質は好塩基性が強くなり、核網は粗くなり時に核小体を有する。
  1. 異型リンパ球の多くは、大型(16μm以上)で、細胞質の好塩基性が強く、核は粗剛化したクロマチン網を有する。
  1. 異型リンパ球は小型の場合もあるが、細胞質の好塩基性とクロマチンの形態で判別できる。
  1. 1923年に、DowneyによりⅠ型:単球様、Ⅱ型:形質細胞様、Ⅲ型:リンパ芽球様に分類されたが、今日ではこの分類はほとんど用いられない。
  1. 異なる患者間のみならず、1人の患者においても多様性に富む形態を示すことが多い。
  1. “異型リンパ球=腫瘍細胞”ではない。リンパ系腫瘍である“異常リンパ球”を見逃さないことが重要である。
  1. 異常リンパ球は、異型リンパ球と比較して、1人の患者において形態が単一で、N/C(nucleo-cytoplasmic)比が高く、核の辺縁不整を認め、細胞質に突起や空胞を認めることが多い。<図表>
  1. 異型リンパ球の診断が困難なことがあり、診断に迷う場合は血液専門医にコンサルトする。
  1. 施設によっては、検査結果報告で、腫瘍性の「異常リンパ球」が「異型リンパ球」または「Aty-Lym」などの略語で報告されることがあり注意が必要である。
  1. 異型リンパ球の原因としてウイルス感染が最も多く、その他の感染症やアレルギー反応でもみられる。
  1. 異型リンパ球は、時に正常人でも白血球分画の1%以下にみられることがある。
  1. 異型リンパ球が白血球分画の10%以下ならば、なんらかのウイルス感染によることが多い。
  1. リンパ球数が白血球分画の50%または絶対数で5,000/μl以上、異型リンパ球が10%または1,000/μl以上となった場合が単核球症である。
  1. Epstein Barrウイルス(EBウイルス)による単核球症を伝染性単核球症とし、それ以外の原因による単核球症は単核球症類似疾患と呼び、種々の原因でみられる。
 
異型リンパ球の判定基準

日本臨床衛生技師会の勧告に基づく異型リンパ球の判定基準

 
異型リンパ球と異常リンパ球(リンパ系腫瘍)の特徴

“異型リンパ球=腫瘍細胞”ではないが、異常リンパ球(リンパ系腫瘍)との鑑別が困難な場合もある。

出典

img1:  著者提供
 
 
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 既往歴、有熱患者との接触歴、食事歴、薬剤歴、アレルギー歴、輸血歴、危険な性交渉歴(肝炎、HIVなど)など

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Christopher Hurt, Dominick Tammaro
雑誌名: Am J Med. 2007 Oct;120(10):911.e1-8. doi: 10.1016/j.amjmed.2006.12.011.
Abstract/Text Clinicians face a diagnostic challenge when a patient with the classic fever, pharyngitis, and lymphadenopathy triad of infectious mononucleosis has a negative "spot" heterophile antibody test. This screening test, although commonly considered sensitive for the presence of Epstein-Barr virus (EBV) infection, may be negative early after infection. A growing number of pathogens have been reported to cause heterophile-negative mononucleosis-like illnesses, including cytomegalovirus (CMV), human herpesvirus 6 (HHV-6), human immunodeficiency virus (HIV), adenovirus, herpes simplex virus (HSV), Streptococcus pyogenes, and Toxoplasma gondii. Other infectious and noninfectious disorders also may present in ways that mimic mononucleosis, but fail to generate EBV's archetypal triad of clinical findings. A systematic approach to the diagnosis of mononucleosis-like illnesses ensures that conditions warranting specific therapy are distinguished from others requiring only supportive care.

PMID 17904463  Am J Med. 2007 Oct;120(10):911.e1-8. doi: 10.1016/j.amj・・・
著者: Anna Merino, Alexandru Vlagea, Angel Molina, Natalia Egri, Javier Laguna, Kevin Barrera, Laura Boldú, Andrea Acevedo, Mar Díaz-Pavón, Francesc Sibina, Francisca Bascón, Oriol Sibila, Manel Juan, José Rodellar
雑誌名: J Clin Pathol. 2020 Dec 11;. doi: 10.1136/jclinpath-2020-207087. Epub 2020 Dec 11.
Abstract/Text AIMS: Atypical lymphocytes circulating in blood have been reported in COVID-19 patients. This study aims to (1) analyse if patients with reactive lymphocytes (COVID-19 RL) show clinical or biological characteristics related to outcome; (2) develop an automatic system to recognise them in an objective way and (3) study their immunophenotype.
METHODS: Clinical and laboratory findings in 36 COVID-19 patients were compared between those showing COVID-19 RL in blood (18) and those without (18). Blood samples were analysed in Advia2120i and stained with May Grünwald-Giemsa. Digital images were acquired in CellaVisionDM96. Convolutional neural networks (CNNs) were used to accurately recognise COVID-19 RL. Immunophenotypic study was performed throughflow cytometry.
RESULTS: Neutrophils, D-dimer, procalcitonin, glomerular filtration rate and total protein values were higher in patients without COVID-19 RL (p<0.05) and four of these patients died. Haemoglobin and lymphocyte counts were higher (p<0.02) and no patients died in the group showing COVID-19 RL. COVID-19 RL showed a distinct deep blue cytoplasm with nucleus mostly in eccentric position. Through two sequential CNNs, they were automatically distinguished from normal lymphocytes and classical RL with sensitivity, specificity and overall accuracy values of 90.5%, 99.4% and 98.7%, respectively. Immunophenotypic analysis revealed COVID-19 RL are mostly activated effector memory CD4 and CD8 T cells.
CONCLUSION: We found that COVID-19 RL are related to a better evolution and prognosis. They can be detected by morphology in the smear review, being the computerised approach proposed useful to enhance a more objective recognition. Their presence suggests an abundant production of virus-specific T cells, thus explaining the better outcome of patients showing these cells circulating in blood.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.
PMID 33310786  J Clin Pathol. 2020 Dec 11;. doi: 10.1136/jclinpath-202・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから