今日の臨床サポート

後頭神経痛

著者: 山口啓二 一宮西病院 脳神経内科

監修: 高橋裕秀 昭和大学藤が丘病院 脳神経内科

著者校正/監修レビュー済:2021/11/02
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 診断基準(国際頭痛分類第3版beta版)によれば確定診断には局所麻酔薬を用いた神経ブロックで痛みが軽減することを確認することが求められるが実臨床においては特徴的な痛みの性状をもって診断されている
  1. 鑑別疾患は多岐にわたり、一次性頭痛も鑑別に挙げられるため、問診、理学的所見がきわめて重要であるが、二次性頭痛の除外のために適宜、画像検査等による精査が必要となる。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
山口啓二 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:高橋裕秀 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 国際頭痛分類第3版beta版では、一次性頭痛、二次性頭痛ではなく、第3部の頭痛に属し、有痛性脳神経ニューロパチーおよび他の顔面痛の1つに分類される[1]
  1. 大後頭神経、小後頭神経または第3後頭神経のいずれか1つ以上の支配領域に発作性の突くような痛みを来し、罹患神経上に圧痛が認められれば(<図表>)、臨床上、本症が強く疑われる。
  1. 確定診断には、局所麻酔薬を用いた神経ブロックで痛みが軽減することを確認する必要がある。
  1. 鑑別疾患は多岐にわたり、一次性頭痛も鑑別に挙げられるため、問診、理学的所見がきわめて重要であるが、二次性頭痛の除外のために適宜、画像検査等による精査が必要となる。
病歴・診察のポイント  
  1. 脊髄神経由来の頭部神経痛であり、大後頭神経、小後頭神経、大耳介神経の支配領域である後頭部、頭頂部、耳の後ろから上方の側頭部に痛みを訴える。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Steven P Cohen, B Lee Peterlin, Larry Fulton, Edward T Neely, Connie Kurihara, Anita Gupta, Jimmy Mali, Diana C Fu, Michael B Jacobs, Anthony R Plunkett, Aubrey J Verdun, Milan P Stojanovic, Steven Hanling, Octav Constantinescu, Ronald L White, Brian C McLean, Paul F Pasquina, Zirong Zhao
雑誌名: Pain. 2015 Dec;156(12):2585-94. doi: 10.1097/j.pain.0000000000000373.
Abstract/Text Occipital neuralgia (ON) is characterized by lancinating pain and tenderness overlying the occipital nerves. Both steroid injections and pulsed radiofrequency (PRF) are used to treat ON, but few clinical trials have evaluated efficacy, and no study has compared treatments. We performed a multicenter, randomized, double-blind, comparative-effectiveness study in 81 participants with ON or migraine with occipital nerve tenderness whose aim was to determine which treatment is superior. Forty-two participants were randomized to receive local anesthetic and saline, and three 120 second cycles of PRF per targeted nerve, and 39 were randomized to receive local anesthetic mixed with deposteroid and 3 rounds of sham PRF. Patients, treating physicians, and evaluators were blinded to interventions. The PRF group experienced a greater reduction in the primary outcome measure, average occipital pain at 6 weeks (mean change from baseline -2.743 ± 2.487 vs -1.377 ± 1.970; P < 0.001), than the steroid group, which persisted through the 6-month follow-up. Comparable benefits favoring PRF were obtained for worst occipital pain through 3 months (mean change from baseline -1.925 ± 3.204 vs -0.541 ± 2.644; P = 0.043), and average overall headache pain through 6 weeks (mean change from baseline -2.738 ± 2.753 vs -1.120 ± 2.1; P = 0.037). Adverse events were similar between groups, and few significant differences were noted for nonpain outcomes. We conclude that although PRF can provide greater pain relief for ON and migraine with occipital nerve tenderness than steroid injections, the superior analgesia may not be accompanied by comparable improvement on other outcome measures.

PMID 26447705  Pain. 2015 Dec;156(12):2585-94. doi: 10.1097/j.pain.000・・・
著者: Leonardo Kapural, Mark Stillman, Miranda Kapural, Patrick McIntyre, Maged Guirgius, Nagy Mekhail
雑誌名: Pain Pract. 2007 Dec;7(4):337-40. doi: 10.1111/j.1533-2500.2007.00150.x. Epub 2007 Nov 6.
Abstract/Text Persistent occipital neuralgia can produce severe headaches that are difficult to control by conservative or surgical approaches. We retrospectively describe a series of six patients with severe occipital neuralgia who received conservative and interventional therapies, including oral antidepressants, membrane stabilizers, opioids, and traditional occipital nerve blocks without significant relief. This group then underwent occipital nerve blocks using the botulinum toxin type A (BoNT-A) BOTOX Type A (Allergan, Inc., Irvine, CA, U.S.A.) 50 U for each block (100 U if bilateral). Significant decreases in pain Visual Analog Scale (VAS) scores and improvement in Pain Disability Index (PDI) were observed at four weeks follow-up in five out of six patients following BoNT-A occipital nerve block. The mean VAS score changed from 8 +/- 1.8 (median score of 8.5) to 2 +/- 2.7 (median score of 1), while PDI improved from 51.5 +/- 17.6 (median 56) to 19.5 +/- 21 (median 17.5) and the duration of the pain relief increased to an average of 16.3 +/- 3.2 weeks (median 16) from an average of 1.9 +/- 0.5 weeks (median 2) compared to diagnostic 0.5% bupivacaine block. Following block resolution, the average pain scores and PDI returned to similar levels as before BoNT-A block. In conclusion, BoNT-A occipital nerve blocks provided a much longer duration of analgesia than diagnostic local anesthetics. The functional capacity improvement measured by PDI was profound enough in the majority of the patients to allow patients to resume their regular daily activities for a period of time.

PMID 17986166  Pain Pract. 2007 Dec;7(4):337-40. doi: 10.1111/j.1533-2・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから