今日の臨床サポート

潜血便

著者: 竹内元規 名古屋第二赤十字病院 総合内科

監修: 山中克郎 福島県立医科大学会津医療センター総合内科

著者校正/監修レビュー済:2016/06/30
患者向け説明資料

概要・推奨   

所見のポイント:
  1. 一般診療で便潜血反応検査を施行する場合のほとんどは、貧血の原因検索のためである。貧血の原因が出血である場合の鑑別として、消化管出血は緊急性を含めて重要な疾患である。
  1. 検診での便潜血検査は海外の大規模なランダム化比較対象試験では大腸癌での死亡率が15〜30%程度減少することがわかっており優れたスクリーニング検査である。免疫法により毎年行うことが勧められる。
  1. 大腸癌検診は、大腸癌対策の重要な取り組みとして、ほぼすべての市町村で実施されている。
  1. 閲覧にはご契約が必
閲覧にはご契
閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要 となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
竹内元規 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:山中克郎 : 未申告[2021年]

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 便潜血反応検査は、健康診断において広く使用されているほか、一般診療においても消化管出血のスクリーニング検査として行われている。
  1. 潜血便に対する対応が必要となる場合のほとんどが検診異常であると考えられ、黒色便や血便と区別する必要がある。
  1. 一般診療で便潜血反応検査を施行する場合のほとんどは、貧血の原因検索のためである。貧血の原因が出血である場合の鑑別として、消化管出血は緊急性を含めて重要な疾患である。
  1. 健康診断においては主に大腸癌のスクリーニング検査としての役割を担っている。海外の大規模なランダム化比較対象試験では大腸癌での死亡率が15〜30%程度減少することが分かっており優れたスクリーニング検査として確立している。[1][2][3][4]
  1. 日本において大腸癌は、罹患・死亡ともに頻度の高い悪性腫瘍であり、早期発見・早期治療はわが国の公衆衛生の改善に大きく貢献する[5]
  1. 大腸癌検診は、大腸癌対策の重要な取り組みとして、ほぼすべての市町村で実施されている[4]
  1. 便潜血反応が陽性の場合、一般的には消化管からの出血性病変を考慮し貧血の程度を把握するとともに、出血源の検索が必要である。
問診・診察のポイント  
  1. 検診異常による潜血便では、無症候性であることがほとんどであり、特に、 大腸癌 を念頭に置いた問診・身体診察を行う必要がある。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Douglas K Rex, David A Johnson, Joseph C Anderson, Phillip S Schoenfeld, Carol A Burke, John M Inadomi, American College of Gastroenterology
雑誌名: Am J Gastroenterol. 2009 Mar;104(3):739-50. doi: 10.1038/ajg.2009.104. Epub 2009 Feb 24.
Abstract/Text This document is the first update of the American College of Gastroenterology (ACG) colorectal cancer (CRC) screening recommendations since 2000. The CRC screening tests are now grouped into cancer prevention tests and cancer detection tests. Colonoscopy every 10 years, beginning at age 50, remains the preferred CRC screening strategy. It is recognized that colonoscopy is not available in every clinical setting because of economic limitations. It is also realized that not all eligible persons are willing to undergo colonoscopy for screening purposes. In these cases, patients should be offered an alternative CRC prevention test (flexible sigmoidoscopy every 5-10 years, or a computed tomography (CT) colonography every 5 years) or a cancer detection test (fecal immunochemical test for blood, FIT).

PMID 19240699  Am J Gastroenterol. 2009 Mar;104(3):739-50. doi: 10.103・・・
著者: Paul F Engstrom, Juan Pablo Arnoletti, Al B Benson, Yi-Jen Chen, Michael A Choti, Harry S Cooper, Anne Covey, Raza A Dilawari, Dayna S Early, Peter C Enzinger, Marwan G Fakih, James Fleshman, Charles Fuchs, Jean L Grem, Krystyna Kiel, James A Knol, Lucille A Leong, Edward Lin, Mary F Mulcahy, Sujata Rao, David P Ryan, Leonard Saltz, David Shibata, John M Skibber, Constantinos Sofocleous, James Thomas, Alan P Venook, Christopher Willett, National Comprehensive Cancer Network
雑誌名: J Natl Compr Canc Netw. 2009 Sep;7(8):778-831.
Abstract/Text
PMID 19755046  J Natl Compr Canc Netw. 2009 Sep;7(8):778-831.
著者: Evelyn P Whitlock, Jennifer S Lin, Elizabeth Liles, Tracy L Beil, Rongwei Fu
雑誌名: Ann Intern Med. 2008 Nov 4;149(9):638-58. Epub 2008 Oct 6.
Abstract/Text BACKGROUND: In 2002, the U.S. Preventive Services Task Force (USPSTF) recommended colorectal cancer screening for adults 50 years of age or older but concluded that evidence was insufficient to prioritize among screening tests or evaluate newer tests, such as computed tomographic (CT) colonography.
PURPOSE: To review evidence related to knowledge gaps identified by the 2002 recommendation and to consider community performance of screening endoscopy, including harms.
DATA SOURCES: MEDLINE, Cochrane Library, expert suggestions, and bibliographic reviews.
STUDY SELECTION: Eligible studies reported performance of colorectal cancer screening tests or health outcomes in average-risk populations and were at least of fair quality according to design-specific USPSTF criteria, as determined by 2 reviewers.
DATA EXTRACTION: Two reviewers verified extracted data.
DATA SYNTHESIS: Four fecal immunochemical tests have superior sensitivity (range, 61% to 91%), and some have similar specificity (97% to 98%), to the Hemoccult II fecal occult blood test (Beckman Coulter, Fullerton, California). Tradeoffs between superior sensitivity and reduced specificity occur with high-sensitivity guaiac tests and fecal DNA, with other important uncertainties for fecal DNA. In settings with sufficient quality control, CT colonography is as sensitive as colonoscopy for large adenomas and colorectal cancer. Uncertainties remain for smaller polyps and frequency of colonoscopy referral. We did not find good estimates of community endoscopy accuracy; serious harms occur in 2.8 per 1000 screening colonoscopies and are 10-fold less common with flexible sigmoidoscopy.
LIMITATION: The accuracy and harms of screening tests were reviewed after only a single application.
CONCLUSION: Fecal tests with better sensitivity and similar specificity are reasonable substitutes for traditional fecal occult blood testing, although modeling may be needed to determine all tradeoffs. Computed tomographic colonography seems as likely as colonoscopy to detect lesions 10 mm or greater but may be less sensitive for smaller adenomas. Potential radiation-related harms, the effect of extracolonic findings, and the accuracy of test performance of CT colonography in community settings remain uncertain. Emphasis on quality standards is important for implementing any operator-dependent colorectal cancer screening test.

PMID 18838718  Ann Intern Med. 2008 Nov 4;149(9):638-58. Epub 2008 Oct・・・
著者: Tomohiro Matsuda, Tomomi Marugame, Ken-ichi Kamo, Kota Katanoda, Wakiko Ajiki, Tomotaka Sobue, Japan Cancer Surveillance Research Group
雑誌名: Jpn J Clin Oncol. 2011 Jan;41(1):139-47. doi: 10.1093/jjco/hyq169. Epub 2010 Sep 6.
Abstract/Text The Japan Cancer Surveillance Research Group estimated the cancer incidence in 2005 as part of the Monitoring of Cancer Incidence in Japan (MCIJ) project, on the basis of data collected from 12 of 30 population-based cancer registries. The total number of incidences in Japan for 2005 was estimated as 646,802 (C00-C96). The leading cancer site was the stomach for men and the breast for women. Age-standardized incidence rates remained almost the same level as the previous 2 years.

PMID 20819836  Jpn J Clin Oncol. 2011 Jan;41(1):139-47. doi: 10.1093/j・・・
著者: Bernard Levin, David A Lieberman, Beth McFarland, Robert A Smith, Durado Brooks, Kimberly S Andrews, Chiranjeev Dash, Francis M Giardiello, Seth Glick, Theodore R Levin, Perry Pickhardt, Douglas K Rex, Alan Thorson, Sidney J Winawer, American Cancer Society Colorectal Cancer Advisory Group, US Multi-Society Task Force, American College of Radiology Colon Cancer Committee
雑誌名: CA Cancer J Clin. 2008 May-Jun;58(3):130-60. doi: 10.3322/CA.2007.0018. Epub 2008 Mar 5.
Abstract/Text In the United States, colorectal cancer (CRC) is the third most common cancer diagnosed among men and women and the second leading cause of death from cancer. CRC largely can be prevented by the detection and removal of adenomatous polyps, and survival is significantly better when CRC is diagnosed while still localized. In 2006 to 2007, the American Cancer Society, the US Multi Society Task Force on Colorectal Cancer, and the American College of Radiology came together to develop consensus guidelines for the detection of adenomatous polyps and CRC in asymptomatic average-risk adults. In this update of each organization's guidelines, screening tests are grouped into those that primarily detect cancer early and those that can detect cancer early and also can detect adenomatous polyps, thus providing a greater potential for prevention through polypectomy. When possible, clinicians should make patients aware of the full range of screening options, but at a minimum they should be prepared to offer patients a choice between a screening test that is effective at both early cancer detection and cancer prevention through the detection and removal of polyps and a screening test that primarily is effective at early cancer detection. It is the strong opinion of these 3 organizations that colon cancer prevention should be the primary goal of screening.

PMID 18322143  CA Cancer J Clin. 2008 May-Jun;58(3):130-60. doi: 10.33・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから