今日の臨床サポート

嗄声

著者: 横江正道 名古屋第二赤十字病院 総合内科

監修: 野口善令 豊田地域医療センター 総合診療科

著者校正済:2018/07/23
現在監修レビュー中
患者向け説明資料

概要・推奨   

症状のポイント:
  1. 嗄声とは、いわゆる、しわがれ声のことである。
  1. 急性の嗄声と慢性の嗄声では原因疾患が異なる。
 
緊急対応:
  1. 急性時:
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
横江正道 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:野口善令 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 嗄声は、非常に曖昧で非特異的な症状である。
  1. 診療する医師の受け止め方により、嗄声と判断するかどうかはまちまちである。
  1. 嗄声の原因は、単なる感冒(ウイルス感染症)から悪性腫瘍まで多岐にわたる。しかし、その多くは感冒などのself-limitedな(自然治癒する)原因である。 エビデンス 
  1. 急性の嗄声と慢性の嗄声では原因疾患が大きく異なる。
  1. 急性嗄声の原因には、急性上気道炎、アレルギー(アナフィラキシー)、気道内異物、突然の大声(応援やカラオケなど)、咽喉頭逆流、急性喉頭蓋炎、大動脈解離などがある。
  1. 急性喉頭蓋炎、アナフィラキシー、大動脈解離を見逃さないように注意する。
  1. 慢性嗄声の原因には、慢性喉頭炎、咽頭喉頭逆流、甲状腺機能低下症(粘液水腫)、喫煙、悪性腫瘍(喉頭腫瘍など)、声帯ポリープ、手術後の反回神経麻痺、神経筋疾患、職業性(教師、僧侶、弁護士、歌手など)などがある。
  1. 慢性的に進行する場合には、悪性腫瘍の評価が重要である。
問診・診察のポイント  
  1. 診察の基本は、問診であり、そのためには鑑別疾患の理解が必要である。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: I Syed, E Daniels, N R Bleach
雑誌名: Clin Otolaryngol. 2009 Feb;34(1):54-8. doi: 10.1111/j.1749-4486.2008.01872.x.
Abstract/Text BACKGROUND: The hoarse voice is a common presentation in the adult ENT clinic. It is estimated that otolaryngology/voice clinics receive over 50 000 patients with dysphonia each year. Good vocal function is estimated to be required for around 1/3 of the labour force to fulfil their job requirements. The assessment and management of the patient with a hoarse voice is potentially a complex and protracted process as the aetiology is often multi-factorial. This article provides a guide for the clinician in the general ENT clinic to make a concise, thorough assessment of the hoarse patient and engage in an evidence based approach to investigation and management.
METHOD: Literature search performed on 4 October 2008 using EMBASE, MEDLINE, Cochrane databases using subject headings hoarse voice or dysphonia in combination with diagnosis, management, investigation, treatment, intervention and surgery.
RESULTS: General vocal hygiene is beneficial for non organic dysphonia but the evidence base for individual components is poor. There is a good evidence base for the use of voice therapy as first line treatment of organic dysphonia such as vocal fold nodules and polyps. There is little evidence for surgical intervention as first line therapy for most common benign vocal fold lesions. Surgery is, however, the treatment of choice for hoarseness due to papillomatosis. Both CO(2) laser and microdissection are equally acceptable modalities for surgical resection of common benign vocal fold lesions. Laryngopharyngeal reflux is commonly cited as a cause of hoarseness but the evidence base for treatment with gastric acid suppression is poor. Despite the widespread use of proton pump inhibitors for treating laryngopharyngeal reflux, there is high quality evidence to suggest that they are no more effective than placebo.
CONCLUSION: A concise and thorough approach to assessment in the general ENT clinic will provide the diagnosis and facilitate the management of the hoarse voice in the majority of cases. Voice therapy is an important tool that should be utilised in the general ENT clinic and should not be restricted to the specialist voice clinic. If there is no improvement after initial measures, the larynx appears normal and/or the patient has failed initial speech & language therapy, referral to a specialist voice clinic may be helpful. More research is still required particularly with regard to laryngopharyngeal reflux which is often cited as an important cause of hoarseness but is still poorly understood.

PMID 19260886  Clin Otolaryngol. 2009 Feb;34(1):54-8. doi: 10.1111/j.1・・・
著者: Ji-Eon Kim, Barry Rasgon
雑誌名: Perm J. 2010 Spring;14(1):51-3.
Abstract/Text
PMID 20740132  Perm J. 2010 Spring;14(1):51-3.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから